ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    SHI86_tableset1342_TP_V
    610
    : 名無しさん@おーぷん 20/10/14(水)16:20:26 ID:JJ.mq.L1
    数年前の話。長文失礼。

    当時、私は保険の営業をしていて、ある時母の職場の方が有り難いことに保険の見直しの相談をもちかけて下さった。
    母と一緒にまずは挨拶がてら食事でもしながら状況を伺って方針を決めましょうということになった。

    当日、先方の希望で隠れ家的なと言えば聞こえがいいが、半径1kmくらい田んぼと畑しかないど真ん中にポツンとある古民家を改装したレストランにてお会いすることに。
    私は普段東京で車は持っておらず、その日は母の運転でレストランに向かった。

    席に通された時にはすでに先方は着席されていたのだが、母の同僚(以下A)のほかに、私より少し年上に見える男性がいた。
    挨拶してみれば息子さんだという。
    せっかくなので息子さん(以下B)も一緒に相談を……とおっしゃるので、突然のことに驚きはしたが、2件の契約になったらいいかぁとホクホク気分でいたことは否めない。
    さて注文……というところで母に電話がかかってきた。
    母方の一人暮らしをしている高齢の親戚が、ぎっくり腰(後日判明)で動けなくなってしまったというヘルプコールだった。
    母は急遽そちらに向かうことになり、私の帰り足を心配してくれたが、タクシーを呼ぶから大丈夫と送り出した。



    ELL86_yasasiihikari_TP_V
    363 :ガールズにちゃんまとめ 2019/01/10(木) 12:12:37 0.net
    兄の家で母が同居中
    兄嫁から「もうお母さんとは暮らせません」と言われた
    母も兄も兄の子たちも一緒に暮らしたいと言ってるそうなので
    「じゃあ出ていくのはお姉さんじゃないですか?多数決で」
    と答えたらすごく怒ってた
    私間違ってないと思うけどなー

    ELL19613034_TP_V
    19: 名無しの心子知らず 2010/04/07(水) 10:06:58 ID:zzNiY8Y2
    そっと投下。

    小さい頃の話で、三十年近く前だけど…今でも覚えている出来事。
    メ○ードの美容部員?を母と同期でやっていた人Aがいて、その娘A子とは歳も一緒で家が近く、よく母娘で遊んでいました。

    その母娘(プラス下に弟B)がうちに来たとき、無くなってしまったイルカのぬいぐるみ。
    三匹色違いをまとめて大事にしてたうちのひとつが無くなって、母と一生懸命探しましたが見つからずに落ち込んでいました。

    後日Bくんが自宅にてそのぬいぐるみを無造作にもてあそんでいて、
    「私のだから返して!」と言えなかった気の小さい私は、帰り道母に訴えました。
    母も私の大事にしていたものだと気づいていたようでしたが、
    「お母さんの大事なお友達だから…ね?○○くんはまだ小さいから、ひとつあげようね」と。

    今思うと、子供の前で母なりに考えた末の発言だったかもしれません、そのお母さんとは次第に疎遠になったようでしたから。
    しかしあんなに大きなものを、人様の家からしれっと持ち出す人の精神構造が解らない。
    そして自宅に持ち主が来ていても、平気で出しておける神経とか。

    Aの実家は近所にあり、裕福な地主さん。本人も、とても綺麗な人。
    おっきくて優しいお父さんが日曜は私たちも呼んで手作りカレーをごちそうしてくれたり、うちではとても買えないような家電のオモチャがたくさんあったり…
    (洗濯機とか掃除機。リアルに洗ったり吸ったりするもので、当時は珍しく憧れでした)
    そんなに恵まれているくせに!…って、子供心に傷つきました。

    イルカのぬいぐるみは、外に女の人がいてなかなか家に帰ってこない父が、ある日罪滅ぼしのように私にくれたものでした。
    「色ちがうのもいたぞ」って言うから、「ぜんぶほしい!!」ってお願いしたら次に買ってきてくれて。

    灰色がお父さん、ピンクがお母さん、水色のを自分と言う設定で、いつもくっつけて置いていたんです。
    今思い出すとちょっと切ないなぁ私w

    泥するような母親はゴミ。
    子供の大事なものを盗るような輩も多いようで、ココ読んで驚いてます。



    037mushi2054_TP_V
    470: 名無しさん@おーぷん 20/02/13(木)20:45:02 ID:o2.ql.L1
    母が兄に「もう帰省してこないでほしい」と言った時、驚きを通り越して衝撃だった
    兄:社会人2年目で一人暮らし
    俺大学1年生で寮住み

    上記の発言は今年の正月に父母・兄・俺が揃った時に言い放たれた
    母のたまわく「大学を卒業させ、学費も出したし(両親は共に公務員)、社会人2年目ともなれば最早養育の義務は果たしただろう。
    ついてはもう長男くんは帰省してこないでほしい。ここは私達の家で、入れる人間は私達に選ぶ権利がある。
    正直に言って長男くんを人間的に好きになれない。この年齢になると好きでもない人間を二時間以上テリトリーに入れるのは苦痛だ。
    ここまで育て、金を出したことで充分だと思う。もう私達を解放してほしい」

    言ってる意味は俺にもわかった
    兄貴は反抗期がむちゃ長くて厄介だった
    7、8年間はずっと反抗期だったと思う
    家族が嫌いなら一人暮らしすりゃいいのに大学生の間もずっと実家にいて、暴言の嵐だった
    直接親を殴るようなことはなかったが壁殴ったりガラス割ったりは何度もあったし、親の車をわざと車庫の壁にぶつけてベコらせたりもした
    大学3年あたりから何となくおさまり始めて、今は何でもなかったように接してくる
    兄貴の反抗期の一番の犠牲者は母だったが、今はお母さんと呼ぶことはないにしろ、昔みたいにババアだの(放送禁止用語)だのとは呼ばず
    「ねえ」とか「ちょっと」と呼んだりしてかなり丸くなっていた
    その矢先の「もう帰省してこないでほしい」発言

    兄は驚きブチギレたが母は淡々と別室に異動
    兄はドアを蹴りまくっていたが父に「これ以上暴れるなら警察沙汰にするしかないが良いか」と言われ帰った
    なぜか帰り際に八つ当たりで俺が一発殴られた
    「俺は今後も帰ってきていいのか」と両親に訊いたらなぜか泣かれて抱きしめられた
    「荒れた家庭を見せてしまってすまないと思っていた」と謝られたが、別にそこは父母のせいではないと思う
    現在、ちょい帰省してきてるんだが
    ピンポン鳴ったからモニタ見たら兄貴がニヤニヤ立ってるの見た時も衝撃だった
    あそこまで言われてよー来れるなと


    marbee0319sakura_TP_V
    416: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/26(木) 15:32:01.22 ID:65Xq1+pD
    うちは母が離婚したけど、名字を旧姓に戻さなかった。
    すると旦那が急に「お母さんは無縁仏になるんだね~。」と言ってきた…。
    私が泣いて抗議しても
    「だって名字違うから実家の墓には入れないだろ?同じ理由でうちの墓も無理。ほら、無縁仏。」
    だって。
    母はまだ50代でピンピンしてるので正直お墓のこととか詳しく調べてなくて、泣くことしかできなかった。
    私の気持ちを考えずこんなことを言える旦那だったんだ…と気付いたことが衝撃的だった…。



    このページのトップヘ