ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    恐怖

    016ELFA191116_TP_V

    100: 名無しさん@おーぷん 2015/01/14(水)18:48:48 ID:J5r
    長文失礼します
    自分が小さい頃なのでもう20年近く昔の話
    その日は子猫を拾って飼うことに許可を得た次の日で、早く子猫の待つ家に帰りたくて学校からの帰り道をダッシュしてた
    公園に差し掛かったとき、20代前半くらいの男が公園から出てきて、ダッシュ中の私に話しかけてきた
    男曰くコンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探してくれないか、と
    しかし私はさっさと子猫のもとに帰りたい、ついでに言うと公園から出てきたのに公園横の道路を指差してこの辺に落としたと言い張っててなんか怪しい
    すごく急いでるんです!と答えて去ろうとするといやでも今ほとんど見えてないんだけど、と焦った様子で畳み掛けてきた
    見えてない?!これはチャンス!と思った私は「じゃあ私のことも見てなかったことにして下さい!」と叫んで走り去った
    男はなんか「えっ…」って言ってたけど構わずダッシュで帰宅


    ひとしきり子猫と遊んだ後母にそう言えばこんなことがあったと報告
    母は変な人もいるわねえと流してしまった…多分時代もあるんだと思うけど
    数週間後母にこれって!あんた!と言われて覗き込んだ新聞記事には全く同じ手口の強制わいせつ犯が隣町で逮捕されたと書かれていた
    なんでも探すのを手伝った子にコンタクトを踏ませてお前が壊した弁償しろ、できないなら体を触らせろと迫っていたらしい
    その時は普通の人に見えたのに何て卑怯なやつなんだ!と衝撃を受けたが
    大人になった今そいつの卑劣ぶりに腹が立って仕方ないのと
    もしその時点で私が警察に連絡してたら次の被害者は出なかったんじゃ、と自分にも腹が立つ
    今書いててなんか怒りが蘇ってきた…警察に突き出してやりたかった

    fruits0I9A7666_TP_V

    559: 可愛い奥様 投稿日:2012/05/29(火) 13:52:42.22 ID:esyy46rq0
    高校生の時、車の助手席で母親が帰ってくるのを待ってたら
    鍵かかってなくてエンジンかかったままの運転席に突然
    知らない中年男性が乗り込んできて「ごめんね」一言言っただけで車を発進させたときは怖かったな

    結果的にはその車がその人にとって邪魔だったんで、移動させたかっただけらしいけどw
    悪いのは人の邪魔になるようなとこに車おいて「物渡すだけだからすぐ戻る」といいつつ
    世間話してたとかで20分も戻らなかった母でした…

    pakutaso-4606_TP_V

    360: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/14(土) 22:08:10.16 0
    じゃあ、私の修羅場を。
    人違いで、妊娠中に突き落とされたこと。犯人は、私のまったく知らない既婚女性の不倫相手だった。
    その既婚女性、不倫相手に「夫の子を妊娠したから関係解消する」と一方的に音信不通に。
    納得のいかない不倫相手。家は知らないからと、最寄り駅で張っていたらしい。

    で、背格好が似ている、持っていたかばんが同じ。それだけの理由で間違われた。
    もう一度話を!と思っていただけらしいんだけど、旦那に寄り添われて歩いている私を見てブチ切れ。
    腹の子が何もかも悪いと、エスカレーターから突き落とされた。
    正直、背中にドン!!という衝撃を感じたところからは、よく覚えていないんだけど。
    落ちた!!赤ちゃん!!という意識だけはあったので、目が覚めたときにお腹のふくらみを確認してわあわあ泣いたよ。
    さいわい、打撲だけで母子共に助かった。既婚女性のほうは、事件のショックで流産したけど。
    しっかり地元紙にも載ってしまったし、慰謝料と治療費をもらって、私たちは引越し。犯人は塀の向こう。
    今は平和にやってるけど、救急車で運ばれている間、完全な意識じゃない中で、赤ちゃんがタヒんでしまう映像が頭を流れ続けて本当に怖かった。

    558: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/06/28(木) 19:40:04 ID:rbtrWWosd

    嫁の実家がくそ金持ちだった。 
    結婚2年、自分30嫁28で嫁妊娠中。 
    自営だとは聞いてた。でも、聞いた名前は
    小さな派遣会社みたいなところでギリギリなんだよ、と聞いてた。 

    顔を合わせた場所も確かに新幹線が停まる駅から
    ほぼ直結のマンションだったけど5階で2LDKでそれなりだよね、という感じだった。 

    嫁は一人暮らししていたし結婚してからも外で食事することはあっても
    嫁実家マンションに泊まることもなかった。 

    秋に子供が産まれるから家を引っ越すか購入しようという話になっていて、
    嫁との話の流れで嫁両親がマンションの上の階を購入した事を知った。 
    そこから色々あって結局、今まで住んでいたほぼ駅直結のマンションの最上階を購入したらしい。 

    ちなみに、売り出し価格は調べたら2億弱。 

    さらに我々が挨拶にいった部屋は嫁祖母が一人で暮らしていて
    嫁両親は実はもっと上の階に元々住んでいたらしい。 
    そして嫁親がやってる会社は実は5社以上あって
    一番大きな会社は年商10億以上のマンション管理とかをやっている会社だった。 

    マンションやビル管理の他に派遣会社
    (そこからマンション管理会社に従業員を派遣する?)賃貸業、福祉と幅広くやっていた。 

    嫁自身は普通だったし、嫁両親も全身ブランドとかではなかったし、
    車もマツ○とかだったし、全然そんな気配がなかった。 
    なにより、嫁、一人娘なんだよ。 
    なんだよ、それ。 
    本当になんで自分と結婚したのかわからない。 

    ただのサラリーマンなんだ。しいて言うなら、
    税務関係の仕事はしているけど、本当に小さな会社のサラリーマン。 

    どうしたらいいのかわからない。 

    19322D009_TP_V

    939: 1 2009/07/27(月) 11:26:01 ID:ErefBN5C0
    不完全燃焼気味でモヤモヤなので、数年前の俺の修羅場を書いてみる
    ところどころフェイクも入れるけど許してくれ
    書き溜めていないから少し遅いと思う

    俺  25 普通であると思いたい
    A子 26 結構可愛い感じ
    A男 30代前半 スポーツ刈りみたいな頭

    俺とA子は同じ職場で働いていた。
    A子は×1でそこそこ可愛く愛想も良かった。
    接客業で勤務時間も同じA子と話をしている内に距離も短くなってきて、自然と男女の関係になった。
    時折、子供をつれて来たりして、俺のPCで遊ばせたりとかもしてた。
    俺はといえば、一人暮らしで食事もろくに取らないもんだから、A子が何かと差し入れを持ってきてくれて、それを食べたりして雑談とセ○クスの日々だった。

    ある日の休日、俺は休みで家でモッサリしてた時、A子がいつものように餌付けに来てくれた。
    お皿に盛られたカレーピラフを平らげて、食欲が満たされた俺はデザートにA子を頂いた。
    事も終わって話をしていると、A子が子供を迎えに行くから帰ると言いはじめた。
    そういえばそんな時間だな、と思い、玄関まで見送ろうと立ち上がった時、なるはずのないインターホンが鳴った。

    と言うのも、俺の住んでいたアパートを知っているのはアパートを経営している両親に紹介してもらったA子と俺の母親と会社では社長と後輩が1人と女友達が1人の計5人程度しかいない。
    荷物が届く事もないし、新聞は全てないがしろにしてるから近所の新聞屋ではブラックリストにも載ってるので勧誘にも来ない。

    このページのトップヘ