ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    彼氏

    mizuho17810DSC_0214_TP_V

    506: 名無しさん@おーぷん 2016/09/11(日)18:05:30 ID:lZ5
    流れ豚切って書きます。
    バレ怖いのでフェイク有。

    彼が京大卒の医師。
    正直身分違いだとは思いながらも、結婚を前提に付き合っています。

    ここまでなら、羨む人もいるかもしれませんが、
    私、人間扱いされていない気がするんです。

    向こうからの連絡は基本的に無し。
    電話も最後にしたのは3ヶ月くらい前・・・。
    初めて手料理を振る舞ったら、美味しいの一言もなく、
    図書券や医学書がほしいとのこと。

    私が初めての彼女だから、女セイの扱い方がわからないんだろうなとは思うけど、
    将来的にモラハラ夫になりそうでこの先不安。
    友達も親も別れるように言ってくるのですが、
    私はそんな彼にまだ恋愛感情があって・・・・。
    それに、まだ女セイの扱い方を知らないだけで、
    きちんと覚えてもらえたら問題ないんじゃないかとも思うんです。

    デモデモダッテちゃんなのは理解していますが、何か意見が欲しいです。

    mizuho17810DSC_0129_TP_V

    351: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/28(日) 02:07:25.75 ID:N9qkjMcV
    彼氏の箸の持ち方がおかしくて一気に冷めた
    普通は下の箸を薬指に乗せて固定するのに、彼氏は中指で固定してた
    だから上の端は親指と人差し指で動かす感じになっててすごく馬鹿っぽくみえた
    それで箸も八の字になるはずなのに彼は2本の箸が平行になってた

    他は背も高いしかっこいいし優しいし一流企業勤務だしで非の打ち所がなかった彼だったんだけど
    この一件以来「この人は一見良さそうだけど、箸をまともに持つことすらできない人間で
    そういう家庭で生まれ育ったその程度の人間なんだなあ」ってはじめて
    自分の彼氏を冷静に客観的に見ることができるようになってしまって冷めた

    186

    696: 名無しさん@おーぷん 2015/06/06(土)00:05:58 ID:Pl3
    同僚A子の恋愛事情の話

    私とA子(独身)は新卒で入社した同期
    現在35歳で、私は出産の為の産休に入る
    割と仲良しで、ランチは毎日一緒(他の社員も一緒)
    会社帰りに2人でごはんに行ったり映画を観に行ったりしてきた

    私は31で結婚したので、早い方ではないけれど
    社会人になって、それなりに恋愛もして結婚して
    最近やっと子供を授かったので産休に入る

    A子は独身だけど、25歳前後の頃「彼氏ができた」と報告された
    当時はいくつか質問し、同世代で隣の市に住んでる普通のサラリーマンだと聞いた
    たまにA子に彼氏の話を振ったけど
    「まあいいじゃん、私のことは」
    とかわされたので、深く聞かないようにしてきた

    30歳が近くなると一緒にランチをする他の社員達にも
    「彼氏とはまだ続いてるの?結婚しないの?」
    と質問されていたけど、A子だって結婚したいのかもしれないし
    彼氏に結婚を避けられてるかもしれないので
    「まあまあ」と私が遮ったりしてきた

    022AME5031_TP_V

    125: 恋人は名無しさん 投稿日:2011/06/08(水) 01:06:33.11 ID:Xqz3Qef+0
    付き合って5か月、私の両親と初めて食事をした際に
    私の父親に罵倒を浴びせ掴み掛った。

    年収や家庭環境にコンプレックスを持つ彼にグチグチ言った私の親も
    悪いけれど、初対面の30も年上の人間(それも付き合っている人の親)に
    掴み掛れるなと呆れ返った。
    そのあと「お前の親は常識がない。付き合っていけないし、いきたくもない。
    だからお前は親と縁を切れ。」と言われてようやく目が覚めた。

    016AME5031_TP_V

    643: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/11 22:27:25.09 ID:siSGrWLO.net
    週に5回、うちに夕食を食べに来る彼。

    一人暮らしで、かつかつで生活している私には負担すぎる。

    「こんなにごはん食べに来るのなら、食費入れて」
    「なんで?」
    「うちのごはんもタダじゃないから」
    「?」

    自宅住みの彼には難しい問題だったようです。
    食費がかかるって事にあまり頓着しなかったようで・・・

    先週、豚バラの塊肉を持ってきて
    「半日煮込んで角煮を作りたい」
    「買ってきたの?」
    「家の冷蔵庫にあった」

    ・・・多分、彼のお母さん、何か作る気でいると思う。
    黙って持ってきたって聞いた瞬間
    「ちゃんとお母さんに持っていっていいか聞いてから持って来い」って事と
    「何時間煮込む気か知らないけど、ガス代もかかる」
    って、豚バラ塊り肉と一緒に叩き出した。

    もーなんか無理。
    2つ年上の彼だけど幼すぎる。

    このページのトップヘ