ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    002ELLY18420_TP_V
    前編はコチラ




    917:名無しさん@お腹いっぱい。2008/04/22(火) 08:31:04
    589の嫁さんらしき書き込み、家庭板でハケーン。

    逃げられ寸前だぞお前www
    これで嫁さん決心したかもwww

    YAT4M3A9538_TP_V
    589:名無しさん@お腹いっぱい。2008/04/21(月) 21:38:55
    ちょっと愚痴なんだけど聞いてくれ。
    嫁に腹が立ってるんだけど、こんな嫁さんならどう対処するか
    教えて欲しい。

    俺の親父が近々定年退職を迎えるわけ。で、無事定年まで
    勤めましたっていう葉書を出したいっていうから
    俺がOKしたのね。嫁PC持ってるし葉書の裏の
    デザインしたり文章考えたりするのが好きだから。

    嫁に作ってって言ったら第一声が
    「ちゃんとしたものの方がいいから印刷屋に頼め」だったのよ。
    一瞬ハア?って思ったけど何とか嫁にお願いして作ってもらった。
    で、出来たよって渡されたのが裏面だけ。
    表面もきちんとして!って言ったら、「自分で書け」って。
    PCあるんだから表面位簡単だろって言ったら今度は「データくれ」って。
    親父の手帳渡したら、
    「全部打ち込むの面倒くさい。
    データでくれるなら簡単だけど300件も打ち込むの嫌だ。
    同一人物で住所がダブってる人何人もいる。
    旧住所(統合前の住所)の人もいる。
    字が汚くて読めない」って、文句つけて表をしてくれない。

    親父からは、まだか!って言われるし
    (嫁さんがしてるの知ってるから嫁に対して不満)
    嫁は「それが頼む態度か」て俺に愚痴いうしどうすればいい?
    嫁が折れて、自分で住所とか確認して入力してくれればいいと思うんだけど。

    kazuhiro17810006_TP_V
    506:1/7 ◆L/mGcS59bE2012/01/17(火) 19:01:13.94
    フェイク込みで。
    父がエネ夫だった。

    父:50代後半、資格職
    母:50代後半、主婦
    私:20代後半、資格職(同居)
    妹:20代前半、一般職(同居)
    弟:10代後半、学生(遠方に下宿中)

    30年前、長男教一家に育った父と見合いで結婚した母。しかし翌年男児を流産。

    失意の最中に祖母、伯母から「人ゴロシ」「嫁失格」等の㬥言を受けた母は
    父に泣きつくも、父は我関せず「甘えるな」で切り捨て。
    母はその後も後継ぎ梅攻撃を受け続け、弟が生まれたことでやっと嫌がらせが下火になった。

    ELFA711013_TP_V
    204:おさかなくわえた名無しさん2007/01/17(水) 10:12:57ID:CwFRCRVd
    結婚後の生活についての話し合いが付いて
    じゃあ私の両親に会ってみるか、という事になったのですが
    もめてしまい困っています。

    まず父は、娘が嫁ぐのが初めての経験で
    「お嬢さんを僕に下さい。」というのを期待してたようです

    が、彼の口から出たのは
    「○○さんと結婚します。
    出来る事なら○○さんのお父さんにも認めて頂きたい。
    ○○さんも祝福された中で結婚する方が幸せだと思います。」
    とかどうとか・・
    言葉はもっと婉曲でしたが、要旨はこんな感じだったと思います。

    これに父が激昂。
    自分が大事に育ててきた娘を嫁がせる信用に足る相手だとは思えない。
    守り養う覚悟も無ければ親に対する礼節もわきまえてない。と
    彼が帰った後もずっとこんな感じでした。。

    一度のやりとりで彼の本質を見抜いた父を見直したし、
    そんな父の反対を押し切ってさらにまたまた
    彼に謝罪してまで結婚すべきかどうか悩みが深くなりました。

    いつも饒舌な彼が「怒らせてゴメンな」としか言わないんだけど
    いつもならキュンとくるはずが、その時は不思議と
    ザマミロとしか思えませんでした。
    こんな状態で結婚するのは危険ですよね?

    015ELFA1116_TP_V
    900:おさかなくわえた名無しさん2017/10/22(日) 01:04:46.77 ID:b14gR2SL
    離婚後ほぼ音信不通だった父が私の勤め先である某総合病院に患者として運ばれてきたこと。
    突然、救急外来の看護師から「お父さんがが来ている」と内線。
    この時点でプチパニックだが、名前・生年月日が一致するので確認に走ると、間違いなくうちのバカ親父。
    まだ親族誰も到着していないので、諸検査の同意、持病etcわかる範囲でと聞かれるが、
    名字も違うのに何故?と頭の中は?だらけ。
    その後通報&付き添ってくれた父の友人から状況を確認して、疑問が晴れることに。
    友人、彼女経由で教えてもらい父の母(祖母)に連絡。

    祖母「都合がすぐにはつかないが、その病院には〇〇の娘(私)が働いている。
    職種はXXで名前は△△なので探してもらえないか(ちょw)」
    友人、そのまま看護師に伝え、またまた顔見知りだった救外看護師がもしかして?
    と連絡くれたというのが事の顛末。
    この後、祖母の代わりにやって来たおばと再会&父の彼女に初対面。
    彼女が私とほとんど歳変わらなかったというのも個人的修羅場。
    もちろんこの事母には話してない。

    このページのトップヘ