ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    19322G005_TP_V

    372: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)13:41:16 ID:1w5XPL2h7
    復讐になったかはわからないが。

    私は8歳離れた弟がいたのだが、生まれつきの難病で、ずっと病院で暮らしたまま、2歳になる前にタヒんでしまった。
    私も悲しかったが、毎日見舞いをしてた両親は勿論もっとショックで、抜け殻のようになってしまった。

    私は母親の弟の産後からせっせと家事を手伝っていたのだが(なにせ二人ともほとんど病院にいる)、弟のタヒ後も一層、
    抜け殻の両親を支えるため家事を担うようになった。

    某国営テレビが、難病でタヒんだ弟と家族についてということで取材に来た。それから両親はいくつか講演に呼ばれた。
    その難病の支援者団体にも参加するようになった。
    両親とは顔を合わせない日が続いた。

    近所には伯母(父の姉)が住んでたのだが、もう子供達が自立して家を出てる歳で、「いつでも遊びにおいで」と
    言ってくれて、本当に毎日遊びに行っていた。

    初めは、伯母の家で放課後を過ごし、買い物して家に帰って家事をやってた。
    段々、家で家事を済ますと晩御飯を伯母の家で食べ、そのうち泊まるようになり、一時間、一分と段々自分の家
    で過ごす時間は無くなり、高校生の頃は、家の私の部屋は何の荷物も無くなった。
    大学は地方の国立に行って、家庭教師のバイトしながら暮した。

    お金は親の通帳を私が持ってたので(任されていた)、進学などの最低の費用だけ貰った。
    親は私がどこの高校に行ったか、どこの大学に行ったか知らない。
    伯母は私の親代わりをしてくれるけど、両親の悪口を言ったことはなく、両親にも
    何も叱ったりはしていないようだった。
    「子供を亡くす気持ちは私にはわからないから」とだけは言っていた。


    30を過ぎて、何故か突然父親から手紙が来た。
    私が結婚して子供が生まれたことを知っているようだった。
    許してほしい、会いたい、というような内容だった。

    「会っても何を話していいかわからないので、お互いのためによしましょう。
    昔は貴方たちを恨んでいたが、子供を持った今となっては恨めなくなりました。
    弟を奪った病気は、私も一緒に貴方たちから奪ったのだ、と思って、今後も○○病の支援に打ち込んで下さい」
    と返事したら、もう連絡は来なくなった。

    弟が生まれるまでの両親との楽しい思い出もあり、胸が痛んだが、両親もあの病気が奪った
    のだと思ってもう諦めている。

    613

    19: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 00:07:09.18 ID:LNUvwDUy
    空気読まずに投下

    10年前、イジメを苦に不登校になって自杀殳した弟の日記を見つけてしまった。
    弟の部屋はずっとそのまんまになってて、親もあまり入りたくないらしくて放置
    几帳面な性格の子だったので、きちんと片付いており、たまに掃除機かける程度で済ませてるらしい

    私はもう嫁に行って実家を出ているのだが、たまたま帰省した時に
    ふと魔が差して弟の部屋に入ってしまった。
    4歳違いで、私は弟に勉強を教えることが多かった。
    弟は私よりも頭が良かったが、そこは4歳差と解答の存在で、ナントカ誤魔化していた。
    まあそこは本題じゃないのだが

    019ELLY18412_TP_V

    857: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/02(日) 09:30:38.87 ID:WIY5y7Go
    初投稿です。
    私は今彼がいて、よくデートとかで彼に奢ってもらってます。
    彼は結婚を意識してるようですが、私はあまり意識してません。でも結婚しようとは言ってます。
    収入はキャリアウーマンなので私のほうが上、彼のほうが下です。

    付き合いが1年続く中、彼の弟から連絡が。
    弟「デート代を兄にばかり奢らせるのはやめて半々くらいにしませんか」

    一瞬何を言ってるか解らず茫然としました。
    私「いったい何を言ってるの?」
    弟「だってあなたのほうが収入も大きい。兄と結婚に向けて付き合ってるなら、半々で出すべきだ。デート代をすべて負担してる兄は貯金も満足にできていない」
    私「私が貯金をしているから問題ないでしょ」
    弟「貴方と別れたら?」
    私「は?」
    弟「貴方と別れる可能性もあるでしょう。なのに貴方だけ貯金出来ている状況は卑怯です。別れたら貴方にリスクはつかないが兄はリスクが大きすぎる」
    私「何言ってるの・・?」
    弟「だってね、本当に互いのこと考えてるなら、一方が奢りっぱなしなら今日は私が奢るわ、とかいうと思うんですよ」
    私「はあ?」
    弟「そういう配慮もなく結婚をちらつかせて奢ってもらうっていうのはね、気遣いがなさすぎるでしょうよ」
    私「はあ!?」ここで私イライラ
    弟「兄のほうが給料が高いならまだわかります。でも貴方のほうが高い。気遣って当然でしょう?」
    私「でも結婚費用は私が貯金してるからいいでしょ」
    弟「結婚する保証なんて何も無いんですよ。じゃあ今すぐ同棲するか婚約するかしてください」

    ここで腹が立ってテーブルおもっきり叩いてその場から去りました
    男は出して当たり前なのにこんなバカなことを言う彼弟にあきれ返ってます。
    なんか急激に冷めてきて、別れようかとも考えました
    本当にずうずうしい。

    PPW_suitekituitaakaibara_TP_V

    63:名無しさん@HOME2015/12/17(木) 19:36:43.99 0.net
    長文になりますが相談に乗ってほしい。
    嫁ととてつもない大げんかになっている。

    理由は少し長くなるのだが事の発端はうちの両親が50過ぎて
    妊娠して子供を産んだ事だ。
    当時俺は大学生だったが当然産むことに反対して堕ろすように言ったのだが
    二人とも断固堕胎拒否。いろいろ検査してみて障害があったら堕ろすが
    そうでないなら産むと強行に主張した。
    結果検査の結果異常なし。それでも俺は「その年齢で産んで育てられるわけないの
    だから堕ろすべき。」と言ったのだが両親に激怒されて
    二人から「命を何だと思ってるんだ、」とボコボコに殴られた挙句
    「これ以上堕ろせと言うならもうお前の大学の学費は払わない。縁を切る。」
    と言われ、結局「俺は何があっても一切子育てを手伝わない。成人前に二人とも
    タヒんだら容赦なく施設に放り込む。」と言っても効果なく産んだ。
    産まれた弟は幸運にも多少の持病はあるものの健常者と言っても差し支えない程度には
    なったものの、問題は両親。
    子供が産まれてから親父は糖尿病で母親は更年期障害。
    他にも親父は弟に飛びつかれてぎっくり腰で入院とか
    母親は子供をプールに連れて行って一緒に泳いだら足がつってプールでおぼれて
    タヒにかけるとか、幼稚園の運動会の保護者参加競技で転んで骨折とか
    二人とも満身創痍。
    まあここまではうちの両親の自業自得なんだが、うちの嫁さんが見るに見かねて
    育児を手伝いだした。手伝ってる間にすっかり弟に情が移ってしまったようで
    今やすっかり弟に入れ込んでいる。
    毎日仕事が終わると我が家では無く俺の実家に行き、弟の面倒を見たり
    母親とご飯を作ったりして弟が寝るまで面倒見てから帰ってくる。
    休みの日はそれこそ一日中俺の実家で過ごして面倒見ている日もある。
    当然その間俺は放置。

    SSK_hanahiraku_TP_V

    738:名無しさん@おーぷん2016/03/20(日)08:34:30ID:Qyq
    最近たまにまとめなんかで托卵ネタを読むことがあるんだけど、
    あれって本当に男のほうが不利なんだよね。
    スレなんかには結構簡単に親子不在証明とか、除籍とかって書いてるけど、
    法的にその判断が下されることはほとんどないと思う。
    私の弟は托卵されてた。托卵がわかったのは、ある日子供が高熱を出して
    橋本病の疑いありってことで血液検査をしたんだよね。
    幼稚園の年中さんくらいの頃だったと思う。
    その時に初めてちょっと血液型があり得ないんじゃないかな?ってわかった。
    弟、弟嫁両方ともB型だったのに、A型だった。
    弟嫁は最初から子供の血液型がA型だったって知ってたのに、母子手帳にはB型って書いてた。
    だからうちの弟は子供が似病気の疑いが出るまでこどもはB型だと思ってた。
    弟は本当に悩んで結果、自分の嫁に真実を尋ねると嫁が病院で取り違えられたかもしれない。
    でも今まで育ててきたんだからこの子でいい。マジでそう言ったらしい。



    弟は馬鹿だから病院に聞きに行った。
    子供の血液型がおかしい。取り違えた可能性はないかって。
    そうしたらその病院の産婦人科の当時の担当医が嫁のことをよく覚えていた。
    その病院では子供が生まれると同時にすぐに血液型の検査をして
    血液型カードと子供の診察券を母親に渡すことになっていて
    血液カードを見た嫁から、旦那には内緒にしてほしいって泣かれたらしい。
    その主治医は血液型は少ししたら変わることもあるから、子供がもう少し大きくなってから
    調べなおしましょう。と言って嫁をなだめたらしい。
    まあ実際変わることもあるからそういったんだろうけど、きっと察してたんだろうね。
    結果、子供は橋本病じゃなかったんだけど、子供が元気になったら今度は離婚騒動に発展した。
    その後子供が自分の子供じゃないということを示す検査の結果なんかを出して
    調停に持ち込んだけど、弟が先に嫁に子供の血液型を聞いたこともあって、
    調停をする頃には嫁は間男と切れてて(そのころに切れたのか、子供が生まれる前に切れてたのかはいまだにわからない。私は離婚に備えて用心してただけだと思ってる。)
    調停でも子供がかわいそう、たった1度の過ちで嫁と子供を捨てるのか的な流れになり、
    裁判になったんだけど、ここでも子どもの権利を主張されて離婚は認められたものの
    養育費を払わされる羽目になった。
    弁護士が決して無能だったというわけではないと思う。
    ただ実際子供という浮気の証拠があっても、嫁の浮気の実態がつかめず、
    嫁が知らない男にレ〇プされて子供ができた。という主張をされるとどうしようもできなかったんだと思う。
    結果慰謝料は取れないし、財産も半分持っていかれ養育費も取られて、
    弟はちょっと壊れてしまったのだと思う。
    元はおしゃべりとは言わないまでも、それなりに人との付き合いを楽しんでいたような人だったのが、
    気難しい、しゃべらない男に変わってしまった。
    その後弟嫁は6か月が過ぎると再婚したので、私は絶対に弟が托卵されたと信じている。
    その弟が今年の頭にタヒんだ。弟は離婚してからほとんどの財産は、私と両親に残してた。
    たぶん遺産のことが頭にあったのかなと今になって思う。
    今月に入って相続の件でってことで嫁と娘の代理人って人がやってきた。
    両親はまさかこんなに早く息子に先立たれると思ってないから抜け殻だし
    結局私が相手したんだけど、結果こっちも代理人を立てることにした。
    49日も済んでないのによくこんなことができるもんだと思う。
    娘に対しては親が親だから恨んでも仕方がないって思ってたけど、
    今回の代理人が嫁娘双方の代理人ですという紹介を受けて心底憎くなった。
    これからのあの人たちの不幸を念じてやまない。

    このページのトップヘ