ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    祖父

    628

    832: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/31(金) 12:44:33.09 ID:s3KLr20w
    昔、悪い奴に引っかかったことがあった。

    友達の紹介で知り合い、一年ほど交際していた男性が、なんと既婚だった。
    当然別れ話をしたが、「妻とは別れるから」と散々つきまとわれた。
    実際、夫婦仲は壊れかけてるらしく、奥さんから「お前を恨む」みたいな電話
    が掛ってくるようになった。

    男からは「だから仲直りしようよ、ねっ、ホントに愛してるんだよ、君もそう言った
    よね、絶対別れない、別れるなら杀殳す」みたいなことを、会社の外や一人暮らしのアパート
    に現れては言われた。

    職場でも不倫の噂をたてられ、アパートの大家にもやんわり「出ていけ」と言われ、
    警察に相談しても「何か起きたら来て(タヒんだら来てってこと?)」で、紹介した友人
    は音信不通で、とにかく八方塞がりで、毎日泣いて暮らしていた。

    elly181027A008_TP_V

    929:名無しさん@おーぷん2014/08/05(火)12:27:10 ID:???
    自分が今より世間知らずだった時代にあったこと

    大学生最後の夏、祖父の別荘の近くのお店で、若い男性に声を掛けられた。
    今から思えばどう考えてもナンパなんだけど、自分は生まれてずっと女子高で、男性に憧ればかりがあって、
    少し話しただけで「これは運命の人!!」と思ってしまった。
    交際はすぐに家にバレて、祖父にも両親にも大反対され会えなくなったが、「私たちの愛を守ろう」と大学卒業を同時に彼と駆け落ちした。
    入籍して彼のアパートで一緒に暮らし始めて、最初は楽しかった。
    でも「今会社忙しいんだ」と、どんどん彼の仕事の帰りは遅くなっていって、一人寂しくなった。

    ある日、大家さんが話しかけてきて、
    「お宅の旦那さん、いっつも女の運転する車で帰ってくるけど大丈夫?あの女ね、旦那さんと絶対長いアレの女よ」
    と言われた。
    色々悩んだが、金曜日の夕方に彼の会社の前で待ってみると、彼は定時に会社を出て、すぐにその女性とおち合い、数駅離れた所にある
    マンションの一室に入って行った。
    2人がそういう仲だというのは、世間知らずな私でもわかった。旦那はよく笑ってた。

    その足で恥を忍んで実家に帰って、泣いて祖父にあらましを言うと、なんと
    「馬鹿もんが!!夫の浮気なんぞでオメオメ泣いて戻る奴があるか!!
    妻は旦那の妾に『夫がお世話になっています』と挨拶するぐらいの度量がなきゃ務まらん!!」
    と怒られた。

    ビックリしたが、祖父が言うのだからそうなのかと思い、その日は実家に泊まると、
    翌日は百貨店で服を新調してお菓子の包みを買い、例のマンションの部屋を訪れた。

    ドアを開けてくれた彼女は驚いているようだったが、祖父に言われたように、
    「夫がいつもお世話になっています、これはほんのご挨拶でございます、夫も貴女のような方にお世話して
    いただきとても幸せそうです、これからも私達夫婦を支えていただけますよう宜しくお願いいたします」
    というようなことを言った。

    差し出していたお菓子から目をあげると、彼女の顔は赤黒くなっていた。
    突き飛ばされて転がっている間にドアを閉められた。
    閉まったドアの向こうからは、誰かに電話しているのか罵声交じりの話声が聞こえた。
    挨拶も失敗した私は、意気消沈してまた実家に戻った。

    実家でしばらく過ごしていると、父から離婚届にサインするように言われ、サインした。
    旦那の分はすでにサインしてあった。
    父は少し怖い顔で、相手の女性が、私の訪問の後、大きい道路でスピード超過で無理な車線変更をして
    事故に遭ったと言われました。

    何一つまともにできない世間知らずは、何もしない方がいいと兄に言われ、それからは家族が用意したゆるい
    仕事をしながら、実家でノンビリと暮している。

    TSU85_sakurasayonara_TP_V

    628: 名無しさん@HOME 2012/04/09(月) 20:33:01.82 0
    今朝ニュースを見てたら
    すっかり忘れてた25年(以上)前の記憶が蘇ってきた。

    ばーちゃんの家に遊びに行った時、
    裏山で草花摘んだり虫取りしたりして遊んでた。
    ばーちゃんの家に戻って玄関開けたら
    こっち見たばーちゃんとじーちゃんが
    「ああああぁぁああっっっっ」って叫んで
    私が摘んできた花や草をぶっとばした。
    そして私を抱えて風呂場に走り、
    冷たい、やめてと泣いても残り湯をザバザバかけられた。

    私が摘んできたのはトリカブトだったらしい。
    残り湯をかけるのは多分対処としては間違ってるんだろうけどw
    経皮吸収されるという半端な知識からの対処だったらしい。

    とりあえず今年31になるけど元気に生きている。
    ばーちゃんは去年83才で亡くなった。

    303 :ガールズにちゃんまとめ 2013/01/31(木) 10:20:31 ID:uEJ668FM0
    夫の父方の祖父は、田舎の人だ。
    若い頃はイノシシ狩りが趣味だった。
    祖父の家には紀州犬がたくさんいた。

    猟犬のなかに、シロと呼ばれるオスの紀州犬がいた。
    姿かたちが美しく品評会で何度も優勝したそうだ。
    シロは人間には従順だったが、ひとたび狩りになると一変。
    山のなかでは恐れを知らず勇猛果敢。普通は人間が銃でしとめるところ、シロは
    最後イノシシにとどめをさすところまで、一匹でできてしまう犬だったそう。

    祖父は兵庫県在住。
    大きなイノシシを何頭もしとめたシロの名声は、隣の岡山まで届いた。

    義父は当時、小学生だった。シロはとても義父になついてた。
    義父もシロを可愛がっていて誇りに思っていた。

    ある日、岡山のお金持ちから、シロを売ってほしいという話があった。
    いまから五十数年以上前のこと。
    当時のお金で、最高級のテレビが買える値段だった。
    シロは売られてゆき、祖父の家には大きなテレビがやってきた。
    義父は泣いたそうだ。

    それから何週間もたったある日のこと。義父が自宅近くのあぜ道を歩いていると、
    田んぼのなかに汚れた白い犬がうずくまっているのを見つけた。
    義父に向かって弱々しく尻尾を振っている。
    シロだった。
    遠く岡山から兵庫まで、いくつもいくつも山を越えて帰ってきたのだ。
    結局、シロは岡山に戻された。
    すでに代金をテレビに使ってしまっていたので、そうせざるを得なかったそうだ。

    昔と今では犬の飼い方が違うのかもしれないが、シロが不憫で仕方がない。

    このページのトップヘ