ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    結婚


    299

    102: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/09(水) 12:26:52
    昨年の3月、1年間付き合った彼女に「結婚してください」とプロポーズしたんだ。
    彼女は「嬉しい!」と喜んでくれたんだよね。
    六月に式を挙げるので、式の日取りを彼女の両親と相談した。
    そこで彼女から「今後の生活の設計を二人で立てたいから、ボーナスと月給の明細を見せっこしよう」
    と言われたので彼女にそのまま明細を渡したんだ。
    それから一週間位して、彼女の両親から俺の携帯に直接電話が掛かってきたんだ。


    電話で「あなたの将来が無いとは言わないけれど、毎月の給料が手取り36万じゃ安すぎません?
    あなたもう32歳だったわね?ウチの娘をちゃんと食べさせられるの?結婚はままごとじゃないのよ。
    この程度の年収でウチの娘を幸せになんか出来ないわよ。とにかく結婚の話は無かった事にしてくださる?」
    そうまくしたてられて、向こうからいきなり電話を切られた。

    俺は呆然とした。確かに手取りは少ないけど一部上場の企業だし、組合も福利厚生制度も充実してるし、
    会社の業績も安定性も悪くはない。ボーナスは昨年も確実に夏冬2.7 ヵ月分は貰えたし、
    悪くないと自分では思っていたから彼女と電話で話し合ったら
    「この給料じゃ生活できない。私は専業主婦になりたいし、子供も欲しい」
    「あなたの年収は最低でも800万位はあると思っていた」と言われ向こうから電話を切られた。

    それっきり彼女からの電話は1度も無くなった。こっちから掛けても着信拒否にされてるから繋がらない。
    もう彼女とは結婚しなくてもいいと思ってるし結婚しなくてよかったと思ったよ。
    結婚って女にとって楽が出来る寄生制度なんだな、男だけに責任と義務が付きまとうんだと思った。

    既に周りの友達には結婚報告してさんざん祝福してもらった後だったから、こうなってしまった事の
    事情説明をするのが悔しくて悔しくてとても情けない気分になった。
    唯一の救いは結婚する事を会社に言わなかっただけかな。
    今はあの屈辱を乗り越えて何とか生きています。
    これからは一生独身のままで生きて行こうと思うよ。
    みんなも結婚なんて考えない方が良いですよ。結婚してからじゃもう人生取り返しがつかないから。
    相手の親や親族達に俺の財布の中身を勘ぐられる事を心配するような事も無いからね。

    282

    909: 名無しさん@おーぷん 2015/05/06(水)23:59:22 ID:XxI
    結婚してなかなか子供ができなかった。
    義両親にチクチクッと言われて私だけ病院に行ったが何の問題もなく、
    「ご夫婦でいらしてください」と言われたので渋る旦那を説得して連れてった。
    旦那は子孫を残せる体じゃなかった。
    相当ショックだったらしくて一週間で5キロくらい痩せていた。
    一回り痩せてぼーっとしてる旦那の隣に座り、
    「貴方と結婚できて幸せ」「ずっと一緒にいたい」
    「子供が欲しくて結婚したわけじゃない」と何度も慰めた。
    旦那はすすり泣きながら頷いていた。

    当時は(今でもかな…)男性不妊の話なんて全くあがっていなくて、
    子供ができないのは全て女性側の問題とされていた。
    その認識は義両親も同じで、
    早く孫をといつも私だけ責められていた。

    どんなにきつく罵られても、離婚を求められても、
    病院から帰ったときにショックで言葉もない旦那を思い出すと、
    「貴方の息子さん側の問題です」なんて言えなかった。


    田舎の風当たりは厳しいもので
    旦那側の親族達と顔を会わせると彼らは必ず私だけを責め続けた。
    男性達は卑/猥な言葉を絡めながら、
    女性達は心配そうな優しい笑顔でねちっこく。
    一番辛いのは旦那だから、私が旦那を守らなきゃと思って耐えていた。


    年を重ねるたびに風当たりは強くなっていった。
    酔っぱらったおっさんが旦那に向かって、
    「ババアは捨てて若いのを嫁にしろよw」と笑いながら言っていたこともある。
    その時の旦那の顔がどうしても思い出せない。

    DSCF8731-Edit_TP_V

    403:1/22008/08/03(日) 22:29:15ID:tFxJc+E4
    今になって思えばあれは勘助だったと思う話。

    もうずいぶん前にいた広告代理店の会社社長が勘助だった。
    弱小代理店(社員6人・内20代私含めて4人)で
    社長は当時40そこそこの独身で、よく若手連れて飲みに連れて行ってくれた。
    入社して1年と数ヶ月後、なんか社内の雰囲気がヘン。
    社内の飲み会が激減し、私が個人的に飲みに呼ばれるようになり
    でも一人は嫌なんで、必ず誰かと一緒に行ってたら、
    私がトイレに行ってる隙に他の子を全員帰して残ったのは
    目のすわった勘助社長と私だけ。
    社長「近いうちにさ、ご両親にお会いしたいんだけど」
    私「へ?私何かしましたか?」
    社「何言ってるの、式だよ式。春には済ませたいと思ってねえ」
    私「入社式ですか?今年はそんなに新人取るんです?」
    ・・・今思えば相当な天然だったと思う。

    で、噛み砕いて勘助社長が説明したのが以下のこと
    ()内は私の心の叫びです

    最初から自分の嫁になるために入社してきたんだろ(いやデザイナー志望です)
    今まで散々私のために飲み会を開いたし(他の子と一緒でしたが)、
    側に座ってお酌も話もしてくれたじゃないか(社長なんだからお酌くらいします)
    ときどき一緒に買い物にも行ったし(はい、お得意先へのご贈答品を)
    ウエディングドレスを見ていいなと言ってた(デザイン的に、昔テキスタイルも志望してたし)
    あれが君からのプロポーズと思って(思うなww)、色々用意してきたよ。

    257

    749: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 21:17:51.03 ID:zhkj9zDB.net
    結婚も考えてた彼から深刻な顔で呼び出されて
    「実は多額の借金がある」って言われた
    あまりにも唐突だし普段の生活やお金の使い方から考えてまずウソ
    2chのコピペ見たのかなってその時点で冷めた
    だから「なんとかなるよ!一緒に返済がんばろう!」って励ました
    そしたら指輪取り出して「結婚しよう」って
    合格って言われたのがすごいムカついた
    だから笑顔で

    「ありがとう、あなたならわかってくれると思ってた!
    実は私、親友の借金の保証人になってて借金2000万くらいあるけど
    もちろん一緒に返して行ってくれるよね!」ってやり返したわ


    このページのトップヘ