ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    結婚

    238

    1:名無しさん@おーぷん2015/01/12(月)14:48:29ID:Xex
    連休で地元の友達で集まってお祝い会してて盛り上がってたんだけど
    急にシーンとなったんだけど高齢出産のリスクってあんまり知られてないの?

    ELFADSC08906_TP_V

    672: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)19:17:57 ID:91T
    10年来の同僚Aが変になってしまったこと。

    彼氏や旦那などパートナーがいる女セイをすごく敵視するようになった。
    昔からそういうところはあったけど、本当に酷くなった。
    彼女自身は資格職でキャリアがあり生活苦もなく醜くもない。
    でも真面目すぎるセイ格が災いしてか縁遠いまま40代に。

    最初は、ゆるふわな後輩女子社員の悪口から始まった。

    その子は確かにいかにも男受けを狙ったぐうたらな子だったけど、
    スカートが短い・二の腕が出てる・パンプスを履いてるなど文句、
    しまいには「昼ごはんがおにぎり一つ、ダイエットキチ。
    そうまでして男にモテたいってなんだか惨めだなって思った」と。
    それは言いがかりでしょーと思ったけど適当に聞き流した。

    それからは、親戚のお嫁さんが常にフルメイクなのを怒り、
    飲み会の帰りに彼氏が迎えにきてくれた後輩を怒り、
    産休中の先輩が赤ちゃん連れで新年会に来た時は大激怒。
    同僚や友人が「彼・旦那」の話をする度に、後で大批判した。

    その言い方が、なんというか先生っぽいというか
    「別にいいのよ、人の自由だし。でもね、あれあれ?って思ったの。
    それはちょっと違うんじゃないかなって。非常識かもよ?って。
    あれーこの人どうしちゃったのかな?正したほうがいいんじゃない?
    って、余計なことだけど、心配になったっていうのかな。」
    から始まって、もうケチョンケチョンに人格攻撃する。
    Aが切れてる人たちみんな、そんなに非常識なことはしていない。

    最初は、その人のことが嫌いなのかなあと思って聞いていたけど、
    やがて「パートナーがいる人」のみ攻撃するんだと気付いた。
    パートナーの身長や収入や年齢にまで文句をつけて、
    「そんな人と結婚したいだなんて心配、そこまでして
    結婚したいってことなんだろうね、なんかそれって違うよね」って。
    彼氏自慢をした子には、全然関係ない毒親の話を持ち出して
    「あの子みてると毒親持ちだってわかる、子供虐待しそうで心配」
    とか、とにかく嫌なことばかり言う。
    クリスマスのイルミネーションですごく綺麗な建物があって、
    Aも「綺麗だね!」と言って近づいたら産婦人科の建物だった。
    するとA、途端に仏頂面で「ウザイね」と。え?と聞き返したら
    「私たちの子供は天使ちゃん、って主張でしょ。最低」って。

    221

    280: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/07/19(木) 12:13:42.89 ID:SPajf1A60
    元彼の手取りは13万円 ボーナス無し。一人暮らし経験なし。
    私が倍くらい稼げたし、育児休暇もある会社だったから「大丈夫」と思ってプロポーズをOKした。
    私両親に大反対されて、何とか説得しようと頑張って「せめて半年同棲でも何でもして 続いたら許す」と言われた。

    同棲してみてわかった事。

    010ELLY18412_TP_V

    459: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/10(水)
    愚痴
    8歳の時に両親が離婚、母と暮らすように
    理由は所謂セイ格の不一致や仕事でのすれ違いなどで、不貞行為は双方なかった模様(これは多分本当)
    母親も仕事をしていたから困窮したことはなく、父親とも定期的に会ってた
    12歳の時に母が再婚、バツイチ同士で再婚相手は子なし
    普通に良い人だし、特に問題もなく今に至る

    学費(院まで)は実の父、生活費は再婚相手
    母の再婚相手は「お義父さん」、実の父親のことは「パパ」と何となく呼び分けていた

    問題が発生したのは私が結婚することになり、結婚式の段取りを決めることになった時
    私は花嫁の入場の時のエスコートに実父を希望、そしたら再婚相手が怒って「俺は何だったんだ」と言い出した
    もし父とタヒ別とかだったら、「お義父さん」と歩くのでも全く問題はなかった。お世話にはなってたし、可愛がってもらったし
    でも世話になり可愛がってもらったという点においては実父も変わらないわけで、だとすると私にとって一緒に教会を歩く相手は実父以外考えられない。だって実の父だし。
    母は「お義父さんに対してちゃんと感謝はするべきだけど、この件に関しては娘の意見が優先されるべき」という意見
    養子縁組はしてないものの父親として尊重してきたつもりだが、一緒にバージンロードを歩けないという一点で「父親扱いされていない」ということになるらしい
    面倒臭くなったので一人で入場という形にしようかなという気になってきてるけど、そうしてもこの蟠りは消えないだろうなと思う

    このページのトップヘ