ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    暴力

    pp816IMGL0965_TP_V

    432: 恋人は名無しさん 2007/04/17(火) 10:13:35 ID:GgR6MQHP0
    新婚1ヶ月目の時、夫と一緒に夫の会社の同僚さんの家へ。
    この人Aさんは単身赴任でアパートで一人暮らしだった。
    3人で家で飲もうという事で、
    私は家で料理を作って持って行き、キッチンを借りて料理を温め、
    夫はAさんが氷やら何やらを買いに行くというのでそれについて行った。
    キッチンで作業中インターフォンが鳴り、帰って来たのかと思ってドアを開けたら女の人が。

    一瞬あれ?と思って思わず「どちらさまですk…(あれ、奥さん??)」と言ったら
    「どちら様じゃないわよ!図々しいわねっ!」といきなり突き飛ばされた。
    よろめいて躓いた所にもう1回突き飛ばされ、靴を履いたままの足で蹴られた。
    単身赴任の夫の家にアポなし凸したら
    キッチンで若い女がエプロンつけて料理中なんだからそりゃあ逆上します。
    向こうからしたらかなり禁句だったかもしれないけど
    「違うんです違うんです!!」としか言えず、
    「何が違うんだって言うのよ!!」と言い返されてマウントポジションで襟掴まれて
    頭ガンガン振られ、痛いのと怖いのとで「違うんですー」としか言えない。
    「ええ!?ああ!?」とか言いながらビシバシ殴ってくるから余計に。
    やっと離して貰ったと思ったら、リビングに入っていって
    小さな悲鳴を上げて「こんなの何よ!」だか何だか言いながら
    持ち込み料理をガンガン投げ始めた。
    そこら辺で夫とAさん帰宅、外からでも音が聞こえたらしく走って入ってきて
    座り込んでる私を見てビックリ。
    夫に介抱されてる間
    「お前何やってんだ!」「あんたこそ何やってんのよ!ふざけないでよ!」とか聞こえてきて
    更になにやら破壊的な音がする。
    私はなんか人事みたいにボタンがブッちぎれた服をボーっと眺めてたような気がする。

    486 :ガールズにちゃんまとめ 2016/06/14(火) 21:33:13 ID:85U
    職場(スーパー)で、いきなり後ろから腕を掴まれた。振り向いたら、知らないお婆さん。
    「何か?」って聞こうとしたら「見つけたぞ。こんな所まで逃げやがって」とか何とか叫びながら、引っ張ってきた。結構強い力だった。同僚やお客様が呼んでくれた警備員や店長が助けてくれた。
    人違いをしているようなので、その事をやんわりと伝えて帰ってもらった。
    その翌日、今度は肩を叩かれたので振り向くと、いきなり殴られた。倒れこんだら、男の人が殴りかかろうとしているのが見えた。
    気づいたら、病院だった。
    検査入院して退院して、警察から事情聴取を受けた。
    私を殴った人は、前日私の腕を掴んだ人の息子。
    どうも私を離婚した元妻だと思ったらしく、前日母親が恥をかかされたと思って激昂したとのことだった。

    224 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/18(日) 19:41:27 ID:tOW

    まじめに働きアリやっていると人生いいことも沢山あるな、とキリギリスを見てて思う。

    自分語りの長文なので、煩わしいと感じる方は回避してください。

    20歳で結婚して、翌年から四人の子を授かった。
    夫は5歳年上で、私たち夫婦は今風に言うDIY好きが集まるサークルで知り合った仲。そんな私たちは結婚と同時に夫の祖父から空き家になっていた超激安中古物件を売っていただいて、今もセルフでリフォームしている。
    子供たちが幼かったころは手形とか足形をとって庭のタイルに嵌め込んでみたり、長男が小学生の図工で作った「だいぶつ」(見た目お地蔵さん)を玄関先に設置してみたり、露天風呂作ったり好き勝手にやってる。
    (サークル仲間に本職の方や引退した大工の方がいて、お知恵を拝借することもある。私自身元大工)
    平凡に楽しく暮らしていたけど、私にはじめて癌が見つかったのは30の時だった。
    以来、治療、再発、治療、再発と繰り返しながら育児をし、少しでも治療費のタシにしたくて在宅仕事ができる資格をとって在宅仕事をやるようになった。
    癌治療は辛いことも山ほどあるけど、夫も子供たちも精一杯支えてくれたし、家族を残してタヒにたくないって必タヒに頑張ってきた。

    そんな私たち家族を、思いっきり笑ってくれたのが母と姉。嘲るって言葉が現代でも使われる言葉だとあの人たちを見ているとわかる。
    実家の父は私が中学の時に亡くなり、生前はそれなりに裕福だったけど、貯めるより使うほうが好きな母と姉が遺産を食い潰し、学費が続かなくなった私は高校を中退した経歴がある。
    結婚も早かったし、家庭菜園やったり、ボロ屋をちまちま自分たちで改造したりしているからお金がないと思われていたんだろうけど、結婚した当初から「学のない貧乏人は働きアリで一生が終わる」って言われてきた。
    「高校も卒業できず、大工なんかやってる惨めな子」って馬鹿にされてきたけど、私が中退したのはこの二人のせい。高校中退して最初の妊娠をするまで大工していた。
    (おかげでDIYにめざめたし、夫にも知り合えた)
    玉の輿とやらに乗るのが賢い女の生き方だって耳にタコができるほど言われてきた。
    この人たちは自分の娘と妹が癌だってわかったときにわざわざ病院に来て、「香典の前払い」とか「タヒんでも連絡して来なくていいから」とか言うような香ばしい人たち。
    口を開けば貧乏人とか、乞食とか、人を馬鹿にする言葉しか言わないから好んで会う理由もないから、距離を理由に極力関わらずにきた。

    その姉は念願だった玉の輿とやらに乗ったけど、相手が20歳以上年上だったことや、あからさまに財産狙いの姉を男性の連れ子(一番上が私と同い年)やウトメが快く思うはずもなく、ほぼ召使いとして扱われてきたそうな。
    で、つい出来心で若い男と浮気。妊娠が原因で即バレして無一文で追い出された数年後、母に痴呆がはじまったそうだ。
    八方ふさがりでどうしようもなくなって「助けなさい」と連絡がきた。
    痴呆の母と高齢出産した子を抱えて色々苦しいそう。
    子守りと介護要員と労働者として使ってくださる気なのか、うちの子を寄越せと言ってきた。
    何度も掛かってくるから、長男が電話に出た時に「アリとキリギリスの話知ってる?怠け者のキリギリスは冬を越せなくてタヒんじゃうんだよー。昔、お袋に寄越した香典、返すね。うちのお袋、生きてるしー」と言ったそうだ。
    (私は通院してて不在だった)

    後日怒り狂った姉から鬼電かかってきて「どういう躾をしているんだ」って言われたけど、ふつうに答えた。「病室に香典前払いしに来るような人とはたとえ血がつながっていても関わるなって教えてあるよ」って。
    そしたら今度は泣き落とし。姉妹なんだから助けてとか、あんたの母親でもあるんだからとか、4人もいるんだから1人増えたって世話できるでしょう、子供だけでも引き取ってとか言いだした。
    直接会ったことがないから判断できないけど、どうも甥は池沼の傾向がある模様。単純に躾がなっていないだけかもしれないけど、素行がたいへんよろしい様子。甥の暴力がひどいみたい。

    全部お断りして、「タヒんでも知らせてこなくていいから」と言っておいた。
    以後見知らぬ番号ごと着信拒否した。
    幸薄い老後だろうなと思うけど、散々働きアリだって馬鹿にされたので、キリギリス様を養う気なんてない。
    長男と長女が結婚して我が家は孫フィーバー中。子供たちが小さかった時にとった手形と足形の近くに、孫の手形と足形をとった。
    長男のだいぶつは今も玄関前に鎮座しているんで、毎朝家族で拝んでる。
    発癌以来、諦めたこともたくさんあるけど、家族を見ていると生きててよかったと思うし、働きアリでよかったなと思う。

    984 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/24(土) 13:10:59 ID:qlbhzAuZ0.net
    産後奥さんや赤ちゃんについてどんなサポートが必要か書き出して
    各項目について里帰りと在宅とそれぞれのメリットデメリット考えて奥さんと話してみては?

    117 :ガールズにちゃんまとめ 2013/04/06(土) 00:37:37 ID:fEBFl/4Ai
    旦那のケーキ勝手に食べたら(一応報告した)旦那が帰ってから「ビンタするからどっちの頬が良い」って腕掴まれた。
    いや、私が悪いよ、悪いけど、暴力は駄目だろ。
    されてないけど、ホントにビンタされそうだった。

    225 :ガールズにちゃんまとめ 2011/09/09(金) 22:39:31 0
    暴力的なDQN返しなので注意。

    舅は大酒飲みで、酔って暴言を吐いたり、暴力したり、運転をしようとする最低老人。
    車とバイクの鍵は私の夫が取り上げて保管してる。
    お酒が入ってない時に姑さんが説得をしても改善しない。
    昔からお酒を飲んでいたらしいけど、酷くなってきたのはここ数年。
    そのせいか私が嫁に来たから俺は酒を飲むようになったと舅が私に罪をなすりつけてくる。

    このページのトップヘ