ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    MARIIMG_3248_TP_V

    96
    : 名無しさん@HOME 投稿日:2009/06/26(金) 02:27:49 0
    義家の飼い犬4歳の様子がおかしいと、早朝旦那に連絡がありました。
    苦しんでて動かないみたいです。
    もう駄目かもしれない、との事。
    義父、義母は、心配だけど仕事に行くそうです。

    夫は電話を切った後、そわそわし出して
    「嫁子、今から義家行ってシロを病院に連れて行ってくれない?頼む!お願い!」
    と言いました。
    義家はドアtoドア6時間の距離。
    「仕事あるし無理。
    義家さんが連れて行かないのに私がでしゃばる筋合いはない。
    おじいさん、おばあさんだっているんだし、
    どうしても心配なら自分で行ってきて。」
    と言いました。
    「薄情者」と捨てゼリフを吐いて夫は出勤しました。

    その日の夜、シロがタヒんだと電話がきました。
    夫は一通り泣いて落ち着いた後
    「嫁子のせいだ」と一瞥くれました。
    理不尽な気持ちをぐっと抑えて反論しませんでした。
    ショックが収まったら仲直りできるかと思って。

    しかし半年経った今、また蒸し返してくるのです。
    「シロ可哀想だったなー。嫁子が病院連れていってたらなー。」
    私は切れました。切れて言いたい事を言いました。
    「シロに玉ねぎの味噌汁食わせてるからだろうが!
    噛み付きまくるのだってストレスのせいだろうが!
    大型犬なのに散歩10分はあんまりだって
    義家に言えって言ったのに言えないあんたが私のせいとか言ってんじゃねー!」

    26NJ_eigonobisuketto_TP_V

    741: わんわん 投稿日:2014/05/10(土) 06:47:58.62 0
    里山が近くにある(田舎ではない)閑静な住宅街に引っ越してきた。ただイノシシがたむろしている
    のは知らなかった。田舎ではないが、田畑も少しあるから田舎かな~

    あるときダンナの帰りが遅くなり、帰ってきたのは夜中の12時前、もう~と思いながら
    玄関の鍵をあけていると、ウチの犬(レトリバー)がダンナめがけて飛び出した。


    そのときダンナの後ろに数匹のイノシシの群れがいたんだ。あっという間にウチの犬がパニックになった
    イノシシに襲われ、イノシシのブヒブヒという唸り声とウチの犬の吠え声、ダンナの大声、
    私の悲鳴、あたりは騒然となり、近所の人たちも出てきだしたが、あまりの惨状に、イノシシを
    カサや棒で追い払っている私たちを茫然と見ていた。誰かが、ライトや車のランプ、音で追い払ってくれた。

    ウチの犬がボロボロで血まみれでビッコを引きながら帰ってきた。足が噛み砕かれ、悲惨。

    タヒんじゃう、どうしよう、夜間もやっている動物病院に電話したが、24時間ではないので夜中の1時で終了。
    とにかく、タオルをまき、ジリジリと朝を待ち、診察時間には早いが、朝一に病院に電話し
    ダンナとシーツをタンカにして犬(25キロ)を運んだわ。

    あちこちイノシシのツノで突かれ、後ろ脚の骨はコナゴナ、毛は食いちぎられてボロボロ。
    でも毛の生えかわる前だったので、体はけっこうモコモコの毛が密集していたせいか、
    致命的な怪我はなかったのが幸い。治療のため体中の毛を刈られ、あちこち縫い目だらけ。
    脚の骨は金属を入れて、骨をつないだ。レントゲンはロボットみたい。

    再手術を繰り返し、入院一か月。どうしても4本脚で歩けなかったのが、リハビリを重ね
    最近4本足で歩くようになった。
    以前みたいにアタマとシッポ一直線にしてダッシュで走れないけど、元の体になったことがうれしい。

    イノシシに限らず、野生の動物に噛まれたら、口のなかはばい菌だらけなので、すぐには
    手術できないこと、化膿する恐怖もあったが、なんとか日常を取り戻した。

    ウチの犬のあと、また近所でイノシシに襲われた事件があったので、山のふもとに柵をしてたが
    あんまり効果ないみたい。

    KM19814274_TP_V

    586: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/14(水) 09:47:59.82 ID:WY4lTGLI
    犬のヒモを最大限に伸ばして散歩させてるおばさん。

    歩道のない道を歩いてたら上記のおばさん。
    俺は犬嫌いで犬も俺を嫌うので近づきたくもない。
    端に寄りすれ違おうとしたがヒモを短くする配慮無し。
    犬は当然のように俺の脚に飛びかかり、俺は一瞬で脚を振り払い防衛。
    おばさんから見たらじゃれついた犬を蹴飛ばしたようにしか見えないんだろう。

    ナントカちゃんがぁぁぁっと叫びながら俺に詰め寄ってきた。
    当然犬も俺に近寄る形になるので犬にビビった俺は脚を使って激しく拒否。
    おばさんから見たら犬を連続蹴り。
    しまいにナントカちゃんがぁぁぁっと泣きながら俺に掴みかかる。
    犬は離れないから俺は激しく脚で拒絶。
    犬が無抵抗で横たわり取り敢えず犬の恐怖は終了。
    割愛するがおばさんは猛烈にファビョり俺に掴みかかり髪を引きちぎり服を破り爪で顔を掻きむしり俺は血塗れのボロボロ。
    警察を呼ばれ俺を通り魔のごとく糾弾。
    しかし脚に残る古傷(犬の噛み痕)や犬が怖くて嫌いな証明(親や知り合いの証言)もあり解放。
    すれ違う前にiPhoneで録画してた(犬のマナーを改善させる活動をしてる)動画により明らかにおばさんに非がある事を証明できた。
    犬は骨折と打撲があり全治数ヵ月らしく後日訴えてきたから自分も診断書と被害証拠写真を出して相杀殳した。
    あの長いヒモはなんとかしろよ。
    すれ違う時ぐらい短く持て。

    AME618ajisai_TP_V

    498: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/18(火) 14:06:13.04 ID:Y36YdD6/

    胸糞悪いと思われる修羅場をひとつ。

    私の実家は家は小さいが何故か庭が広い。

    祖母(母の姑)父、母、犬5匹と暮らしていた。この時私と姉は県外で一人暮らしの大学生だった。
    家族全員、大の犬好きで家の造りを犬仕様にリフォームしたり、写真を撮ったりと犬との生活を楽しんでいた。

    特に祖母と母は二人で犬を連れて大きい公園やドックランに出かけている。
    庭は入り口以外は低めの塀に囲まれていて、犬をよく庭に放し飼いにしていた。
    庭ももちろん犬が遊びやすいように少しだけいじってある。
    5匹とも庭から脱走する子ではなかったが、父が安全の為にと入り口に柵を設置。
    柵を設置した途端、向かいの家のおばさんが突っかかってきた。

    「ちょっと!勝手なことしないでよ!!」と騒ぎ立てたそうだ。このおばさん、よく自分の庭に車を入れる際に、勝手にうちの庭を使ってバック駐車していた。

    一度庭に前向きで10m程侵入してからバックで自分の庭に駐車する感じ。

    これは私も実家にいるときから目撃していて文句を言ったことがある。父が「安全の為」と言っていたのはこのおばさんを警戒しての事だった。

    573: 名無しさん@HOME 04/06/29 15:26
    犬嫌いの義兄の嫁が家に遊びに来たいと言ってきました。 
    「うちの犬は家で放し飼いですが大丈夫ですか?」
    と言ったら「大丈夫」と。 

    そして昨日義兄夫婦が来たのですが、うちの犬、
    ハンドバッグで殴られました…。

    このページのトップヘ