ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    PP_taiyounohana_TP_V

    771: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/16(金) 15:41:11.19 ID:yvRM6x1R
    父親が癌で入院している時、夜中に家にいると病院で付き添ってる母親から電話がかかってきて
    「そろそろ来ておいて」と言われて父親のタヒを悟った。
    車で行くと一方通行が多く遠回りになり25分くらいかかるのだが自転車で裏道を行くと10分くらいで着く。
    急いで自転車を漕いでいると警察官に止められた。

    夜行灯は灯していたんだが夜中だからか不審者扱いされたのか職務質問に発展。
    俺は急いで病院に向かいたい旨を伝えたが、自転車の登録ナンバーの確認やらなんやかんやで30分くらい拘束され、
    その途中に父親が息を引き取ったと電話があった。
    俺が何を言ってもニヤニヤして「とりあえず確認だけだからw」と話を聞いてくれない警察官にムカついた事を思い出した。

    PPW_pinknobaratoamatubu_TP_V

    197: 名無しさん@HOME 2009/03/11(水) 14:35:18 O
    久しぶりに同窓会があり、窶れた元夫と会った。

    愛情なんて1ミクロンも残っていなかったのでざまぁみろ。

    元夫と私とは大学から恋人でそのまま私の父の会社に二人で就職。

    父が私を溺愛していたので、元夫を婿養子にしたかったみたいだが、義実家のものすごい反対により断念。

    エネmeでもあった私はそのまま義実家に嫁いだ。
    トメは私の父がムチュコたんを雇用しているという状況が気に入らなかったらしく、しきりに元夫に転職を薦めていた。
    だけど父の計らいでこれ以上ないという位優遇された職場以上の所を、新卒でもない夫が見つけられる筈もなく辞めなかった。

    TSURU1891038_TP_V

    223: 名無しさん@おーぷん 2015/12/10(木)22:36:03 ID:siC
    流れ読まないでかく
    私は昔、中学生なりたてて覚えたハヤシライスを父に作った。
    すごい感激されて、調子に乗り多くて週に1回とか作ってたんだよ。
    時は流れて結婚が決まって最後の夜もハヤシライスを作った。

    父は黙って間食したあとビールを流し込んで「〇〇に昔から言いたかったんだけど、俺はハヤシライスが大嫌いなんだ!すまない!」
    「苦痛で苦痛で仕方がなかった!」と言われた。
    当時は一瞬固まるほどショックだったよ…
    だってずっと我慢してたんだぜ?食べるのが唯一の趣味の人がさー
    こんな苦痛を味あわせてたとか自分が許せない。
    昔からよく「有無を言わせない雰囲気ある」とか「注意しにくい」色々言われてきたけどまさか身内にまで強いてきたとかあり得ない

    悔しくて料理教室通ったわ

    社交辞令でたまには里帰りしてなんて言われるけど信じない。

    身勝手を承知でいうと個人的に胸糞。

    188

    439: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/26(月) 20:44:08.86 0
    俺が海外出張中に親父が再婚、その2年後に事故タヒ
    帰国したら義母(再婚相手)を差し置いて喪主を務めることになりてんやわんや
    しかも自宅が鼠園のキャラで埋め尽くされてて呆然、家中に壁紙まで貼ってやがった
    どうにか葬儀が終わったら、義母から1週間以内に荷物を処分して家を出て行けのお達し
    「私はお父さんみたいにあんたを甘やかさないから(キリッ」って、超上から目線で言われた

    でも実は自宅の家土地一切俺名義で、ローンも固定資産税も俺が払ってる
    実母との離婚時に「将来何があるかわからないから」と親父から言い出して、俺が買い取った形になってる
    遺産の整理もしてないから知らなかったんだろうが、義母のアホさ加減に呆れた

    53

    140: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:39:16.00 0
    両親が熟年離婚をした。
    原因は父の、モラハラになるんだろうか。

    父には、人前や子どもである私達の前で母を落とす癖があった。
    料理の味付けが気に入らない、と顔をしかめていうのにどこが悪いのかは言わない。
    どこが悪いの?と聞くと、こんなことも分からないのか?と絶対に理由を言わない。

    人前では、こいつブスでしょ、○○さんの奥さんが羨ましいですよ!とか、こいつは食うだけの主婦とか、そう言った感じだった。

    母は何も言い返さなかったけど、代わりにもともとうまかった趣味の道でパートをするようになった。
    それでも父は、いや、更に激しく母を落とし続けた。

    このページのトップヘ