ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    祖父

    KZ1796016_TP_V4

    630: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/10(土) 14:36:07
    うちのじーちゃんはとある伝説の持ち主。
    じーちゃんは何の病気か知らんが俺がちっさいころにタヒんだ。
    そのとき、心拍計っていうのか?心拍が止まった時に「ピーーーーーー」てなる奴あるじゃん?
    アレが「ピー」って鳴って、脈とって医者が「ご臨終です」って言ったのよ。

    その瞬間、じーちゃんががばっ!!!!って上半身はね起きて、ニッカリ笑って「根性の勝ちや」って言った。

    一同、心臓が飛び出るくらいに驚いた(看護婦さんが点滴のつり下げる台に引っかかってこけてたのを覚えてる)。
    おかげでじいちゃんのタヒに顔はニッカリ笑顔だった。
    そのまま上半身だけ起こした姿で、もっかいタヒんだ。

    PAK86_kiuif14140244_TP_V4

    922: 本当にあった怖い名無し 2008/12/22(月) 22:32:48 ID:tIm8IWoT0
    いい話と言うか、あきれた話。
    この前、近所の商店街イベントでやっていたクジを引いた。
    買い物をすると貰えるくじ引き券数枚集めて引くアレだ。

    「3等のスポーツ自転車が欲しいな~」
    なんて考えながら箱に手を入れてゴソゴソやってると、耳元で「それだっ!」って大声がした。
    2年前にタヒんだ爺ちゃんの声だった。
    声に驚いて、思わずクジを握ってしまった。

    PPS_samuraibara_TP_V

    692: 名無しさん@おーぷん 2016/07/10(日)01:11:32 ID:Stg
    この季節になると思いだす祖父との会話。
    数十年前の夏休みの夜、当時小学生だった私と祖父は二人でスイカを食べながら「火垂るの墓」を視ていた。
    叔母さんの家で邪険に扱われる清太を見た私は「悲しいよね、おじいちゃん。昔は疎開先で同じ目に遭ってタヒんだ子がいっぱいいたんだろうね」と嗚咽してしまった。

    すると祖父はため息をついて「こんな話聞いたことないわ。ここもド田舎の農村じゃからな、都会から疎開者が押し寄せとったが
    清太とかいうのより年下の奴でも畑を借りてナスやらジャガイモやら育てて生計たてとったぞ。そもそも村社会で厄介者がぶらぶらできるわけないやろ。
    村の青年団に首根っこつかまれて勤労奉仕に強制参加させられとるわい」と断言した。
    でも叔母さんのあの扱いは虐待じゃんと言い返すと
    「そりゃ今の基準からしたらな。でも昭和10年代いうたら貧しい農村じゃ実の親の元で清太よりずっと酷い待遇受けて育つのが普通なんじゃぞ。
    あのおばさんの家は裕福な方じゃろ。おしんなんて戦争に関係なく清太より10倍過酷な環境で育っとるじゃろが。
    あれの何処が辛いんじゃ。昔のガキはあんなに軟やない」と吐き捨てられた。

    628

    832: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/31(金) 12:44:33.09 ID:s3KLr20w
    昔、悪い奴に引っかかったことがあった。

    友達の紹介で知り合い、一年ほど交際していた男性.、なんと既婚だった。
    当然別れ話をしたが、「妻とは別れるから」と散々つきまとわれた。
    実際、夫婦仲は壊れかけてるらしく、奥さんから「お前を恨む」みたいな電話
    が掛ってくるようになった。

    男からは「だから仲直りしようよ、ねっ、ホントに愛してるんだよ、君もそう言った
    よね、絶対別れない、別れるなら杀殳す」みたいなことを、会社の外や一人暮らしのアパート
    に現れては言われた。

    職場でも不倫の噂をたてられ、アパートの大家にもやんわり「出ていけ」と言われ、
    警察に相談しても「何か起きたら来て(タヒんだら来てってこと?)」で、紹介した友人
    は音信不通で、とにかく八方塞がりで、毎日泣いて暮らしていた。

    このページのトップヘ