ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    泥棒

    145: 名無しさん@HOME 2018/09/29(土) 18:37:57.28 0
    私20前半、コトメ高校生。 
    私の趣味は結構奇抜な服のジャンル。 
    服とか靴とかその店舗限定のものや一点ものも多くて高いもので5万とか普通にする。 
    身長が同じくらいで私はウエスト52cm、コトメは知らないけど自称マシュマロ系。 

    確かに太い人が着る事も多いファッションなんだけど 
    自分のサイズに会わせた服を買っているわけで、コトメが着ると最悪二度と着れないものもある。 
    伸びてしまった状態でクローゼットに戻されている事もあって、
    でも現場を抑えた訳じゃないなら否定されつづけるという状況だった。 

    この間、ちょっと遠くの百貨店に行ったら友達と歩くコトメ。 
    どう見ても全身私の服。 
    コソコソ逃げ出そうとしたコトメを追いかけて他人のフリされたけど 
    周りの子にもわかるように事情説明。 
    3人いたけど3人とも常識ある子だったようで、コトメを責めだした。 
    コトメ、ヒス起こしながら「じゃあ脱げばいいの!?」と金切り声。 
    お母さんには言わないで、と叫ぶコトメをとりあえず旦那の車に誘導、友達も手伝ってくれた。 
    旦那は一目で状況を理解。 

    良トメもコトメをギッチギチに〆てくれて、分割で今までダメにされたものを現金で弁償。 
    でもコトメは口だけの謝罪。ほんっとムカツク…


    611: 名無しの心子知らず[sage] 2009/09/14(月) 08:30:49 ID:q/zNt6TC
    自己紹介乙なのに遭遇したんだが、今から投稿してもおk?

    830: 名無しの心子知らず 2009/12/19(土) 22:06:45 ID:YHgurAP7
    三行で書いてみる。 

    2ヶ月前に軽ワゴン盗まれ盗難届け出した。 
    今日の午前、同じ幼稚園に通うAママ事故る盗難車と判明。 
    さっき警察から帰ってきた。疲れたよ。

    KM19814245_TP_V

    811: 名無しの心子知らず 2010/03/31(水) 21:36:18 ID:ORpEMJ72
    姑がしょっちゅうしなびかけた野菜とか送ってきて迷惑してたんだけど、
    佐川さんが私が留守のときに玄関前に放置→ドアポストに荷物置いておきますと手紙
    →上の階の泥ママが荷物をパクル→中身がアレすぎて腐ったものを押し付けられたと泥夫に泣きつく
    →泥夫が私夫にちくっと嫌味「お宅の奥さんに腐ったものをおしつけられて~」
    →私夫が私に「腐ったものあげたんだって?」と文句を言ってきたので
    ・あげてないし盗まれたもの
    ・しかもお前の母親がいつも送ってくる荷物
    ・どんなすごいものを送ってきてたか他人に言われて気付いたか?と反論。
    夫、私に平謝りで姑に荷物は2度と送るなと釘刺し。
    泥夫に「あれはあげたものじゃなくて玄関先から盗まれたものです」と伝え、
    泥ママは実家に帰されてしまった。
    あ、佐川さんはいつも来てくれる人で、姑の荷物は責任を問わないので玄関前放置おkと合意済み。

    813: 名無しの心子知らず 2011/07/05(火) 06:19:37.08 ID:1M37Tohn

    まむしで思い出した 
    所々フェイクがあるので、ツジツマが合わない部分があってもご容赦を 

    去年のこと 
    我が家は玄関先に幾つか水槽や睡蓮鉢を置いて、 
    その中でメダカやザリガニや亀やナマズなんかを飼っている 
    玄関は公道から奥まった位置にあるけど、たまに近所の子供が水槽を覗いている 
    こちらも増えたメダカやザリガニをタイミングが合えばあげたりもする 

    ここまではよくある光景 

    近所だった事もあり昼休みに見回りも兼ねて職場の制服(ナース服)のまま一旦家に戻った時、 
    知らない女が水槽鉢の前でがさがさしていた 
    私は過去にカッターナイフを振りかざした基地に追い掛けられた事があり、 
    サシで対決する勇気が無かったので、
    とりあえず物置で置いてあった高枝切りばさみを構えて潜んでいた 

    警戒しつつ様子を窺うと、持参のしまむらの袋にメダカを詰めたいのか、 
    水槽鉢を素手で掻き回している 

    しかしメダカはそこまで愚図じゃない 
    諦めたのか隣のザリガニ水槽に挑むが、ザリガニの隠れ家として色々入れてあったのと、 
    これまたすばしっこいザリガニで捕まえられなかったらしい 
    また諦めたのか隣の巨大水槽へ 
    この巨大水槽には全長30cmのミドリガメが居る 
    ミドリガメは20歳のオッサン亀で、20年共に育った言わば私の兄弟のようなもの 
    連れて行かれたらどうしよう!と、後先考えずに高枝切りばさみを構えて物置から出た 

    その時、女が叫んだ 
    「ぎぃやあああああああ!!!痛い!!!痛い!!」 

    何事かと思って見たら、女の人差し指にミドリガメがガップリ食いついていた 

    食いつかれた指からはちょっと流血していたと思う 
    高枝切りばさみを構えたまま唖然として見ていたら、 
    私に気付いた女がミドリガメごと手をしまむら袋に突っ込み、そのまま逃走しようとした 
    私はとっさに突高枝切りばさみで女を足払いして、その衝撃で女は転んで、 
    更にミドリガメ入りのしまむら袋は元の巨大水槽に落ちた 

    この時になって家に居た父と、一緒にお茶飲みしていた
    近所のおじさんが女の絶叫に驚いてやってきた 

    (その時私は、倒れて喚く女をナース姿で高枝切りばさみでトゥ!トゥ!と突いていて、 
    一瞬おやじ二人でどっちが奇声を発した基地か分からなかったと←後日談) 
    女はおじさんと顔見知りらしく、私は女を父に託し、事のあらましを話し、
    ミドリガメの無事を確認してから取り合えず仕事に戻った 


    このページのトップヘ