ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    病気

    461

    949: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:02:37 ID:Oei
    元夫からのロミオメール。
    元夫はバツイチ子持ちで、私は不妊なので納得の上で娘を育ててきた。
    娘がまだ乳飲み子の頃に元夫は離婚していて、私は娘が2歳の頃から育ててた。
    だから娘は私が継母だと知らなかった、血液型も合ってたので、知らせるのは成人ぐらいで、と元夫とは話し合ってた。
    ところが、娘が病気をし、骨髄移植が必要かもしれない、となった。
    元夫は私が実母だったら骨髄移植できたのに、と娘の前で号泣(子宮内で大丈夫なんだから母子なら必ず移植できる、と元夫は思い込んでいた
    不安定だった娘は、元夫の号泣以来私を拒絶、結果娘の退院を待たずして離婚。
    娘に恨みはありませんが、かなり罵倒されたのもあり、戻る気はありません。


    ここからロミオメール

    TSU87_sakuraharunootozure_TP_V

    781: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/06(月) 18:57:52 ID:J2RqRkrR
    余りにダルく、他の症状もあったので病院に通っていた。
    過労からくる自律神経失調症とホルモン異常と診断された。
    3ヶ月くらいして、症状が改善されなく、血圧なども極端に低かったので
    仕事を暫く休んだらどうかと言われた。
    上司と相談して、休職に必要な診断書を貰いに行くと担当医は休みだった。
    科長という女医が出てきて、話を聞くというので待っていた。
    お昼過ぎ呼ばれると唐突に「アンタは怠け病だよ。」や「働く女の面汚し。」
    などと罵倒され呆気に取られた。
    異常を察した看護婦が別の医者を呼びに行ってくれて
    その先生が再度診察して診断書を書いてくれ、休職は出来たが
    その先生の勧めで別の病院にかかることとした。

    転院したらやたら沢山検査を受けて、担当医が慌ててた。
    ダルくて当たり前で実は自己免疫疾患の 難 病 だ っ た。
    かなり進行してて、その時点では危険な状態だったらしい。
    でも親は前の病院の医師に呼び出されてて
    「あなたの娘は怠け癖がついている。」とかなり厳しく説教されたらしく
    今だに病気だと信じてくれないし、転院先の主治医にも会おうとしない。
    あの科長に罵倒されなかったら転院もしなかったと思うと
    とっととオサラバして正解だったと思う。

    当時3年以内にタヒぬといわれていたが今は小康状態で薬も飲んでない。
    いろいろ衝撃で貴重な体験だった。

    ELL14051235_TP_V

    125:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/09/13 08:47:34.30ID:pMaZz5ek.net
    些細を通り越してしまった話で申し訳ないです。

    元旦那と付き合っている時から、彼の頭はスキンヘッドだった。
    サッカーをしていたし、汗もかくから仕方がないと思っていた。
    もちろん似合っていましたが・・・

    いざ結婚することになって、義母から「うちの息子の【様】なのと結婚してくれてありがとう」と言われた。
    ×一だったから、そのことを気にしていたんだと、私と両親も思っていた。

    その後、元旦那のサッカー仲間と河川公園でBBQすることになって、誰かの奥さん達が炊事場で「子供は無理だけど二人が楽しければ良いんじゃないの」というのが、かすかに聞こえた。
    すぐに私達のことだと思ったけど「子供は無理???」、「はて?」となったが、その場は流した。

    家に帰ってから、そのことを元旦那に言うと「・・・実は放射線治療をしていて、子供は出来ないんだ」・・・
    (無計画というか、避妊しない人だとは思っていたが・・・)
    えっ???????????
    聞いてませんけど?
    それ、嘘つくこと?
    近所に住む義母がやってきて、そのことは了承済みだと思っていたと言い、なんとか上手くやって欲しいこと、そして養子を取って欲しいと言った。
    次の日、私の両親を交えて話し合いをして、不誠実だとなって、あっさり離婚した。
    知ってたら付き合わなかった。

    唯一の救いは結婚式と披露宴もしなくて、友達にも結婚を知らせず、職場も結婚前に退職していたこと。
    今は再婚して子供が二人居ますが、前の結婚の履歴を本当に消したいです。

    KAZ7842_DSCF3259_TP_V

    79:名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/03(金) 20:32:12.86
    累ヶ淵という怪談があるんだけど
    俺はその怪談のように生まれてすぐ母親に見捨てられた

    生まれた時に俺は口唇裂だったようで
    しかも完全唇裂という鼻の孔の中から唇まで割れている状態だった

    生まれた俺を見た母はこんなの私の子じゃないと喚いたらしい
    医者の説明や早い段階からの治療で今では傷跡も
    ほぼ気にならないくらい綺麗になる事もいくら説明しても
    母は知らない聞こえないと全部拒否
    結果両親は離婚し、俺は父親に引き取られた
    その父と父方の親戚のサポートのおかげで
    小学校に上がる頃には傷跡は残るのものの
    他の子たちと変わらないクソガキへと成長し
    中学に上がる頃には傷跡も目立たなくなってた

    elly134101452_TP_V

    828:マジレスさん2016/06/11(土) 21:42:15.34ID:H91W2oVi
    年の離れた姉がいます、身体が弱く内臓の一部に病気があり入退院を繰り返しています。
    両親は姉が切除する予定の臓器を提供するドナーとして
    私がいるのだと言い続けてきました。
    私も姉の為に輸血や適合検査などで病院に通う
    事の多い生活です。
    健康でいなければならないので食事なども管理されてきました。
    再来月に私の臓器を一部姉に提供する事になったから、と母親から言われました。
    提供すると夏休みは潰れるし私の身体も免疫やアルコールにも弱くなります。
    今まで貯めたお金を使って大学を辞め、逃げたいと考えています。
    嫌だと言い続けてきましたが、母親からの
    「おねえちゃんの病気が良くならないのなら
    何の為にあんたを産んだの?大学まで行かせてやったのに」
    と言われ、私は生きる気力がなくなりました。
    何の為に私は生きてきたのかわかりません、やはり
    姉の為に出来る提供は全てするのが正しい家族としての
    私の役割なのでしょうか。

    このページのトップヘ