ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    家族

    pakutaso-4921_TP_V

    950: 名無しさん@おーぷん 2015/07/18(土)22:34:46 ID:zdV
    同僚と結婚し、数ヵ月後に妊娠してから辞めて専業主婦になった。
    辞めたくはなかったが、子供と自分の健康を優先したかった。

    共働きの頃から旦那は家事が嫌いで、嫌そうにやる上に雑、しかもその後不機嫌になる。
    話し合って、金は旦那、家事は私、という分担になっていた。

    私がどれだけ体調悪くても多分旦那は嫌そうに家事をし、
    不機嫌さを隠しもしないだろうなと思って、
    妊娠発覚後にすぐに実家に行き、出産後も長く実家にお世話になった。

    私の実家は会社から車で30分もかからない距離。
    なのに旦那は最初の一ヶ月間は会いに来なかった。
    「部屋が汚いんだけど」とたまにメールが来るだけ。
    「何故子供のことを聞かないの?」と返したら、
    「今はそういう話してるわけじゃない」と来た。
    でも次からは「赤ん坊は?」と来るようになった。

    二人で考えていた名前じゃなくて「赤ん坊」、と。

    626

    242: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/09/11(日) 09:22:37.62 ID:vKT8dZohO
    家族とささいなことで喧嘩して
    自分がかなり気にしているポイントを馬鹿にされた。
    前々からすぐ他人の事を見下すところがありムカついていたので
    ついに堪忍袋の緒が切れた。
    鼻高々に捨て台詞吐いて別室に消えていったのを見計らい、
    パソコンに侵入して奴が長年書きためてきたブログやSNSを全削除。
    本人もその周囲も情弱で頭悪い機械音痴だから
    「規約に違反すると消されるみたいだよ」とかテキトーに言えばすぐ信じる。
    ついでに奴が仕事の合間に食おうと買っていた弁当に
    こっそり鳥のフンとかいろいろ混ぜておいた。
    トドメは結婚指輪をトイレに流してやった。
    その日のうちにこちらから「さっきはごめん」みたいな手紙を書いて和解。
    これも作戦。
    あとは知らん顔して奴の苦しむ様子を見届けるだけ。
    ざまあみろ。

    JS745_gyakouume_TP_V

    96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/28(木) 02:32:22.72
    こんな時間だけど
    妻が亡くなって4年たった

    俺、嫁、娘2人で集まって笑ってる写真の前でお線香焚きながら
    嫁に感謝の独り言、そんで涙目になって「ずっと愛してる」って独り言

    我慢できずにいい歳こいてビービー泣いてた
    夜中なのに娘にバレて笑われたwんで結局みんなで泣いた
    亡くなった嫁よ、あんたの俺と娘達は仲良くやっとるぞ


    elly181027A006_TP_V
    307: 名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水)11:35:36 ID:fbT
    家族で夕飯食べてたら、弟がいきなり立ち上がって
    「ごめんなさい。大学行けなくていいから100万円貸してください」
    と親に向かって泣いて頭下げた時。

    事の起こりは、当時中1だった弟が家のPCでこっそりアダ○トサイトを見ようとしたことからだった。
    弟はリンクで飛ばされてるうちに架空請求のページを踏んでしまった。当時はまだ架空請求が流行り始めた頃で、中高校生の間じゃそんなにメジャーではなかった。
    弟はどんどん膨れ上がる金額に恐怖し、叔父に相談した。
    叔父は父の弟で、かなり歳が離れていて当時まだ20代だった。
    叔父甥というよりイトコのような間柄だった。
    親には恥ずかしくて言えないけど、叔父になら…と相談したんだと思う。
    叔父は「俺にまかせろ」と言い、数日後
    「なんとか業者と話をつけてやったけど、100万もかかった」
    と弟に言った。
    それ以後、弟は叔父のパシリになった。
    最初は「何々買ってこい」とかたわいない内容だったんだけど、段々エスカレートして
    ついに「クラスメイトの女の子を斡旋しろ」と叔父は言い出した。
    弟は「さすがにそれは…でも100万円の借り…」と思い悩んだ末、
    親に打ち明けて借金を返してもらうしかない!と決心し、夕飯中に告白したのだった。

    EL15050834_TP_V

    225:名無しさん@おーぷん2016/08/05(金)21:05:51ID:oQX
    夏休みに入ってから困ってる

    先月にアパートの一室に家族が越してきた
    その日から間もなく、仕事から帰宅しエントランス入ろうとしたら
    そこで遊んでたらしい新入居家族のこどもらしき子から、「いまお母さんいません!」って言われた
    そのときは言ってる意味がわからず「そう、大変だな」と言ってそのまま帰ったんだけど、
    じっとこっちを見てて不思議だった

    どうやらその子、アパート一棟を一軒の家として認識してるらしく、
    言ってしまえばアパート一棟をまるごと「ぼくの家族が引越した新しいぼくの家」と思い込んでるらしい

    たしかにこのアパートは昔のある建造物を改築してアパートにしてるもので、
    一軒の家だと言われれば完璧にそう思える
    部屋数も少なくて住人も少ないしな

    そして夏休み
    ついに「ぼくの家だから入らないで」
    と面と向かって言われた
    まだアパートと認識してないのかと思ったが……まあ、一から説明してあげたよ
    「ここはアパートでみんなの家、おれの家(部屋)もこの中にあるんだよ」と

    それでも「入るな、入るな」と押し出そうとしてくる。半泣きで
    必タヒでおうちを守ろうとしてるんだなと思ったけどさ…
    仕方ないから隙をついてスルリと帰宅したんだけど
    そしたら大泣きしてママを呼びに行っちゃった

    ママさん曰く「何度説明してもわかってくれない」ってさ
    このままではママさんもおれも、他の住人も困るし、
    それにこどもも、認識としては「ぼくのおうちのはずなのに知らない大人たちが勝手に入ってくる」なんだろうなと思ったらちょっとだけ可哀相に思えてくるし…

    どうしたもんだろうか

    このページのトップヘ