ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    実家

    TSU93_awakuhakanai_TP_V

    688:名無しさん@おーぷん2015/10/25(日)12:46:59ID:6fg
    今朝、結婚前提でお付き合いしてた彼氏の実家にご挨拶に行ったら、お父さんにあっついお茶ぶっかけられて
    「たけし(仮)は渡さん!!」って怒鳴られたあげくにお尻蹴っ飛ばされた。
    彼氏もお母さんも「まあまあ」って軽くたしなめるだけで何もしてくれなかった。
    すごく怖くなって、化粧直すってトイレ行くふりして彼実家飛び出して、タクシー拾って病院行ってきた。
    お尻は軽い打撲で、お茶のかかったところ(鼻の下から顎にかけて)は軽度のやけどということだそうだ。
    医者の勧めで診断書書いてもらって、帰宅して両親の顔見たら
    「こんな仕打ちを受けさせるために独り娘を育てたんじゃなかろうに」
    と思えて、両親と自分が可哀想になって思い切り泣いてしまった。

    さっき父親が自分の会社の顧問弁護士に電話したら、その弁護士の先輩を紹介してもらったそうだ。
    先輩弁護士が到着次第、付き添ってもらって警察に行くことになるみたい。
    携帯見たら彼氏からばんばん着信入ってて、母親がそれ見てブチ切れて、タオルにくるんで自分のカバンにしまってた。
    なんか今になって顎が痛くなってきて、鏡見たら赤かったのが紫っぽくなってきてグロくて泣きそう。

    zubotty19420DSC_9241_TP_V

    628:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/12/25(日) 21:32:07.27ID:SYqAaMc3.net
    いつの時代も女性陣は美味しい物が大好きといいますか
    右に新店舗オープンで評判よしとなれば仕事帰りでも飛んで行き
    左に行列の絶えない小洒落た店がありと言われれば予約パンチ
    まあもちろんハズレもあるんだけど月に一、二回の仕事仲間との楽しみね
    先週、隠れ家的なお店を見つけたからそこで食事をということになって休日に
    車で40分かけて隣県のど田舎に到着。ちょw私の故郷www
    空家率6割で子供もほとんどおらん…最後にひとつ残った薬局が潰れたのが10年前
    近くにスーパーもなきゃバスもない6時間に一本ある電車に乗ると当日家に戻れない

    古民家は余ってるけど改装してまでこんな田舎でいったい誰がメシ屋を?
    って何とも形容しがたい気持ちで、小綺麗な恰好の雰囲気浮きまくりのみんなの後に続くと
    「ココよ!ココの古民家レストラン!」と興奮気味に言われ私の実家登場(´゚д゚`)
    「今日はようこそいらっしゃいました (`・д´・ ;)ハッ!」 着物姿の母登場 (´゚д゚`)
    「本日はありがとうございます。お味の方はΣ(・∀・;)ハッ!」シェフの父登場 (´゚д゚`)
    「お茶のおかわりは…(; ・`ω・´)ハッ!」隣家のおじいさんがウエイターで登場 (´゚д゚`)

    (´゚д゚`)ぇェ…

    同僚の、海外で修業したシェフが素材に拘りここの水と無農薬がなんちゃらかんちゃらの
    与太話をBGMに聴き、一番人気を注文して出てきたのが御大層な名前が付いた和風生パスタ
    パスタ買いに行くのもめんどくせぇから私がクックパット観ながら作ってたヤツな
    この街で天下取るらしいよハハッ…ハ……


    DSCF2537_TP_V4

    240: 名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火)23:16:40 ID:hOm
    人って何かキッカケがあっておかしくなるのか、
    元々そうだったのが気付かなかっただけなのか・・・多分、後者かな?
    学生時代から20代半ばぐらいまで一緒に遊んでた友人(A)がいて、
    互いに結婚してからは特に理由もなく、それぞれ別に出来た付き合いが中心になって
    なんとなく疎遠になってたけど、昨年10年ぐらいぶりに連絡があった。
    「今度家を建てることになって、よかったらお父さんにお願いしたい」って。
    私の実家は工務店やってて、父が建てた家に住んでる。
    Aは昔うちに遊びに来たことがあって、その頃からいい家だなあ~って思ってたとか言われたら
    お世辞と分かっててもやっぱり嬉しい。
    父は亡くなって、今は兄夫婦がやってるんだけどって言ったら、それでもいいって言うから
    その場で兄に電話して、Aには直接店の方へ行ってもらった。
    私は一緒に行かなかった。お金の話とか出るだろうから居ない方がいいと思って。

    ELFA1949DSC01310_TP_V

    381: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)13:37:24 ID:???
    去年家建てて子どもも生まれて最高に幸せだが、嫁が鬱っぽくなっちまった。
    家はうちの実家の土地(実家とは別の場所)に建てて、実家から徒歩1分。
    新居完成とともに子どもが生まれ、嫁と3人で住みだしたんだが、しばらくして「もうあんたの家族無理…」といって毎日泣いてる。
    俺の母や祖父母が庭をウロウロ歩き回り、窓から覗き込んでくるから窓を開けておけない(薄いレースのカーテンがあるが外からまくって覗いてくる)、庭の花の水を勝手にやるので花が根腐れしてしまった、子どもがやっと昼寝した頃にピンポン連打、ドアガチャガチャで訪問(嫁は子どもが昼寝中といって家に上げない)などが耐えられないんだと。
    窓は覗き込めないようにサンルームをつけたり、俺なりに工夫してるが、嫁はどんどん鬱っぽくなっている。
    嫁は俺の実家に毎日子どもを連れて遊びに行ってるんだが、それももう嫌だと。
    なんか俺も疲れてきた。

    KOKO85_benchinisuwaricyu-cyu-_TP_V4

    805: 1/3 投稿日:2009/03/13(金) 21:27:49
    娘の立場でのエネ夫語りなので、ウザかったらすみません。
    私の血縁上の父がエネミーでした。

    ウトメと同居し、嫁いびりが激しかったため離婚したらしいのですが、
    当時3歳だったため記憶にありません。母も語りたがらない。
    そのため、父には別に思うところもなく会っていました。
    一対一であってる限り、やさしいお父さんだったし。

    高校1年生のとき、父から父実家へ遊びに来ないかという打診があった。
    「田植えの時期だから、手伝いがてら泊まっていったら?
    農家の仕事がどんなものか見てみるのも面白いかもよ?」
    と言われ、うっかりその気になってしまったのが間違いでした。
    母のやめときなさいと言う忠告を聞いておくべきだった。
    当時、新しい父に反発を覚えていた私は、あてつけのように父実家に行きました。

    このページのトップヘ