ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    日本

    potechiPAKU9281_TP_V

    14: 名無しさん@おーぷん 2017/04/05(水)15:24:09 ID:X2z
    4月が来ると思い出す神経わからん話。
    政治ネタNGだったらゴメン。

    新卒でそこそこの大企業に就職して4月に入社式があった。
    式場となる大会議室は、一番目立つ正面の壁に社章を描いた旗と日の丸の旗が掲揚してあった。
    式が始まる寸前、1人(A君とする)が突然部屋から退出してしまった。
    人事の社員が追いかけていき、しばらくそのまま待たされたが、結局彼は戻ってこなかった。

    夜、新入社員が寝泊まりする研修施設に移動してみると、そこにはA君がいた。
    A君はみんなに対して「この会社に入社するのはやめた」と言った。

    驚いて事情を聞くと、A君いわく
    A君の親御さんは熱心な反日の丸主義者(?)で、
    日の丸や国歌は悪の象徴だと教えられてきて、彼自身もその考えに同意している。
    物心ついてから今まで、日の丸敬礼や君が代斉唱をしなければならない式典はすべて欠席や離席で対応してきた。
    しかし、さすがに企業の入社式は離席できないし、
    何より、入社式で日の丸を掲げるような戦争至上主義の会社には到底入社できない。
    だから入社を辞退したいと申し出たんだけれど、
    一度は入社が決まっていた以上、ハイさよならというわけにはいかないので当然もめているという話だった。

    予想外の話にみんな困惑してしまい、あの手この手でA君を引き留めようとした。
    あくまで形式上のことなんだからそんなにマジにならなくても、となだめたり
    内定者懇親会で酒を酌み交わした仲間じゃないか、と情に訴えたり
    それでもA君の意志は堅く、
    「日の丸や君が代は日本の残忍な歴史の象徴、そんなものを称揚する人や企業は信用できない。
    そうやって異分子を説き伏せようとする所が日本の悪魔性.根源だ!
    正しい発言をする者の口を封じ、日の丸で洗脳して悪に染めていったから虐杀殳が起こった」
    そんなようなことを熱弁し、一歩も譲らなかった。
    日の丸に反対しない我々のことをまるで軍国主義者のように言うので、
    そこまで言われるとみんな気がそがれA君を引き留めようとする人はいなくなった。
    その後数日間、A君は寮にとどまっていたが
    やがて退職の話が決着したのかその後見かけることはなくなってしまった。

    数年前、小学校教師が国歌不起立で懲戒になるかもしれないというニュースがあったが
    これはそれよりも以前の出来事で、
    職を賭してまで日の丸や国歌反対にマジになる人の存在は当時あまり知られておらず、
    まさに「神経がわからん」話だった。
    ただ私は関西の出身だったので、A君の親御さんは教師ではとピンと来ていた。
    最後に会った時、これからどうするの?と聞くと
    「教員採用試験を受けて教師になって子どもたちに正しい教育をする」と言っていたので多分ビンゴ。
    多分彼は今どこかの小学校で君が代の上から校歌のプリントを貼り付けさせていると思う。

    692

    52: 名無しの心子知らず 2014/03/08(土) 00:40:20.47 ID:M7Z+Y+dG.net
    子連れに厳しすぎるよ、日本。
    今日もバス乗ったら知らない男性.「お前ら迷惑だ!降りろ!」って怒鳴られた。

    足の手術を控えた4歳児をベビーカーにのせて
    下の子を抱っこして乗ろうとしたら、「ちんたらするな!タクシーで行け!」
    って。
    少子化がーとか言うけど、世の中が求めているこどもって、
    あくまで健康でおとなしいいい子だけって思える。
    病気や障/害がある子とその親はいつだってお荷物扱い。
    ほんと、産まなきゃよかった。

    239

    730:名無しさん@おーぷん2015/05/23(土)19:47:51ID:Q79
    日本の食文化を知ってもらおうと、知り合いの外国人にラーメンを食べさせたんだけど、
    原材料に豚肉や牛肉が入っていることを知ると激怒
    店の中にもかかわらず暴れまわり逮捕されて行ってしまった
    幸い俺は服が汚れた程度だけど、一緒に居合わせた子供や他のお客さんの中には火傷をした人もいる
    …お察しの通りイスラム教の人です
    やはりというか、イスラム国の残虐性は国民性からも来ているんだと実感できた

    このページのトップヘ