ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    愚痴

    143 :ガールズにちゃんまとめ 2018/03/01(木) 19:37:29 ID:mhDH51JF.net
    まとめ見てたら嫁が2ちゃんに俺に対する愚痴書いてるのを発見してしまった。
    スレでもまとめでも俺が叩かれまくってた。
    誇張はしてなかったし、客観的に書かれた内容見ると、確かに俺が悪いなっていう内容ではあった。
    でも、書いたら満足してるのか、俺には不満は言ってこないんだよ。
    いつも通りニコニコして俺を出迎えてる。
    でも内心不満溜まりまくりなのかなと思うと恐ろしい。
    俺が悪いんだけど言ってくれなきゃわかんない。
    つーか何も言わずに不満溜めて悲劇のヒロインよろしく愚痴愚痴言ってる方が俺からしたらイラつく。
    俺にきちんと不満を伝えて、それでも対応しないってなったら愚痴れよ。

    36 :ガールズにちゃんまとめ 2016/05/05(木) 13:33:32 ID:x3O
    現在進行形。愚痴。
    GWだから昨日まで義理実家に行っていた。
    舅はマシンガントークで24時間人の悪口を言ってる人。悪口言ってないと毒素が体に回ってタヒぬんか?って位
    私の悪口を言い、私両親の悪口を言い、家族や知人を悪くいい、テレビに映った芸能人や政治家を貶してる。
    姑、義妹、夫は置物。義姉は舅そっくりで、舅と二人でずーーーっと誰かを貶している。
    夫は私を庇ってくれたことはない。
    帰り道の車中で「ごめん」と夫が言い「いいよ」と私が答える。それが恒例だった。
    でも今年はダメだった。
    うちの父、もう二回癌をやってる。義理実家の皆もそれを知ってる。
    私がお土産を差し出したとき、舅の手に少し触れた。そしたら舅が「癌がうつるw」と言った。
    動揺が顔に出たみたいで、私が嫌がってると気づいた舅と義姉はその後何度も同じことを言ってきた。
    今日のお昼前、やっと帰れた。
    夫は車中で「ごめんな」でも私は「いいよ」と言えなかった。どうしても言いたくなかった。
    気まずい沈黙がしばらく続いて、夫がちっちゃい音で舌打ちした。
    みぞおちのあたりから怒りというか不快感というか、イライラの塊みたいなのがこみ上げてきて
    ああもうこの人と一緒にいたくないと思った。
    夫はとても優しい穏やかな人で、お金遣いもきれいだし、趣味も合うし、
    義理実家さえ絡まなければいい人。
    でも今回はダメだった。我慢できなかった。
    トイレ行きたいと言って道の駅に寄ってもらって、トイレに行くふりをして裏手に逃亡した。
    10分ほど歩いてから夫に「タクシーで帰る。あなたは一人で帰って」とメールした。
    ガンガン着信があったけど、マナーモードにして無視。
    歩いてたらラブホの前に出たからそこでタクシー呼んで、現在に至る。
    夫は20分くらいで諦めたらしく着信は止まった。
    家に着くまでに身の振り方を考えなくちゃ。あーあ。

    603 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/21(水) 22:11:38 ID:oxF
    愚痴。嫁が妊娠五ヶ月です。
    俺がポンコツで何をしても嫁を悲しませてしまう。
    ツワリは今おさまってるんですが、真っ只中の時、俺が食ってる時でも席を立って吐きに行くから
    「我慢できないの?人が食ってる時に気分悪い」と言ってしまった。
    嫁がツワリで何も食えない時、「無理してでも食え。栄養失調になるだろ。お腹の子が可愛くないの?」と言った。

    ここで実家に逃げられ、話し合った。もうしないと誓ってもどってもらった。
    その後、嫁は変な物を食べたがるようになり、なぜかヨーグルトの凍らせたのばっか食ってた。
    嫁にヨーグルトを買ってきてくれと頼まれ、俺としては気をきかしたつもりで高いハーゲンダッツを買って帰った
    そしたら嫁が食わなかったので「ワガママばっかりだ!」と怒った。
    翌日会社で愚痴ったら、女にフルボッコにされた。
    帰宅して謝ったが、リアクションが薄い。
    昨日は、腹がでかくなってきたから、風呂掃除を代わってくれと言われ、酔ってて覚えてないんだがキレてしまった。
    何をしてもお前の気に入らないんだろ!みたいなことを言ったらしい。
    なんで俺はこうなんだろう。
    俺は標準くらいの夫だと思っていたが自信がなくなってきた。
    標準の夫っていうのは何をしているんだろうか。

    779 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/27(火) 23:09:13 ID:YqO
    夫と喧嘩中なんだけど、腹立ちがおさまらない
    夫とは職場結婚、私は夫の親の介護が始まったので働き方が時短になってるんだけど
    飲み会で結婚は墓場みたいな話になったとき、夫の周りで「共働きが当たり前になった今結婚なんて有り得ない」って話しがあがってた
    社会システムのことかなと耳を傾けてたんだけど、「夫婦共働きなのに働きたくありませんって寄生する女しかいない」と言い出した
    この時点ではよくある女叩きさんかと思ってたんだけど、その後夫に向かって「お前んところも結婚したとたん時短だもんな」と言って、夫より立場が上の相手だからと夫が同意してしまった
    ここまでもまだ我慢できた
    「働いてたら家事もろくにできないんだろ」
    夫はバカみたいにこれにもうなずきやがった
    する必要のない同居して、義実家に五万私の稼ぎから入れて、義親の介護して、高校生の義弟たちの分も含めて家事もやって
    むしろ家事私以外誰がやってんの?
    あんたら男どもが汚すトイレを毎日壁まで拭いてるのは誰?
    今の結婚生活、私に何のメリットもないこと承知で、夫の家族だから支えようと思って同居したんだけど?
    そっかー私は寄生虫だったんだー
    結婚三年目で愛情が干からびた
    二次会にも参加せず早々に20時に帰って家事してた私をよそに、夫は二次会三次会でベロベロ
    言うことないのかと詰め寄ったらだんまり
    義弟が「兄貴はあんたと違って働いてんだよ」だって
    介護があるから、義弟たちより遅く家を出て、義弟たちより早く帰ってくるせいで、義弟たちは私が働いてるって実感がまるで無い
    謝って諌めてくれたのは半身麻痺の義親だけ
    翌日仕事に行ったら「夫さんに苦労かけてるんだって?愚痴ってたよ~」と周りから言われ
    その日から夫の周りにいた男からちょくちょく嫌味が飛ぶようになり、人生紆余曲折経た大ベテランの先輩からは「子供がいないうちよ。私がお世話になった弁護士紹介しようか?」と言われ
    私の二倍近く生きているパートのおばちゃんたちから慰められ、全てをまとめて家から出た
    なんで私の周りの男たちは労りって言葉を知らないんだろう
    なんで私を感情のある人間だと思えないんだろう

    31 :ガールズにちゃんまとめ 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
    さっきあったこと

    今日も疲れて帰ってきた俺
    子供も寝てるからそっと帰宅。
    台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
    どうもハンズフリーでの会話らしい

    耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

    嫁友「あー…もうほんとムカつく!
    年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
    嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
    嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
    嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
    嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
    「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

    もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
    確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
    それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

    「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

    嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
    嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
    嫁友「う…それは…」
    嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
    手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

    と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
    今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
    10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
    もちろん台所で泣かせてきたぜ

    このページのトップヘ