ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    衝撃

    ellymorinonakanohiganbana_TP_V

    603:名無しさん@おーぷん2016/10/15(土)04:09:10ID:QAq
    夜中に思い出し。新婚時代アパートに住んでいた。
    妊娠発覚を期に夫親との同居をすることになり、力仕事以外細々とした整理をしていた。たまたまゴミ出しで近所のおじさんに「引っ越しするの?」と声をかけられ「そうです」、と返事。

    いよいよ翌日引っ越し、となった昼間近所のおじさんが訪ねて来た。
    何かと思って話を聞くと実は私達の部屋で過去に女子大生がサツ害されたんだよねー…だと。

    なぜ今更そのタイミングなのか?
    おかげでたった一晩たったけどgkbrでトイレのドアを開けっ放し、一晩中電気点けっ放したったよ。

    知りたくなかったよ、そんなこと…

    DSCF3255_TP_V

    324: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)16:06:12 ID:YD7
    私の黒過去

    二十代で結婚したがまもなく夫がうつ病めいた中二病をこじらせた。
    「俺は30才まで生きる気はない」
    「年老いた両親の面倒はみたくない」

    もともと専業主婦だった母親を毛嫌いしていたことは良トメに言えず。

    タヒぬつもりだから!を言い訳に夫は浮気三昧、生活費いれないし私の愛情が枯渇したところで、夫がアボン。
    セルフなのか事故なのか正直わからない。
    Kさつでは事故扱いになってた。

    おかげでマンションのローンなくなったし、保険金入ったし。
    夫がタヒんだときは解放感でゲラゲラ笑ってしまったんだけど、トメは私がおかしくなったのかと心配してくれた。
    黒いなと思うのは全く悲しくなかったこと。
    保険金はそんなに多くないとはいえ、離婚でもらえる慰謝料よりは多いなぁと頭のなかでそろばんはじいてたこと。

    DSCF3250_TP_V

    275: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/01 02:54:50.26 ID:qzLKghd6.net
    彼はホテルのフレンチレストランの厨房で、私はホテルのフロントで働いていた。
    その日早上がりだった私は「夕飯何か作って待ってて」と頼まれたので、夕飯を作って彼が来るのを待っていた。

    彼「ただいまー」
    私「おかえり」
    彼「何?今日クリームシチュー?」
    私「そうだよ、上手くできたと思うよ」
    彼「…コンソメの素使った?」
    (流しの三角コーナーを覗きながら)
    私「うん」
    彼「俺、晩飯いらないわ」私「…え?」

    彼曰くコンソメの素なんか使ったものを"料理"と呼ぶなと。
    誰が作っても同じ味じゃないかと。
    疲れて帰ってきてるのに、インスタントを食わす気か?と。

    そして呆然と立ち尽くす私の目の前で、シチューを三角コーナーに流した。

    確かにホテルの料理人だったけど、野菜の皮向きしかさせてもらってない見習い風情が何を偉そうにと一気に冷めました。

    a

    682: 長くてすみません 2013/06/12(水) 21:16:55.87 ID:b4WNySgV0
    よく怖い話で「昨日までいた彼女の存在がそっくり消えた」とか「昔の友達に関しての記憶が自分以外ない」とかあるけど、それと同じ現象を、私も体験しました。
    糖質だと思ってくれるなら思って貰って構わないです。
    2年前出産しました。三人目の子なんだけど、二人目を産んだ時に「頚管裂傷」って症状(赤ちゃんの身体で膣が裂ける)に見舞われて、その時も裂けたから、自分は赤ちゃんを確認した後すぐ、手術を受けました。

    頚管裂傷って普通は数ミリから数センチで、指で押さえて止血(膣も粘膜だから鼻血と同じ処置)なんだけど、自分は二人目の時、子宮口から膣口までさくっと裂けて縫ってたから、今回も大事を取って縫って貰ったんです。
    その後一日経ってから赤ちゃんと対面。
    赤ちゃんは久し振り(6年ぶり)だったからすごく嬉しくてかわいくて、めちゃめちゃ可愛がりました。上の子2人も可愛がってて、すっごい大事にしてました。

    ELFASIMG_1935_TP_V

    480: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/02 13:40:35.41 ID:hsssgY4w.net
    流れ豚切りだけどこないだ旅行で修羅の国に行ってスゲーわって思った経験談

    ちらほら人が集まりだす夕方、繁華街の裏通りのコンビニで一服していたらクラクションが鳴り響いた
    振り返るといかにもなヤン車とタクシーが道で睨み合い状態になっていた
    文章下手なので状況は上手く伝えられないが、とにかく原因は関東ナンバーのヤン車が知ってか知らずか一方通行の道を逆走進入してきたせいにあったのは誰の目にも明らかだった

    それでもタクシーに向かって「引けよ!」と言わんばかりにクラクションを鳴らしまくるヤン車のDQN
    見た目大人しそうなタクシーの運ちゃんも「ここは一通だよ」とジェスチャーしながら動かない
    その内ヤン車で道を塞いだままDQNが降りて、タクシーの元へ
    窓を叩きながら甲高い声で窓開けろおりてこいとハチャメチャに吠えまくる
    「一方通行なのはわかってる そっちが引けばアリガトウで終わりの話だろうが」と自己中心の極み理論を叫びまくる
    失笑と白い目のギャラリー
    するとギャラリーの一人だった見た目普通めの兄ちゃんがまさかのヤン車に乗り込んだ
    ドアの閉まる音で気付いたDQNも一瞬状況理解できずにいた
    兄ちゃんはまるで自分の車かのような顔でヤン車をバックさせて道を開けるだけに留まらず、クラクションを鳴らしながら交差点の先へと走り去っていった
    バックしてた時はテメー勝手になにしてんだよ!とキレてたDQNも、まさかそのまま走り去るとは思ってなかったようで慌ててテメーフザケンナ!と走り出して追いかけた
    アハハーあのヒトやるねーと笑いと拍手のギャラリー
    何事もなかったように走り去るタクシーの運ちゃん
    車は先で乗り捨てたんだろうか・・・DQNざまぁでスーッとはしたけど、住民の戦闘能力の高さにビビった

    このページのトップヘ