ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    KUMA1892016_TP_V

    936: 名無しさん@HOME 2011/04/09(土) 12:27:46.77 0
    チラ裏シモでナプキンの話が出ていたのでそれに関するDQN返し。
    シモ系なので嫌いな人はスルーしてね。

    同居トメがナプキンのチェックをしていた。数とか。
    心底気持ち悪いことに使用済みの分もチェックしていた。
    ちょっと月経過多気味なのですが、経血の量云々て言われて気づいた。
    もう、なんだかトメが気持ち悪くてしょうがなかったので旦那に言った。
    「中々子どもが出来ないから心配してるんじゃないのか。ちょっと行き過ぎた親心だよ」ってそう言う問題じゃない。
    第一、計画小梨なのに。それも言ってあるのに。

    あんまり気持ち悪くて姉に愚痴った。それで、別居した方がいいんじゃないかって話になったけど、
    さっくりとはいかなかった。
    で、お盆に私の実家に泊まってたとき、ちょっと気分が盛り上がって致してしまった。
    次の日、夜になってから旦那がものすごく怒って帰るって言う。気持ち悪い。信じらんないって。
    どうしてか聞いたら、父に、「中々子どもが出来ないのは旦那君の精●の量が少ないんじゃないか。ゴミ箱に捨ててあった避妊具をチェックした」
    と言われたらしい。分かんないようにくるんでコンビニの袋に入れて捨てたのに。大体がそんなことを言ったことがない堅い人なのに。

    二人で揉めてたら酔っぱらった父が来て、「なんで怒るんだ。親心を君は分かってない。君のお母さんだって同じことをしてるんだろう」
    って言った。そこで私は父の真意に気づいた。

    あとで聞いた話ですが、姉>母>父と話が伝わったらしい。
    ゴミ箱はチェックしたわけではなく、ティッシュだけいっぱい入った袋が捨ててあったので、母が勘を働かせたらしい。
    でもそのときはなんてこと!と気が遠くなるようだった。実の親だからこそちょっとね…。
    母としてはここできつくお灸を据えとかないと旦那には分からないと思って父をせっついたそう。
    普段酔わない父がだいぶ酔っぱらってたので、言うまでの葛藤が大変だったんだろうなと思った。

    旦那もそこで「あっ」と思ったらしくとても反省してトメをきつく締めてくれたが、そこまでされないと分からないんだと思った私は
    とても冷めてしまって少しして離婚した。


    ZUBDSC_6814_TP_V4

    926: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/31(木) 21:48:05.21
    父が事件を起こして、そこから逃げ出すまでの修羅場
    PCでやる犯罪(違法アップロードとか)で
    PCを押収されて父が事情聴取から一度帰されたとき
    「お前がやったことにして欲しい」と私に土下座してきた
    我が家のPCであることは分かってもその時間誰が使ってたかは
    家族で口裏合わせたら何とかなると思ったんだろうね
    母は専業主婦、兄弟で一番年長の私が大学生、唯一の働き手を失いたくない家族に
    濡れ衣着せられそうになったので警察に相談
    警官に言われた通り家族の発言を何とか録音して警察に渡して逃げた
    警察からの口添えもあり、大学は母が押し掛けてきても私に取りつがずに追い返してくれた
    何とか大学を卒業し、就職先を言わずに引っ越して完全に音信不通になるまでが修羅場

    ELL19613038_TP_V

    515:名無しさん@おーぷん2016/05/11(水)16:44:50ID:pg0
    今となっては家族でも笑い話になる俺の修羅場
    俺と母、弟、妹は血が繋がっていない。
    というのも、俺は父の連れ子で弟と妹が母の連れ子
    俺が小3の頃にバツイチ同士で再婚したけど、俺が中2になって
    父が浮気して一人で相手の女の所に行って帰って来なくなった
    当時母はそれを俺に隠していたのだけど近所のステレオタイプの噂好きオバさんから
    聞かされて1人修羅場に突入した
    何せ父は再婚したときも母の家に転がり込んだ
    父が出ていったと言うことは血の繋がっていない俺は他人になる
    そうなると今住んでいる家に住む権利はないと思ってしまい
    その日の夜、皆が寝静まった頃を見計らって
    置き手紙と布団のシーツを風呂敷がわりにして必要な物を背負って玄関に向かうと
    そこには母が仁王立ちしながら、どこのネズミ小僧だって呆れていた
    その時母は荷造りの時に音がして起きたと言っていたけど
    後々聞いたらその日俺は様子がおかしかったみたいで察しはついてたらしい
    仁王立ちの母を前に俺が今までのお世話になりましたって頭下げたら
    母は俺を張り倒してリビングに連れていきしっかりと抱き締めて
    あの人がいようがいまいがアンタは私の子だ変な気起こすな馬鹿たれと言われて二人で大泣きした。

    そしてさらに今年のGWに婚約相手を実家に連れていったら
    その話と当時書いた置き手紙まで彼女に見られて1人修羅場に陥った
    まさかまだ取ってあったとは……

    PJMIMGL0238_TP_V4

    431: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/04(土) 18:43:15.47 ID:kXQF5P1Y
    7~8年くらい前の話
    父が亡くなり葬式の人手が足りなくて、当時の彼氏に手伝いを頼んだら
    「ハァ?何で俺が手伝いなんかやらんといけんの?」と言われた(彼は父と面識あり)
    職場の同僚からは「お気の毒だったね。葬儀とか手伝えることあったら何でも言ってね」と温かいメールをもらった
    地元の友達も駆けつけてくれて色々手伝ってくれた
    彼氏は葬儀には来たけどさっさと帰った
    男としてというか人間として有り得ないと思って別れた

    RED19526008_TP_V

    138: 可愛い奥様 2009/09/22(火) 12:48:18 ID:g26f0rCA0
    色々過去の経緯があって書くのがめんどうだから書かないけど。
    父が喉頭がんになって 治療方針を話し合ったとき。
     
    今手術すれば5年生存率は50%以上です。と医師にいわれた。
    (医師は当然「手術すんだろ」という前提で話してる)

    「生きても面倒見切れない。生きててもらっても困る。
     だから手術ない。 早めにタヒんでもらいたい」と宣言して治療を放棄した。
    医者は「そーですか。じゃーさっさと退院しろ」と言い捨ててそのまま出て行った。

    半年後に無事タヒんだけど。
    本当のタヒ因は喉頭がんではなく タヒの直前に急に発病した胃がんだった。
    私が杀殳したことにならないように 胃がんになってくれたような気がした。

    このページのトップヘ