ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    暴力

    KZ18610P1030833_TP_V

    1:名無しさん2014/03/29(土)19:05:08ID:CxzAgu56X
    1年ほど前の事なんだけどさ、心身ともに傷が癒えてきたから書く。



    一年前、
    一人暮らしをしてたんだけど、ある日母親から怒りの電話がかかってきた。
    「あんた!!今すぐにこっちに来な!」っと。

    理由を聞いても「いいから来い」の一点張りで。
    何があったのかと慌てて実家に帰ると、そこには元彼女の家族(元カノ父・元カノ母・元カノ弟)がいた。

    俺が目を丸くしてると
    元カノ弟が「お前ー!!!!」と突然殴りかかってきた。

    俺「は?え?ちょっ・・・ちょ・・・・何・・・・」

    わけもわからず、結構本気な鉄拳と蹴りがが来た。

    PPU_romio_TP_V

    826:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/04(土) 23:35:59.05ID:tD54HQwv.net
    もうほとぼりもさめたと思うので投下します。
    暴力話なのでご了承ください。

    10年くらい前、徹夜の準備のために22時過ぎにコンビニに行った帰りのことです。
    道の先でイカ釣り船仕様の車から降りた男が2人、
    若い女の子を羽交い締めにして無理矢理に車に乗せようとしていました。
    拉致現場です。
    そのままダッシュしてDQN1に飛び蹴りをし、DQN2の股を蹴り上げました。
    DQN2は悶絶、倒れているDQN1が立ち上がりそうで怖いので
    上からジャンプストンピングしました。
    ここで誤算だった、というかよくよく考えれば当たり前なんですが、
    運転席からDQN3が降りてきました。
    取り敢えず、持っていた栄養ドリンクと缶コーヒーがみっちり詰まったコンビニ袋で殴打、
    怖かったのでフラついたDQN3の頭を鷲掴みして車にガンガンぶつけて
    車にDQN3の血がついたところで女の子の腕を掴んでコンビニまで元来た道を全力疾走しました。
    DQNが蘇ってきたら確実に杀殳されると思ったので必タヒでした。
    コンビニで警察を呼んでもらいましたが、危うく過剰防衛か何かで逮捕されるところでした。
    DQN1はあばらが折れて肺に刺さった?とかで下手したらタヒんでたみたいでした。
    DQN2は男の勲章が1つ減り、DQN3は鼻の骨が折れたらしいです。
    私がピザブス喪女でも生物学上は女だったこと、
    相手が3人いたこと、
    相手の手口が悪質且つ手慣れているので余罪が疑われていたこと、
    車からロープとかカメラとかナイフとか怪しいおクスリとか出ちゃったこと、
    女の子の父親が警察に顔が効く?立場だったことなどの理由から、
    お説教だけで無罪放免でした。
    危ないから二度としてはいけないと婦警さんに言われましたが、
    あれは直前に読んでいたヤンキー漫画の影響なので二度とできませんと思いました。
    それからしばらくはDQNの報復が怖くて、
    黒髪ロングを茶色のショートボブに変えたり、
    夜にコンビニに行けないので間食が減って体重が20kg以上減りました。
    私の脱喪の経緯でした。

    TSU93_awakuhakanai_TP_V

    688:名無しさん@おーぷん2015/10/25(日)12:46:59ID:6fg
    今朝、結婚前提でお付き合いしてた彼氏の実家にご挨拶に行ったら、お父さんにあっついお茶ぶっかけられて
    「たけし(仮)は渡さん!!」って怒鳴られたあげくにお尻蹴っ飛ばされた。
    彼氏もお母さんも「まあまあ」って軽くたしなめるだけで何もしてくれなかった。
    すごく怖くなって、化粧直すってトイレ行くふりして彼実家飛び出して、タクシー拾って病院行ってきた。
    お尻は軽い打撲で、お茶のかかったところ(鼻の下から顎にかけて)は軽度のやけどということだそうだ。
    医者の勧めで診断書書いてもらって、帰宅して両親の顔見たら
    「こんな仕打ちを受けさせるために独り娘を育てたんじゃなかろうに」
    と思えて、両親と自分が可哀想になって思い切り泣いてしまった。

    さっき父親が自分の会社の顧問弁護士に電話したら、その弁護士の先輩を紹介してもらったそうだ。
    先輩弁護士が到着次第、付き添ってもらって警察に行くことになるみたい。
    携帯見たら彼氏からばんばん着信入ってて、母親がそれ見てブチ切れて、タオルにくるんで自分のカバンにしまってた。
    なんか今になって顎が痛くなってきて、鏡見たら赤かったのが紫っぽくなってきてグロくて泣きそう。

    022ELLY18412_TP_V

    440: 名無しさん@おーぷん 2016/10/18(火)12:47:01 ID:zvq
    昨日の朝、出社しようとドアを開けたら見知らぬ女が陰に座っててびびった

    女「ここ鈴木さん(仮)のお宅ですよね?」
    俺「違いますが」
    女「嘘ですよね、だってここ鈴木さんのお宅ですよね?」
    俺「いいえ、違いますが」
    女「なんで嘘つくんですか、ここ鈴木さんのお宅ですよ?」
    俺「嘘じゃありません」
    女「昨日も鈴木さんに会ったのに」
    俺「僕ここに5年住んでますが」
    女「鈴木さんをどこにやったぁああああ!!」

    で、持ってた傘で殴打されて警察呼んだけどタヒぬほどびびった
    警察が近所徘徊してる女を捕まえたけど、施設から一時帰宅してきたキジルシさんなんだって
    ご両親がすっ飛んできて謝られたけど、謝ってる暇があったら俺の代わりに会社に行って
    仕事してきてくれよ・・・と思ってしまった
    今日も休みにされちゃったし、どんだけ仕事がたまってるか考えるだけで憂鬱

    19322D009_TP_V

    939: 1 2009/07/27(月) 11:26:01 ID:ErefBN5C0
    不完全燃焼気味でモヤモヤなので、数年前の俺の修羅場を書いてみる
    ところどころフェイクも入れるけど許してくれ
    書き溜めていないから少し遅いと思う

    俺  25 普通であると思いたい
    A子 26 結構可愛い感じ
    A男 30代前半 スポーツ刈りみたいな頭

    俺とA子は同じ職場で働いていた。
    A子は×1でそこそこ可愛く愛想も良かった。
    接客業で勤務時間も同じA子と話をしている内に距離も短くなってきて、自然と男女の関係になった。
    時折、子供をつれて来たりして、俺のPCで遊ばせたりとかもしてた。
    俺はといえば、一人暮らしで食事もろくに取らないもんだから、A子が何かと差し入れを持ってきてくれて、それを食べたりして雑談とセ○クスの日々だった。

    ある日の休日、俺は休みで家でモッサリしてた時、A子がいつものように餌付けに来てくれた。
    お皿に盛られたカレーピラフを平らげて、食欲が満たされた俺はデザートにA子を頂いた。
    事も終わって話をしていると、A子が子供を迎えに行くから帰ると言いはじめた。
    そういえばそんな時間だな、と思い、玄関まで見送ろうと立ち上がった時、なるはずのないインターホンが鳴った。

    と言うのも、俺の住んでいたアパートを知っているのはアパートを経営している両親に紹介してもらったA子と俺の母親と会社では社長と後輩が1人と女友達が1人の計5人程度しかいない。
    荷物が届く事もないし、新聞は全てないがしろにしてるから近所の新聞屋ではブラックリストにも載ってるので勧誘にも来ない。

    このページのトップヘ