ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    絶縁

    PPW_suitekituitaakaibara_TP_V

    163: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 01:31:53.82 ID:z4Y3ROrO
    一人娘の私は大学生になり初彼ができるも門限6時の実家暮らし
    嘘が大嫌いな父なので彼をすぐに紹介し涙目ながら付き合う許可でるも門限6時のまま卒業を迎えた
    この頃になると彼と父母はだいぶ仲良しになっていた(彼実家の付き合いもあった)

    母から父に内緒で彼と卒業旅行に行けば良いと言われ、母の協力で彼と初泊まりの一泊旅行に行った(彼には父の許可有りだと勘違いするように母と私で話した)
    しかし2日目父にお土産を買おうとする彼にウソがばれそのまま父に報告、謝罪をする為に実家に帰宅
    実家では父が仕事から帰宅するまでの間、私と母で彼を説得するも叶わなかった

    父帰宅→彼謝罪→父母と私に事実確認→全て正直に告白

    父「彼君、だまされたとこ悪いんだけど責任とれる?」
    彼「私さんしかいません」
    思わず母と顔を見合わせたニヤニヤしてた
    父「でさっ悪いんだけど…そっちの養子にしてよ」

    本当に親子の縁をきられました…

    こちらが悪いのにその日のうちに彼両親も謝罪に来てくれ父を説得するも
    ・すぐに婚姻届をだすので養子は赦して
    ・結婚式には父は絶縁したので出ない

    私はこうして彼と結婚しましたが父は私と絶縁し母とは離婚を前提の別居になりました(母が離婚に応じないので別居の実績作りです)

    父にとって大好きな母、娘とその彼氏で騙したら父の味方が誰もいなくなる事に何故気づかなかったのかを毎日考えます

    477

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/05(火)15:18:48 ID:1a3
    嫁に泣きながら、俺の両親はおかしいしどう考えても毒親だから絶縁してほしいと頼まれた。
    確かにうちの親はおかしいと思うところがあるけれど、正直絶縁するほどのことかなーってのもある
    別に放っておけばいいだけなんじゃないかって。
    うちの親が本当におかしいのかどうか、俺が今まで普通だと思ってたことは虐待だったのかどうか、あと嫁が俺の親から受けたことは絶縁するほどのことなのか判断してほしい

    15 :ガールズにちゃんまとめ 2017/06/13(火) 14:15:04 ID:Zd6X5S6G.net
    兄嫁が義父(俺ら兄弟の父親)と絶縁して2年くらいになる。
    うちは母親が俺を産んですぐにタヒんでしまったので、父親が
    再婚もせずに俺達2人を育ててくれた。
    子煩悩が服着て歩いてるような人だったので、母親がいなくても
    ぜんぜん寂しくなくて、兄の方は母親の思い出がある分、俺より
    寂しかっただろうけど、それでも家族3人で明るく暮らしていた。
    そんな兄が結婚。待望の初孫が生まれて顔をくしゃくしゃにして
    喜ぶ父が、孫を抱きながら兄嫁に「こんなに可愛い孫を産んでくれて
    本当にありがとう」と言った。
    その一言が気に入らなかったらしい。そのときはニコニコしていたが
    父が帰ってから「お義父さんのために産んだんじゃない」「所詮
    嫁は子供を産むだけの存在だとしか思ってない」と兄に当たりまくり
    最初はなだめていた兄も忍耐の限度を超えて口げんかとなってしまい
    「二度とお義父さんには会わない」と言うことで、本当に絶縁してしまった。
    最初は一ヶ月もすれば頭が冷えるだろうと思ってたけど、もう2年も経つ。
    昨日、姪っ子の誕生日だったので思い出した。神経わからん女だ。

    533 :ガールズにちゃんまとめ 2009/06/17(水) 12:57:44 0
    義実家と絶縁初期の頃
    タヒ人に罪はないし、と仏心で義実家親戚の葬式行ったが
    案の定まわりは敵だらけでフルボッコされたw
    あんた誰?ていうような遠い親戚が口出してくんの。
    あーもう絶対行かない、行った自分がバカだった

    818 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
    記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
    父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

    母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
    「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
    その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
    当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
    なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
    「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
    父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
    そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
    父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

    この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
    セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
    後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

    このページのトップヘ