ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    絶縁

    15 :ガールズにちゃんまとめ 2017/06/13(火) 14:15:04 ID:Zd6X5S6G.net
    兄嫁が義父(俺ら兄弟の父親)と絶縁して2年くらいになる。
    うちは母親が俺を産んですぐにタヒんでしまったので、父親が
    再婚もせずに俺達2人を育ててくれた。
    子煩悩が服着て歩いてるような人だったので、母親がいなくても
    ぜんぜん寂しくなくて、兄の方は母親の思い出がある分、俺より
    寂しかっただろうけど、それでも家族3人で明るく暮らしていた。
    そんな兄が結婚。待望の初孫が生まれて顔をくしゃくしゃにして
    喜ぶ父が、孫を抱きながら兄嫁に「こんなに可愛い孫を産んでくれて
    本当にありがとう」と言った。
    その一言が気に入らなかったらしい。そのときはニコニコしていたが
    父が帰ってから「お義父さんのために産んだんじゃない」「所詮
    嫁は子供を産むだけの存在だとしか思ってない」と兄に当たりまくり
    最初はなだめていた兄も忍耐の限度を超えて口げんかとなってしまい
    「二度とお義父さんには会わない」と言うことで、本当に絶縁してしまった。
    最初は一ヶ月もすれば頭が冷えるだろうと思ってたけど、もう2年も経つ。
    昨日、姪っ子の誕生日だったので思い出した。神経わからん女だ。

    533 :ガールズにちゃんまとめ 2009/06/17(水) 12:57:44 0
    義実家と絶縁初期の頃
    タヒ人に罪はないし、と仏心で義実家親戚の葬式行ったが
    案の定まわりは敵だらけでフルボッコされたw
    あんた誰?ていうような遠い親戚が口出してくんの。
    あーもう絶対行かない、行った自分がバカだった

    818 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
    記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
    父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

    母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
    「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
    その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
    当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
    なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
    「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
    父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
    そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
    父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

    この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
    セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
    後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

    207 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/20(火) 12:24:40 ID:7HZ
    私は見合いで25歳の時に結婚したんだけど、そのことを幼馴染だったAにものすごく馬鹿にされた。
    私の友人にも見合い結婚した子がいたし、見合いに抵抗はなかった。
    話を持ってきてくれた人が大好きだった伯母で、私にぴったりだって言って見せてくれた釣書と写真を見た時に
    決してイケメンではないんだけどなんかこの人と結婚決まりそうって予感があって、
    実際会ってみたらお互いフィーリングが合ってトントン拍子に話が進み結婚。
    その後思い描いていた理想通りに20代のうちにふたりの子に恵まれ、30代後半にはマイホームも建てた。
    見合いだったせいもあるだろうけど両家の関係もいいし、夫婦関係も40代後半となった今でも一緒にいて友達のように楽しい。
    見合いってのは出会う切っ掛けだっただけで何の問題もなかったのに、何故かAは酷く馬鹿にしてきた。
    A曰く、見合いなんてのは婚期を逃した人がするもので、20代で見合いするなんてどんだけモテなかったのって馬鹿にされても仕方ない、
    ハッキリ言って恥ずかしくて友達に出会いのキッカケを話せないような結婚はしたくないって言われたんだ。
    私は気にしないとは言っても、そんな言い方されたら腹が立つ。
    でも母親同士も知り合いのご近所さんだったし、COしたくとも実家に帰れば顔を合わすこともあるわけで。
    で、初めての出産で実家にいた時に遊びにきたAに「見合いなんかで知り合った男とでもやれるんだねー」って言われたのね。
    それでブチ切れちゃって絶縁。母親にも事情を話して今後Aとの付き合いは止めるからって宣言した。
    その後も何度かAを見かけることもあったけど、ここ10年ぐらいは全く姿を見た事がなく、母からの情報によると
    相変わらず未婚で仕事も止めて引きこもってるらしいが、A母もそのことを気にしてか近所の人と目も合わさないそうだ。
    生活も大変みたいで、母親がパートの掛け持ちもしていると言うのにA自身は全く外に出ない生活をしているらしい。(続きます)

    このページのトップヘ