ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    学校

    Sneko210DSC03390_TP_V
    9: 名無しの心子知らず[sage] 2009/05/02(土) 17:22:43 ID:ZmAIfRJR
    先々月、息子(当時小4)の学校の先生から電話があった。
    話いわく、息子がふざけてクラスメイトの背中を押して、
    転んだ際についた指の骨が折れたから、謝罪して下さいというもの。

    なので大慌てで、先方のお宅に菓子折り持参で謝りに行った。
    先方はそれはもう大激怒していて、ものすごい勢いで罵倒された。

    「息子は今リトルリーグでピッチャーをしているのにどうしてくれるんだ!」と。
    それは大変申し訳ありませんでしたと、それでもただひたすらに、謝り続けてきた。
    結局、全然許してくれなかった。超怖かった。
    ちなみに先方、私が持参して渡した菓子折りは、しっかりと受け取った。

    その翌日。
    件の息子さんは、ギブスもサポーターもつけず学校に登校。
    元気に友達とキャッチボールをしていたらしい。

    ……ものすごーく腑に落ちないんですけど、どうしたらいいですか。



    youDSC_0044_TP_V
    前編はコチラ




    12: 名無しの心子知らず 2008/05/31(土) 22:31:07 ID:dGHf1pKu
    前スレの隣りの席のAくんに息子が鉛筆で刺された者です
    何度も何度もすみません
    前回で解決したと思ったのですが、解決しませんでしたorz

    金曜日には息子を学校へ行かせたのですが、帰宅した息子のズボンには給食のシミがついていました
    それに関しては大して気にせず、「給食零しちゃったの?」や「今日学校はどうだった?」と話をふったのですが、返事がなんだか曖昧で、歯切れがよくありません

    「おかしいな?」と思い、なかなか口を開かない息子にゆっくり問いかけて、聞き出した答えが以下です

    ・先生に「もうAくんと仲直りできたよね?お隣で一緒に座れるよね?」と言われ、息子が「うん」と答えた為に離れた席に座ったのは最初の二時間目まで

    ・給食の時間にAくんに「ママとパパに超怒られた」と言われ、給食のトレーとトレーをぶつけられる→息子のシチューがズボンにドバー

    本当に怒りが収まりません

    pretytop3PAKU4332_TP_V
    843: 名無しの心子知らず 2008/05/28(水) 15:34:06 ID:dHooGKgi
    息子の隣り席の子がちょっと落ち着きのない子(情緒不安定?)なんだけど、その子が今日、息子の顔に向かって尖った鉛筆を振り下ろしてきたそうです
    とっさに顔を庇った息子の手のひらには、ぽっかりとした黒ずんだ穴があいています…

    息子に先生に言ったの?と聞いたところ、言っていないとのこと
    先ほど電話確認したところまだ先生は学校にいるそうなので、ちょっと行ってこようと思いますノシ

    19322G004_TP_V

    751: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 09:07:39.38 ID:MXWwSLfQ.net
    父子家庭で小学2年の息子と2人で住んでるんだが学校から急に保護者の招集の連絡が来た。
    自営業をやっているので急に言われても時間の都合がつけられないが、なんとか仕事を早めに切り上げる事ができて30分ほど遅刻したが学校へ行けた。
    教室には保護者が7人くらいと担任と副担任がいた。
    話の内容は息子と同じクラスのA君とB君が掃除の時間に喧嘩になったらしく
    A君が癇癪を起こして箒を振り回した時に周りにいたうちの息子を含む7~8人に当たったらしい。


    よくよく聞いてみれば当たったというのも、触れた程度で誰一人怪我もしていない。
    それなのに担任は「自分の注意不足」だと謝罪している。
    他の保護者は「A君を違うクラスにしろ!」と言ってる人もいたが、正直俺は「え、これだけの事で集められたの?」と思ってしまった。
    俺たちが小さい頃ならA君とB君がゲンコツされて済んでたレベルだろうに。
    親としても息子が被害者なんて思える程度では無いし、わざわざ仕事を切り上げてまで行く事じゃないだろうとちょっとモヤモヤが残った。

    AME20181113011_TP_V

    326: 名無しさん@おーぷん 2014/06/24(火)12:00:10 ID:0C0TnntRI
    俺の嫁は末期癌でタヒんだ。嫁がタヒんでから俺はショックと悲しみでダメになりそうだったが、
    当時12歳(6年生)の娘がいたから、なんとか頑張らなければならんと思って精一杯頑張った。
    娘は嫁がタヒんでから少々不安定で、心を落ち着かせるためか、嫁の結婚指輪を大事に大事に握っていることがあった。
    嫁の指輪は娘には大きく、指に嵌めても無くしてしまいそうだったので、俺はチェーンを買ってやり、
    指輪をチェーンに通して首にかけれるようにしてやった。娘は大喜び。俺もなんだか嬉しかった。
    娘は学校以外では肌身離さず指輪ネックレスを身につけていた。首にかかる指輪を光らせながら仏壇に手を合わせる姿が心に響いた。

    娘が中学2年生のとき、いつもは学校に指輪を持っていかない娘がうっかり首にかけたまま登校してしまった。
    娘自身も体育で着替えをするまで気がつかなかったようで、その着替えのときにクラスの女子に指摘されたらしい。
    その女子はやたらと「娘ちゃん、校則違反だよ」と言ってきたようで先生に報告。
    先生は指輪を没収した。娘は泣きながら母の形見だと説明したようだが、校則は校則だと取り合ってもらえず。
    これはうっかり学校に持っていった娘が悪いので、俺と一緒に仕事後に謝りに言った。

    このページのトップヘ