ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    折半

    572

    551: 773 2015/02/17(火) 23:25:13.50 0.net
    相談です。
    私(妻26歳)と夫(33歳)はフルタイム共働きで、年収は二人とも額面450万円くらい、子供はいません。

    結婚するとき、子供がいない間の家計のルールとして、以下のことを決めました。
    ○それぞれが毎月同額(15万)ずつ共有の口座にいれ、生活費および貯金はそこから出す
    ○賞与月は都度二人で話し合って同額を入れる
    ○残りは各自の自由
    ○家事は完全折半(週替わり制。一週間は炊事を毎日。翌週は掃除洗濯ゴミだしを毎日。の繰り返し)

    私は定時で帰れることが多いのですが、夫はサービス残業が多いです。(と言っても、遅くても20時には上がって21時前には帰ってきます。)
    そのため夕飯のメニューは、
    私が担当の週は比較的時間のかかるもの(煮込み料理、コロッケ、餃子など)、夫が担当の週は時間のかからないものもしくは二日連続で食べられるもの(親子丼やカレー、時にはインスタントラーメンなど)が主流でした。
    それでも分担することが大事だと考えていたので、メニューについて文句をいったことはありません(ぜんぶ美味しいので尚更)。

    そんな生活を4ヶ月続けていたのですが、先日夫から「家事の負担割合を変えて欲しい」と言われました。
    具体的には、炊事だけは毎日私の担当にしれくれないか、とのこと。料理は比較的好きな夫ですので意外でした。そのあと、以下のやりとりをしました。

    つづきます

    TSU862_ohana_TP_V

    659: 豆 ◆dyf/jJycS6 投稿日:2009/06/23(火) 22:46:45
    ◆現在の状況
      嫁から離婚を匂わされている
    ◆最終的にどうしたいか
      離婚せず円満な家庭を保ちたい
    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
      29、公務員、350くらい
    ◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
      28、会社員、350くらい
    ◆家賃・住宅ローンの状況
      賃貸、月4.5万(田舎だからこれでも広くて新しい部屋に住める)
    ◆貯金額
      個人の貯金は俺200万(就職が遅かった為)、嫁700万?くらい
      家庭の貯金としては600万くらい(名義は嫁)
    ◆借金
      ない
    ◆結婚年数
      2年
    ◆子供
      いない
    ◆親と同居かどうか
      別居、この先も同居予定なし(兄が家建てて同居開始した)
    ◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
      お互い初婚

    ◆離婚危機の原因の詳細
     嫁が言うには、俺が男の義務を放棄しているのに嫁に女の義務を押し付けている、とのこと。
     具体的には、生活費を今は基本的に折半しているため俺は大黒柱の責務が半分になっているのに、
     嫁は苗字を変え家事をやり正月には俺両親のところに挨拶に来るから、
     大黒柱役を半分背負っているのに嫁役は嫁一人にかかってきて不公平だという。
     あと、こんなんじゃ不安で子供が産めないという。
     なのでこれらの点が改善されないなら離婚したい、と。

    MIZUHO319001_TP_V

    594: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/17 06:25:07.77 ID:iOYddQ0P
    現在彼女と同棲する計画をたてています。
    彼女の会社には福利厚生として住宅手当があり、家賃の半額(ただしマックス5万まで)がでます。
    一方自分の会社には住宅手当ありません。

    二人で物件を見に行き、お互い気に入った12万の物件に決めかけていたのですが、家賃の負担割合のことで揉めてます。
    自分は、家賃から彼女の住宅手当分を引いたものを、二人で折半すると思ってました。
    (12万ー5万=7万を二人で折半)

    ところが彼女が、家賃補助は私の給料のうちだし、12万を折半した額を払うのが普通じゃないのと言ってきました。
    つまり、彼女1万+家賃補助5万、俺6万の負担割合です。
    でもこれってすごくおかしいですよね?
    彼女が1万しか払わないってことは、本来であれば2万円相当の部屋にしか住めないはずなんです。
    5万も家賃補助が出るのは高い部屋に住むおかげなのに・・・
    さっそくお金のことで揉めて、早くも気が滅入りそう。

    このページのトップヘ