ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    救急車

    AM18610017_TP_V

    886: 名無しさん@おーぷん 2015/11/22(日)12:40:03 ID:zNM
    セルフのうどん屋に行ったら、3歳児くらいの子が店内ウロウロ
    →コケかけて、他の客の足につかまる
    →その客がコケて3歳児の頭の上からうどんブチまけ
    →子供ギャン泣き&親ブチギレ&客もキレ返す

    親「うちの子になにすんのよ!」
    客「放ってる方が悪い!それより救急車!」
    親「あやふやにしようったってそうはいかないわよ!」
    客「うるさい、それどころじゃないだろ、救急車!」
    親「あんたね、誤魔化すつもりでしょ!」

    みたいな言い合いになってて、客が出したスマホを親が叩き落としたりしてカオス
    結局、客が店員に「見てないで救急車呼んで!やけどしたかも!」って叫んで店員が電話したみたい

    子供を放ってる親も悪いし、足元を見てなかった客も悪いから
    正直どっちもどっちだと思うが、その後の対応を見る限り、親がヤバイ人
    他の客もスマホ持ってたと思うけど、親のキレっぷりがすごくて出せなかった
    キーキー声で叫ぶ+子供のギャン泣き声で、ものすごい騒ぎみたいに聞こえた

    個人的には親がスレタ

    PP_hotcake_TP_V4

    176: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/08/29(土) 21:01:49 ID:qYDjCkrj0
    彼女をくすぐって遊んでたんだが
    呼吸困難みたいになって、
    彼女のお母さんが救急車を呼んだんだ。
    俺はお母さんに「もう連絡をしてこないで」と言われてしまった。
    正直大げさな彼女にも引いたし
    暴力をふるったわけでもないのに
    彼女のお母さんにも引いた。

    AMI85_hontomorigirl_TP_V4

    521: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 14:00:53.66 ID:1hdSPLGo
    10年くらい前、ノンアルコールビールが出始めの頃。

    結婚した友人夫婦が帰郷して
    友人夫婦+高校の友人たち(俺含む)で
    披露宴代わりの焼肉パーティーをした。
    (披露宴は東京で親戚のみで実施)

    当日、俺は薬飲んでるからアルコール呑めない
    ソフトドリンクで、と思っていたが
    飲み物メニューに、ノンアルコールビールが有ったので
    それを呑んだ。

    最初の1杯目は何でもなかったが、2杯目の途中で
    目が回り、ろれつが回らなくなり、ゲーゲー掃き出し
    完全な急性アルコール中毒 (救急車騒ぎ)

    ノンアルコールビールなのに急性アル中
    店が間違えたか、衛生状態が良くなかったか?
    それとも友人達の誰かがアルコールを混ぜたか?
    って事で、警察・保健所を巻き込んでの騒ぎとなった。

    結果、当時のノンアルコールビールには
    ちょっとだけアルコールが含まれているのが分かり、それが原因だったけどね。

    店・友人たち・俺
    全員が修羅場と言うか大変な目にあった。

    Photoelly049_TP_V

    863: 名無しの心子知らず 2011/06/23(木) 11:24:58.19 ID:lt3aJhg/
    5年位前の話
    近所で評判の教育ママの息子が夜の8時過ぎくらいに病院に運ばれていった
    原因は息子のチ○コの皮をはさみで切ったから
    ちなみに当時、息子さんは6歳
    泣きながら「痛いよ~」と何度も言う息子さんが本当にかわいそうだった

    「息子が将来恥をかかないように切ろうと思ったのよ!」と息子さんが救急車に乗せられている時に喚いていた
    野次馬から(主に男セイ陣)から、「それはねーよ!」「少しずつ慣らしていくんだよ!」とバッシング
    次の日から教育ママは旦那と息子を残して行方不明
    その後、退院してきた息子と共に旦那さんは実家へ帰っていった
    教育ママさんはどうなったんだろうか

    AM18610001_TP_V

    454: おさかなくわえた名無しさん 04/06/24 18:31 ID:WP4g7FPu
    兄(病院勤務)の話。
    つい最近、小4~5の女の子が救急車で運ばれてきたんだって。
    その子は「お腹が痛い、吐き気がする」と訴えているとのこと。
    兄はその話を小耳に挟んだ後も、通常の業務をこなしていったものの
    まだ小さい子だけに「ややこしい病気でなければいいが」と心に留めていたそうだ。

    で、気になって後で担当した同僚に訊いたら
    検査の結果は病気でも何でもなくてなんと妊娠5ヶ月だったらしい。
    ぽっちゃりめの子(しかも地味め)だから本人も、周りの人たちも
    今回検査して判明するまで気がつかなかったらしい。

    しかも相手は一つ上の男の子。
    小学生同士で子作りする時代かと思って、えらく
    カルチャーショックを受けたであるよ。

    このページのトップヘ