ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    家族

    011ELLY18412_TP_V
    862 :ガールズにちゃんまとめ 2016/12/02(金) 16:53:37 ID:6bAIWmqX.net
    いい話の直後にこんな話で申し訳ないんだが…

    もう引退したんだけど兄がちょっと売れた芸人をやっていたことがあって、その時期実家は修羅場だった

    ファンの子たちがご近所をウロウロして、よその同姓の御宅に侵入してしまったり
    当時私と弟は学生で、私は離れた女子高だったのでそこまで被害がなかったけど弟は中学でよく絡まれたらしい
    一戸建てからオートロック付きのマンションに引っ越したけどそこにも人が来て、弟は兄と顔が似てるので誤解されてファンの間で写メが出回ったりした

    結局県外に越したのと兄の人気が低下wしたので落ち着いたけど、父親は会社まで倍くらいの時間かけて通勤しなくてはいけなくなった
    いつも見られてるような被害妄想が家族全員にあって、仲もギスギスしてしまい常に喧嘩腰だった気がする

    最初は兄が売れたのを喜んでいた両親も次第にあんまりいい顔しなくなってしまい、兄は一時期絶縁状態
    兄なりに罪悪感もあってのことなんだろうけど、思春期だった私や弟は面倒を押しつけられた!逃げた!と思い、かなり兄を嫌ってた
    テレビで芸人さんが出てるのにもいちいち神経質になり、心が常にささくれだってたし覚えてもないような同級生から連絡が来たりしてウザかった
    極めつけとして、初めての彼氏に兄のことを隠してたのに、友達経由でバレてそれが遠因となって別れたりもした

    今では兄も芸能関係とは全く関係ない仕事をしているのですっかり平凡な家族に戻って兄弟仲も戻りました
    今思うとあれは夢だったんじゃないか?ってくらいの一般家庭です

    MIZUHODSC_0075_TP_V
    455: 困惑 ◆qC0j5w45lM 2007/01/12(金) 11:38:58
    夫の従兄弟の嫁が、覚醒剤で刑務所に入ってます。 
    もうすぐ出所して、ウチの近所に越してくるらしい。 
    私と子供達はどうしたら・・・・・。

    no title
    400: 名無しさん@HOME 2020/08/18(火) 13:15:22.32 0
    家族で車に乗って買い物へ出かけた時に
    対向車見て「あ、俺の車の色違いだ」って言ったら
    助手席の妻が「俺じゃなくて家族の、でしょ」って言ってきた

    俺としては自分の稼ぎで俺名義で買って、
    ガソリン代や検査代等を自分で支払い
    洗車、清掃、各種メンテナンスも
    すべて自分でやってるんだから俺の車だろうと思う

    ということを言おうとしたら
    「ホントそういうとこあるよね」と言ってきて
    めんどくさそうだったので何も言わんかった

    妻からしたら夫の車というより
    ウチの車、家族の車というのはわかるけど
    俺が俺の車っていうのはおかしいのかな



    MIYAKO0I9A0343_TP_V
    732: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/04/07(火) 19:21:27.31 ID:xUAg3d1o0
    嫁がお姉さん夫婦に仕送りしててモヤっとする
    こっちにはなんの協力もしてくれないのに

    airbGFVS3642_TP_V
    575: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/06(木) 14:05:07.92 ID:ZXfwRQzr.net
    俺の叔父が学歴コンプレックス拗らせてて頭おかしい話。
    上手にまとめられなくてクソ長くなってしまった。

    俺の母は伯母・母・叔父の三姉弟。
    母方の祖父母は厳しい人だったけど無意識に末っ子長男を甘やかしてたらしい。
    御三家に入学(補欠だけど)するなどそこそこ勉強も出来た叔父の人生は高校までは絶好調だった。
    …が、三浪しても東大に合格出来ず早稲田に進学。
    叔父の友人には現役で東大合格した人がゴロゴロいるが補欠入学の叔父とはそもそも頭の出来が違う。
    でも甘やかされてプライドの高い叔父は受け入れられなかった。
    加えて大学で女と接するようになり自分がモテないブサメンだと気付かされることになる。
    高学歴美女からちやほやされるどころかスーパーバイトの女の子にも相手にされない。
    卒業して大企業の営業職に就職する頃には立派な学歴コンプ男の出来上がり。
    (世間一般としては)高学歴とエリートリーマンであることだけが叔父の心の拠り所だった。

    このページのトップヘ