ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    息子嫁

    JS745_kasennosakura_TP_V

    370: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)11:38:15 ID:dXU
    私の病気を機に息子がはっちゃけて迷惑…。
    ちなみに命に別状ある病気ではない。しかし入院して手術した。
    入院中、息子嫁さんは孫を連れて毎日お見舞いに来てくれた。
    それは有難いんだけど、帰らない。朝来て、面会時間終了ぎりぎりに息子が迎えに来るまでずっといる。
    孫は可愛いけど、まだ赤ん坊だから病院にいさせるのは感染症が心配だし
    泣くから周囲の迷惑にもなるし、第一25歳も歳の違う嫁さんとは話も合わない。
    丸一日一緒にいたら気疲れしてストレスが溜まる。
    もっとはっきり言うと、一人で寝ていたい。

    でも好意で来てくれてるんだろうし…と
    「毎日来てくれなくてもいいよ」「気を使わないでね」とやんわり断りつつ5日耐え、
    6日目に「本当に申し訳ないけど、退院までもう来ないで欲しい」
    とはっきり言った。
    嫁さんはデモデモと反論していたが白状した。
    「(息子)さんに怒られる。朝彼が出社する時一緒に連れてこられ、彼が退社するまで帰れない。
    鍵はいま彼だけが持ってる。私だって本当は家で子育てしていたい」
    と泣かれた。
    驚いて妹に連絡し(私夫はすでに鬼籍)、嫁さんを家まで送ってもらった。
    合鍵は息子からもらっていたので、それを渡した。どうせ使ったことないし。
    夜になって来た息子に「嫁に何押し付けてんだ」と抗議したが
    息子は「遠慮しないで」と話が通じない。
    息子が中学生の時に夫が病タヒし、その後ずっと母子家庭だったから
    「いつか親孝行したかった」とかナンタラカンタラ…
    「親孝行したいなら、退院祝いに回転寿司でも連れてってくれ。見舞いはとにかくもういらん」
    と言って追い出した。
    しかし翌日また嫁さんが病室に。
    血圧が上がって頭にブワーと血がのぼるのが自覚できるくらいだった。初めての経験。
    一時的に腰が抜けたみたいになって立てなくなり、ナースコールして嫁さんを廊下に出してもらった。
    小一時間して落ち着いたので嫁さんを呼び
    「しばらく実家に帰ってはどうか」とさとした。
    嫁さんは「息子くんに嫌われる」とデモデモしていたが、私がベッドに正座して手を突いて頼むと
    実家に電話してくれた。
    嫁さん実家から嫁母が来て、話し合いの結果、嫁母が嫁さんを連れ帰ることに。
    看護師さんに「退院まで嫁さんも息子にも会いたくないんだが」と言うと
    100%止めるのは無理だが、注意すると言ってもらえた。
    病室も移ったし、退院の日もずらしてもらいました。
    昨日からやっと一人でのんびりネットできるようになったよ…

    pp816IMGL1000_TP_V

    970: 名無しさん@おーぷん 2017/05/09(火)20:06:07 ID:Ftx
    GWは心の修羅場だった。
    私は夫を亡くして一人暮らししてるんだけど、そこに29日から新婚の一人息子が夫婦で帰省してきてた。
    その息子夫婦帰省の翌日のこと。
    私が玄関にいることに気付かずにスマホで友達か誰かと話していた嫁の言葉を聞いてしまってものすごくショック。
    「結構貯めこんでるみたいだからどうやって引き出そうか作戦中」だとか、
    「この家、売れば結構になるみたい、坪単価いいし」とか、もうビックリ。

    何よりショックだったのは「あんなばーさん、チョロイチョロイ」だって。
    (ちなみに別の人の話をしていたのを勘違いしたとかじゃないですよ。はっきり私のことでした)
    頭が真っ白になって、そろりと一旦外にでて、今帰ってきたふりして玄関に入ったら
    「おかえりなさーい」ってニコニコ迎えられたわw
    それからずっとその話、その言葉が頭から離れなくて
    いずれにせよ私は自分の老後を息子に託す気はなく、時期が来たら家を売って
    ホームにお世話になると決めている。
    それは息子にも常々話してあった。嫁にも「だから介護とか心配しなくていい」と言ってた。
    それでも尚、金が欲しいのかこの嫁は・・・。
    それからは嫁の目が「¥」に見えて、何を言われても笑えない。
    普通、義実家の坪単価なんて調べる?
    29日に帰って来て3日までいたんだけど、その間にもう嫁の顔も見たくなくなっちゃった。
    それで帰る前日に息子を外に連れ出して話をした。
    本当は当人である嫁と話すべきなのかも知れないが、お互い冷静に話せないだろうと思った。
    息子には嫁から聞いた話をそのまま伝え、おまえもその作戦に噛んでるのかと聞いた。
    ビックリしてた。あれは本当に知らなかったんだろう。
    「私のお金をアテにするほどお前たちの生活は苦しいのか」とも聞いた。
    「不自由してるつもりはないし、不自由させてるつもりもない」と言った。
    当り前だ。夫がどれだけの現金を息子に遺したか私だって知ってる。
    「嫁は相続のことを知っているのか」と聞いたら「大体のことは話してある」そうだ。
    今回の話、息子はかなりショックだったみたいだが、私は逆に嫁の暴走と知ってホッとした。
    それで「老後の心配はしなくていい。貯蓄もあるしいざとなったら家を売って老人ホームに入るから」と改めて言った。
    「その為に私だっていまだに正社員で働いてるんだから心配するな」と。
    そして今後帰省はおまえひとりでいい。おまえが来たくなければ来なくていい。
    とにかく嫁は二度と来させるな。来ても敷居は跨がせない。と言った。
    その日の夜、結構遅くまで夫婦で話をしていたようだが、翌朝、嫁は私とは一切顔を合わさず帰って行った。

    もしかしたら私は母親としてやってはいけないことをしたのかも知れない。
    今回のことで息子夫婦の間にさざ波が立ったとしたら申し訳ないと反省するべきなんだろう。
    しかし、今では何故あんな女を嫁にしたのかと息子に対する失望すらある。

    このページのトップヘ