ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    彼氏

    226

    286: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/04/05(火) 20:20:47.33 ID:Q67AHQaP
    流れ読まずに投下

    彼は会うたびに今度はア○ルに入れてみたいと口癖のように言っていた。
    最初の頃はHな事を言って笑いをとろうとしてるのかなと思ってたけど
    どうやら本気でしてみたいらしく
    どう断ろうか悩んでいた矢先に2chで
    「ア○ルやらせてと頼む男には同じくア○ルやらせろと言うと良い」
    との書き込みを発見し言ってみた所、

    USniranohana_TP_V

    556: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/05 10:17:56.43 ID:IiqjpKlR.net
    学歴コンプ過ぎて嫌いになった
    彼氏はバイト先の先輩で30代高卒フリーター
    私は20代大学生

    USasagao_TP_V

    754: 1/2 2013/10/14(月) 15:30:41.93 ID:9O1/DD20
    元彼は少し変わってて、変な所にこだわりのある人だった
    例えばイチゴが嫌いなんだけど、カフェで店員さんが
    「お勧めはいちごパフェです」と言っただけで「もうあの店には行かない」と言い出す。そして本当に行かない
    (またイチゴを勧められたら不快だからだそう)

    そんな彼は「恋人同士でも金の貸し借りはしない」と言っていた

    ある休み、電車で少し遠くの観光地へデートした
    そこで私は帰り際に間抜けにも財布を失くした
    交番には届けたけど、帰りの切符を買えないので
    「申し訳無いけど、帰りの電車代(1000円ちょっと)貸してくれる?」と彼に頼んだ
    そしたら「金の貸し借りはしない」

    UESTIMGP3160_TP_V

    276: 名無しさん@おーぷん 2017/04/29(土)22:22:30 ID:O1I
    愚痴 LGBTの方には差別的かもしれない

    私には高校から仲の良かったAという男友達がいた
    5年前、同じく高校から仲が良かった夫と結婚式をしたんだけど、その時出席してくれたAが私の妹のことを気に入ったらしい
    妹を紹介したら気があったらしく付き合うようになり、去年から同棲も始めたので「そろそろ結婚かなー」と思っていた

    でも先月、いきなり号泣する妹から電話が来て「今すぐ来て」と言われた
    驚いて二人が同棲するマンションに行くと、泣きじゃくる妹と困った顔のAがいた
    何があったの?って聞いたら、Aから信じられない言葉が返ってきた
    Aは本当は同セイ愛者で、男しか愛せないけど世間体のために私の妹と付き合ってたらしい
    私の妹を選んだのは、私とセイ格が似てるって聞いてたから楽そうだったから
    妹から結婚のことを聞かれたのでカミングアウトした
    セイ行為は一年に一回くらいしてたけど、本当は吐きそうなほど気持ち悪かったから今後は無しで
    結婚は勘弁だけど他の世間体用の彼女を作るのもめんどいし別れるのは嫌、らしい
    これをまったく悪びれずに言うAに一気に頭に血が上って、「最低!」とだけ言って泣いてる妹を連れて我が家に帰った
    数日後にファミレスで話し合いをしてたんだけど、Aが勝手に呼んだゲイバーのママとやらに「あなたが言いたいことはわかるけど、ゲイにも人権はあるの」みたいに説教されて、この一か月で10年分くらいキレたと思う

    Aもゲイバーのママもやたら「ゲイ差別」って言葉を使ってきて本当に腹が立った
    私の妹を世間体のために利用して傷付けたことを怒ってるのに、「それは差別だ」って話に持っていく
    その後いろいろあってAの両親にそのままを伝えたら、Aに家に突撃された
    「親に勝手にゲイだってばらすとかお前最低だな!それでも人間かよ!ゲイ差別だ!」だって

    まともな人もいるのだろうけど、人生で生まれて初めて出会った同セイ愛者がこいつらだったからゲイが大嫌いになってしまった
    というか「差別だ!」って言って自分の理屈を通そうとするって、そういうことしてるから差別されるんじゃないの?って思った

    215

    543: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/07/23(火) ID:FJxLJHwR
    付き合ってすぐの頃にデートで緑地公園を歩いてたら
    彼が突然頭を掻き毟ったと思うと「いやああああああ!!」叫んで暴れ出し
    Tシャツを脱ぎ捨てて上半身ネ果で2メートルほど離れた木の下に走った
    あまりにもの奇行に怯えた私は逆方向に逃げようとしたら
    上半身ネ果の彼が「違ーう!待ってー!」と叫んで引き止めようとする

    このページのトップヘ