ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    彼女

    SIKUN190317004_0_TP_V

    768: 恋人は名無しさん 2015/03/24(火) 19:45:38.55 ID:8D5AidTV0.net
    私と結婚したければ年収を後70万~80万上げろってさw
    しかも一年間の期限付き、来年の状態で判断するってどんだけ上から目線なのかと。
    そんなん別業種へ転職しないと無理に決まってるわw
    30代男性が転職する難しさを知らんのかと('A`)

    今年の記念日にプロポーズしようと思ってたが、とても無理物件ですw

    19322D008_TP_V

    277: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:N0k8Xhy+
    両親から、「妹が結婚することになった。相手の家族との顔合わせを
    予定しているので、都合が良ければ同席するように。」という連絡を受けたので、
    久々に帰省することにした。

    ちょうど俺の方もプロポーズ済みで、先方の両親への挨拶を控えていた
    時期だったので、自分の両親には「俺の方にもそういう話があるから
    帰ってから詳しく説明させてくれ。」ということだけ告げて、当日は
    直に会場(地元のホテル)へ向かった。

    ホテルのスタッフに会場(単なるレストランの個室だけど)まで案内して
    もらったんだが、扉を少し開けて中を覗いたところ、「俺の彼女」がいた。

    取り敢えず扉を閉めて彼女に電話を掛けてみたところ、
    ・確かに同じホテルの同じレストランの個室にいる。
    ・目的は、「彼女の兄」の結婚相手とその家族との顔合わせ。
    ・相手の家族(彼女の兄の結婚相手の兄)が、まだ到着していない。
    ということが確認できたのだが、どうにも扉を開ける勇気が無く、しばらく
    外でモジモジした挙句に思い切って中に入ってみたら、やはり彼女と
    その家族の前に座っていたのは、見慣れたウチの家族。

    自己紹介の際、滝のように汗をかいたことはよく覚えているが、俺がどういう
    台詞を吐いたのか、各々どう反応したのかは、誰もよく覚えていないそうだ。

    久々にウチの実家で妹夫婦と会うので、記念に?書き込み。

    muscatFTHG2674_TP_V

    571:恋人は名無しさん2010/01/10(日) 02:31:48ID:eJY+HW5L0
    俺 20
    彼女 20

    二人とも同じ大学の学生。


    受験の下見にきた妹を連れて歩いてところを彼女の知り合いに見られて彼女に浮気だと誤解された。
    事前にその日は妹が来ることや案内することも説明してたのに
    いくら弁明しても浮気だ浮気だと騒ぐばかりで、こっちの話を全く聞く気がない彼女。
    挙句の果てに受験生の妹と直接話をさせろと鼻息荒く迫ってきた。
    結局、俺の諭す態度に切れた彼女が出ていき、その話は消化不良のまま終わってしまった。

    しかし翌日、なんと彼女が謝罪してきた。
    「余裕がなくて八つ当たりしちゃった。ごめんね」という素直な謝罪に感動し改めて彼女に惚れ直す俺。
    週末、仲直りのデートした後に彼女を俺の部屋に泊めて、朝起きたら丸坊主になってたwwww

    「浮気の罰だからね!反省しなさい!!! by彼女」

    そんな手紙がバリカンと髪の入ったビニールと一緒に置かれてました…。
    そして彼女は音信不通状態。

    大学で話をしようにも彼女の友人達にガードされて近づけず、浮気をして制裁された男という噂が広められ
    丸坊主の俺はみじめな境遇。
    それでも必タヒにすがって彼女と何とか復縁。
    以前と違い、便利な使いっぱしり扱いだったけど、頑張って彼女に尽くして
    力関係は彼女>俺だけど、一応恋人のポジションに戻れた。

    muscatFTHG2673_TP_V

    152:おさかなくわえた名無しさん2009/09/02(水) 22:38:16ID:89IfeHjd
    夕飯食べにファミレス行った
    席に案内される途中で、偶然彼女(とその友達)に会った

    格好はいつも会っている時と同じだったけど
    片膝立てて、肘ついて食べてた

    あっやべ!って顔して手足を元に戻して「どうしたのー?仕事終わったの?」って
    言うのを見た途端、スーッと彼女に対する感情が消えた
    ウエイトレスに謝って店出て、近くの吉野家でご飯食べた
    俺とご飯食べる時はそんなことしたことなかった
    こいつは元々DQNで俺といる時は猫かぶってたのかなと思ったら
    なんかね、もう

    つい今さっきの出来事だ
    酔ってるから分が変なところあったらごめんね

    spring201943FTHG7186_TP_V

    543:1/22014/07/27(日) 16:13:08.26
    つまらない話かも知れないけど。
    彼女には3歳上の兄がいて、もう一人の父親のように兄にも親にも大切にされていたらしい。
    義兄はいわゆるオタクだったが、それ以上に多趣味の人で趣味と言われるものは大体こなしてしまう人物。
    彼女との出会ってからも幾度となく話に上がってきて、面白い人物だったから自分としてもあってみたいと思った。
    が、その時すでに義兄は大学のある別の県に一人暮らししていた。

    陸上部だった俺とは部員とマネージャーの立場で清く正しくお付き合いさせてもらってました。
    そして同じ大学へ行き、卒業と同時に結婚しようと彼女の実家に相談に行ったが、義兄は地元で就職しており実家にいて、そこで義兄とは初の顔合わせだった。
    逆にお義父さんはその時単身赴任でいなくて、義母&義兄|机|彼女&自分みたいに座っていた。

    で、お義兄さん相手っていうのが締まらないけど「彼女さんとの結婚を認めてください!」ってはっきり言った。
    そしたら義兄が一言「うん。ダメ」と。そして、机の下からチェス盤・将棋盤・囲碁盤を取り出して、「この中からどれか一つで、一勝でもできたら認めてあげるよ」と満面の笑みで言われた。
    中学の頃に友達とやったことがある将棋で挑むとボロ負け。
    パソコンのゲームでやってたチェスはまるで勝てない。
    基礎知識だけの囲碁で挑んだら盤面が埋まる以前に負けが見えた。

    このページのトップヘ