ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    父親

    MIZUHODSC_0104_TP_V

    866: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 14:15:09.27 ID:trHGN5GM
    私の大学時代の修羅場
    大学に入って仲良くなった友達にR子って子がいた
    R子は色白で目がくりくりしてておしゃれな女の子のテンプレみたいな子だった
    学祭の時期にR子は友達何人かとバンドを組むことになったらしくうちの父親に楽器を教わりたいと言ってきた ちなみに父親は学生時代からとある楽器をやってて結構な腕前

    hiroDSCF8768-Edit_TP_V

    320: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)15:03:45 ID:D2l
    私の黒は、中学生までDQNだった事。スタンガンで通り魔紛いしたり、家に火をつけたり、バイク燃やしたり。
    不良や教員に消火器ぶちまけたり、ガラス割ったりそのたんびに父が処理してくれた。母親は私の奇行が恐ろしくて行方不明。
    かっこは普通だったのでいまでいう真面目系クズ。

    末期は同級生を3階から落とそうとして失敗して、父親に「これ以上ごまかし切れない、庇えない」という言葉にキレて父のゴルフバットで頭蓋骨陥没。
    タヒななかったけど言葉にちょっと障害が残ったのを見てやりすぎたと反省してピタリとやめた。
    別にバカって訳じゃないかったので引っ越して高校からは真面目に通って大学まで行って就職先で出会った旦那と結婚した。
    父は私が大学出てすぐにタヒんだよ。
    陥没した所に血がたまってたから間接的に私がコロしたようなものかもね。

    624 :ガールズにちゃんまとめ 2016/03/16(水) 11:31:27 ID:Wcu
    卒業したら結婚するつもりで、大学の春休みを利用して彼氏(社会人)の実家にご挨拶にいってきた
    彼氏の母親は10数年前に離婚して家を出ていて、実家には父親のみ

    彼氏の父親と会ってみたら、
    ・結婚したら即同居
    ・家事育児は女の仕事だから、(私が)一人で全てこなすこと
    ・彼父は私たちの結婚を機に退職するので、経済的に不安だから(私は)結婚しても働いていい
    と滔々と条件を語られてリアルに目玉ドコーを味わった
    彼氏は隣でにっこにこして「よかったな、認めてもらえて」とご満悦

    呆然としながらなんとか、
    ・家事が女の仕事なら、男は稼いでくるのが仕事では?家事させた上に女も稼がせるの?情けなくない?
    ・彼父がまだ若いのに退職するなら、家のことは多少すべきでは?
    ↑病気等での退職ではなく、「いやになったから」退職するということは言質とれた
    と言い返したら、とたんに彼父・彼氏ともに鬼の形相

    こんなじゃじゃ馬は嫁として認められない、躾けてやるから覚悟しろと脅されて
    慌てて彼実家から素足のまま飛び出してきた
    彼氏が追いかけてきたけど私が「タクシー!助けて!」と叫んでかばんを振り回して
    周囲の人に注目されたせいか、何か捨て台詞を吐いて去っていった

    今となっては本当に男を見る目がなかったと猛省中
    ただネットを見ていたおかげで、大事な席ではICレコーダー必須と知っていたおかげで
    上記の彼・彼父の非常識発言は全て録音済み
    彼氏に別れを告げたら、何をするかわからんぞ、と脅されたので、逆に私からも
    この音声をどうしようか、と脅しつけて黙らせた

    とりあえず親に相談して、第三者を挟んで別れの原因と今後について一筆書かせる予定
    非常に疲れた

    538 :ガールズにちゃんまとめ 2016/10/11(火) 10:39:23 ID:t85
    うちの両親は父親が浮気して離婚したんだけど、十年以上たって、
    父親が認知症に患ったと不倫相手から連絡があった
    内容はぶっちゃけこっちで面倒見れないかということで、
    人から奪っておいて…と私と母は断ったもののしつこく、
    とりあえずこの調子じゃ心配だからと一度様子を見いくと

    不倫相手をうちの母親の名前で呼んでいる父と対面する羽目になった

    不倫相手によれば、病気のせいで過去の記憶の方がよく呼び起こされるのか
    最初は物忘れや記憶違い程度だったのが、段々遡る様に記憶がなくなり
    今では不倫の事も忘れて前の家庭の事ばかり話すようになった、とのこと
    不倫相手のことをうちの母親だと思い込んでるらしい

    流石に何とも言えず、母も同情的になって(私は散々止めたんだけど)結局引き取りを認めた
    父の親族の嘴とか、もともと幼馴染だった関係から
    情を捨てきれない面とかいろいろあったんだろうけど
    話し合いを重ねていた中で、いつの間にか父の中の認識が正され
    母を母として扱い、不倫相手を近所の人として接するようになったのが決定打
    不倫相手のほうが心の調子を崩しまい面倒を見ること自体が不可能に

    324 :ガールズにちゃんまとめ 2016/09/27(火) 21:15:51 ID:SxN
    高校2年の秋、部活のユニフォームがヘタレてきて、でもその頃両親の仲が悪くて言い出せなかった。
    俺が何を言っても父が「お前の教育が悪い!」と母にキレるんで何も言えなかった。
    大げさじゃなくマジで、「ハンバーガーうめー」って言っただけで
    親父が「息子が底辺の食い物を食うバカ舌になった!おまえのせいだ!」って母にブチギレる日々だった。
    俺はユニを自分の貯金で買うことにした。
    小学生の時以来ほぼいじってない通帳とカードを持って(入金は母任せだった)ATMへ行った。
    20万くらいあるはずの残高が800円代だったのが衝撃。

    通帳記帳したら毎年のお年玉は入金されていたが、中3の夏と高1の冬にごっそり引き出されていた。
    犯人は親父でした。
    暗証番号を誕生日にしてた+机の引き出しに入れっぱな俺も悪かったが
    まさか家庭内に泥棒がいるとは。
    俺のお年玉は親父の浮気相手の誕プレとホワイトデーに消えたそうです。

    と言ってもすぐ↑が判明したわけではなく、半年くらい黙っていた。
    なんとなく父が犯人なことはわかっていて、母に言ったら離婚のトリガーを引いてしまう気がして言えなかった。
    今思えばさっさと言うべきだったが高校生だったしな。
    離婚後父がのこのこ会いに来て「愛人が最近冷たいんだけど、お前だったら何買ってあげる?」って
    真顔で訊いてきたときも衝撃だった。

    268 :ガールズにちゃんまとめ 2015/07/26(日) 09:59:32 ID:c8o
    思い出したので投下します。

    10数年前の話なのですが、父親が再婚してその相手は私の12歳上の人。
    で、向こうが妊娠したら私も妊娠しちゃって、数ヶ月違いで出産になりました。
    自分の子供が1半歳ぐらいの時に、みんなで食事会をするからお前らも来い!と父親に言われて父親の家にお邪魔しました。

    当時父親の家には父親と継母と腹違いの妹プラス胃がんのおじいちゃん(父親の父親)が一緒に住んでいたのですが、出されたおかずは…

    焼肉…

    しかも焼肉のみ…orz
    野菜無し…

    一応我が家から豆腐田楽を作って持って行っていたので、それとごはんだけでもいいかな?と思ったんだけど、さすがにおじいちゃんはもう焼肉は食べられないから、
    「卵焼きでも作ろうか?」
    と行ったら
    「卵買ってくる!」
    と1時間半…

    卵40個買ってきました…
    なぜ40個も…orz

    結婚するまで実家を出ず、家事も全くしてなかったらしく、料理も全く無理な人だったから、家事はしょうがないかぁ…とは思っていたけど、自分も子育てして子供の食とかも分かっているはずなのに、その気遣いもなく、胃がんだと分かっている相手にまでも気を回せない事にスレタイ。

    父親は自分よりも10以上も若い嫁さんを捕まえたから、しょうがないというか「かわいい。かわいい。」だったんだろうなぁ…と…

    ま、それ以外にもその継母には色々やらかしてもらって、継母とだけは絶縁出来てるからいいんだけどねぇ。

    959 :ガールズにちゃんまとめ 2015/10/13(火) 13:45:07 ID:otL
    うち膿家。俺長男。
    親父がとにかく家の中では自分が一番偉くないと気がすまない人間で、口に出すことの8割位が他人をバカにする言葉、
    気に食わないことがあると一晩中ネチネチ文句を言い続ける(こっちが寝てても叩き起こしてわざわざ聞かせる)、
    ケンカなんぞしようもんなら、形勢が悪くなると自分の部屋に逃げ込み、10分後くらいに人の部屋に来て
    怒鳴り散らすのを気がすむまで、なんてのがしょっちゅうだった。
    学生の時なんかは押して知るべし。「俺の子のくせに何でもっといい成績とれない」「バカだ、屑だ」
    「将来はニートだ」みたいなことを言われ続けてた。

    弟は早くに家を出てて、俺はまあ育ててもらったのは違いないんだしと思って、家に残ってたんだが、
    ある日親父が飲み会か何かで酔っ払って帰ってきて、いきなり俺を呼び出して説教開始。
    「お前はご先祖様から受け継がれてきたこの家を、この土地を、どうやって守っていくつもりなんだ!
    さあ言え!言ってみろ!!」
    俺が何か言うと「そうかそんなことしか考えてないか、よく分かった、やっぱりお前は駄目だ、お前なんか最後はホームレスだ!!」
    「お前なんかにこの家は継がせられんな!!」

    いつもは何言われても、ああそうかい、と聞き流してたんだが、この時はどういう訳か、どこか突き抜けてしまった。

    祖父母や俺が休みの日に草刈りや庭の手入れや冬の準備や除雪をやってる時に一人だけテレビの前でごろ寝してるような奴が
    家のことをちゃんと考えてたとは思えないし、まあ継げないんだったらここにいてもしょうがないよな。
    てなことを妙に冷めた頭で考えて、次の日の仕事帰りにエイブルに駆け込み、家に戻るとそのまま引っ越しの準備。
    母親や祖父母からは思いとどまるよう説得されたが「いてもしょうがない」で通した。
    親父はテレビの前でごろ寝して「ボクは悪くないも~ん」てな態度だった。
    そうして半月ぐらいして準備を全部終えて家を出た。
    会社にねじ込まれても困るので会社も辞めた。

    820 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/03(土) 23:37:14 ID:OW2YITru.net
    父は報連相がまったく出来ない
    なぜなら自分が一番正しいから他人に意見を求める必要は無いし
    その一番正しいことを皆も選ぶはずだからあえて報告することも無いと思っているから

    それでたびたび迷惑をこうむってきたけれどあくまで家族内の問題で
    父に指摘をしてキレられて私と母で愚痴を言い合うというだけだった

    ところが先日、数家族で集まる機会があった際に父の連絡不足により全員に迷惑をかけてしまった
    解散後に父に意見すると「普通はこうするもんだ!そうしない皆がおかしい!」と発狂
    他人に迷惑をかけたことが申し訳なく腹立たしくて祖母(父の実母)に訴えた
    祖母は黒い物も祖母が白と言えば白になるような、身内の中で絶対的な存在なので
    父を諫めてほしい思惑があった

    ところが祖母に「私の育て方が悪かったね。ごめんね」と言われてしまった
    おばあちゃんにこんなことを言わせてしまうなんて軽率に言うんじゃなかったと反省しかけたら
    「こう言っておけばお父さんが悪いことにならないでしょ」

    そんなことしてるからあんなふうに育つんだよ!という愚痴

    77 :ガールズにちゃんまとめ 2015/11/08(日) 20:14:40 ID:dEK
    最近まとめを読むようになって、エネmeな女性が
    「涙が止まりません」
    「子供たちはパパ大好き」
    って判で押したように書くのを見て、これってエネmeの教科書にでも載ってる言葉なのか?と思った。
    なぜならうちの母(典型的エネme)も、いつもこれを言っていたからだ。
    避妊嫌いな父の望むままに応じ、11回妊娠し5回流産し2回堕胎し1回タヒ産し
    われわれ3人兄弟を産んだ母。
    周囲に愚痴っては「涙が止まりません」「パパ大好きな子供たちからパパを奪っていいのかと…」。
    中学卒業後、全員が実家から瞬時に逃走。
    「パチンカスサイマーDV梅毒持ちの親父が好きなわけねーだろ!」
    「生まれてこのかた親父が好きだった瞬間なんかねーわ!全員ボッコボコに殴られてただろうが!」
    「オカンが親父に未練があっただけだろ!子供のせいにすんな!」
    と全員に2時間にわたってなじられ、ようやく
    「子供はパパ大好きではなかった」
    と知る阿呆な母。
    「じゃあ私の二十年に渡る我慢はいったい何のため…」と泣くが
    「あんたがいらん我慢したからこっちは迷惑したんだよ!」
    「おめーがさっさと別れないから苦労したんだろうが!」
    と子供たちは誰も同情せず。
    お得意の「私が間違っていたなんて…涙が止まりません」を繰り出すものの
    「知るか」「一生泣いてろ」
    「こっちに頼ってくんなよ、ペッ」
    と一刀両断にされ、「あれ?え?え?」という顔をしていた。

    465 :ガールズにちゃんまとめ 2016/07/21(木) 23:55:08 ID:V31/to+W.net
    今日、某ショッピングセンターで
    すっごいイクメン(自称)と遭遇
    割と混んでるおむつ替えコーナーで
    私の隣にいた作業中の若いママに
    「すいませーん」って声かけてきたのが
    そのイクメン
    1歳前くらいの女の子をエルゴから降ろしながら
    「うんちしちゃったみたいなんで
    次、替えてもらえます? 俺、小はイケるんすけど
    大はムリで~」っていいながら、隣のママの子の横に
    自分の子どもとおむつポーチを置いた!
    「え? え?」って状態の若いママに「じゃ、ちょっと
    俺、喫煙所で休憩してくるんで」って、足早に
    出ていこうとする。
    びっくりしていた若いママも正気に返って
    「ちょっと!」とイクメンの腕をつかんで
    「私もムリなんで!」と大声で拒絶
    すると「えー、俺も嫁を休ませてやるために
    がんばってるんすよ。ちょこっと協力して
    くださいよ」とかどこまでも図々しい
    思わず、なんか言ってやろうと口を開きかけた
    瞬間、孫の付き添いっぽいおばさんが
    「わが子のうんちも変えられないくせに、
    がんばってるなんて笑っちゃう。第一、
    自分の嫁を休ませるために、よその嫁使うって
    図々しすぎるでしょ!」って一喝。
    他人にうんちおむつ変えてもらって、自分はその間
    託児してたばこ休憩。だって俺頑張ってるもーん、
    って、ありえなさすぎー!

    このページのトップヘ