ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    衝撃

    ELFAIMG_8543_TP_V

    150: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)12:40:16 ID:NN2
    高校生の時の話。

    夏休みが終わり、教室に入ったら「どうしたの?!」と友人たちに凄くびっくりされた。
    意味が分からずぽかんとしていると先生が入ってきて、先生も私を見てびっくりしている。
    そして言われたのが「おまえ痩せたな!!」だった。

    当時はデブではなかったけど、お世辞にも痩せているという体型ではかった。
    甘いもの大好きでしょっちゅう食べていたし体型など微塵も気にしておらず体重計にも基本乗らない。
    長距離の自転車通学だったからかろうじてデブにならずに済んでいた。
    周りからは彼氏ができたのかとかたった一ヶ月ちょっとであれだけ痩せたのだからすごいダイエット方法を知っているのだろうと
    根掘り葉掘り聞かれたけど彼氏もいなければダイエットなんてしていない。
    ただただ色々するのが面倒で引きこもってダラダラしていただけ。
    両親共働きで自分でご飯を作らないといけなかったんだけど、それも面倒でしなかった。
    お腹すいたなーと思っても面倒だからずっと麦茶飲んで寝ていた。
    甘いもの食べたいと思うことがあっても買いに行くの面倒だから食べず。
    漫画買うお金欲しさにバイトはしていたので外出はバイトとたまに友達と遊ぶくらい。

    学校から帰宅後体重を測ってみたら、6月の健康診断の時から8キロ痩せていた・・・
    鏡もそんなに見ないから自分で全く気が付かなかったよ。
    同級生から「ダイエット方法教えて!」と言われた時に上記のことを話したらしょんぼりされてしまって申し訳なかった。
    こんな痩せ方したからすぐリバウンドするんだろうなと思っていたけどリバウンドはなし。
    現在27歳だけどあれからずっと体重はそのまま。
    体型維持のために何かしている訳でもないけどそのままだ。
    そして痩せてから数ヶ月で初めて彼氏が出来てその彼氏と結婚した。
    何でもめんどくさがるセイ格のせいで知らない間に勝手に痩せ、結果的にブサだからと諦めていた結婚まで出来た事に衝撃を受けた。

    ELLY14040953_TP_V

    856: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/14(火) 13:15:57.35 ID:QzD/A74o
    付き合っていた私自身にも、別れたDQN彼も含めて冷めた話。
    別れてからしばらく経つし書きこ。

    短大生の頃に付き合っていた彼氏はDQNだった。
    学生の頃の私は不良っぽいような男セイに憧れ気味でそれも格好良いと思った。
    実際に見た目も体つきも大きく私には優しかったので普通に付き合っていけた。
    が、友達や後輩に対しては自分が面白くない事や嫌な事があると怒鳴ったり下手をすれば殴ったりするのを
    何度か見てしまい冷めたと言うより少しずつ彼が怖くなっていった。

    そして極めつけは自分の呼び名。
    ちゃんと親からもらった名前と自分の苗字があるのに
    外で自分の名前を名乗る時は山○タケルという偽名を使って名乗る事。
    お店を予約する際の名義。警察から職務質問を受けた時もその偽名で平気で名乗る。
    由来は、苗字は某○くざの組織名にあこがれてるからそれにちなんで。したの名前はヤマトタケルからとったとのこと・・・
    私が「なんで本名言わないの?さすがにどうかとおもうよー?」って行った途端物凄い形相になり私の胸倉を掴んで
    「これが俺の本名なんだよごるあぁぁぁぁ!!!」と裏返った声で発狂したかのように私に怒鳴り散らした。
    警察にも名前聞かれたときにドヤ顔で「山○タケル」と偉そうに言って免許見せた際に思い切り叱られるし
    私が入院したときも看護師さんに向かって「どうも、こんどからこの病院の院長になった山○タケルですwww」
    とか悪ふざけし始めるそんな姿を見てこんな頭おかしい人とどうして付き合ってたんだろうと思い別れた。

    十分作り話に見えるけど本当で実際の名前を勝手に変えて本名だと言い張り名乗ってる話でした・・・
    今なにやってるんだろうw

    _RTM8864_TP_V

    584: 名無しさん@おーぷん 2015/09/10(木)19:59:31 ID:qNK
    なんかちょっとよくわからん体験したんだが

    仕事帰りに駅ビルの地下の食料品売り場でメシ買っていこうと思って、
    フロアまでエスカレーターで降りたとこで、前にいたおばさん(推定50前後)の三人組の一人に絡まれた

    曰く、「あなた誰?ストーカーしないで!私は旦那も子供もいるの、服だって知らない男の人に見せるためにオシャレしてるわけじゃないの!」
    というようなことを早口でまくし立てられて俺( ゚д゚)ポカーン

    連れのおばさん達が「なになにどうしたの?」とその人に聞いたら
    「この人改札からずっと後を着いてきてるのよ、いやらしい目で見てきてきっと痴漢よ!」
    とか言い出した

    連れのおばさんの一人が俺に「あなたそうなの?」って聞いてきたから、
    「いや、何言ってるのか・・・その人なんなんです?」
    と唖然としながら糸交り出したら
    もう一人の連れのおばさんが「またなのー?はいはい、分かった分かった」
    と当人を引っ張っていった

    俺に質問してきた方のおばさんも
    「お兄さんごめんねー、あの人ちょっと変わってるのよーオホホ」
    と苦笑しながら去っていった

    一体あれはなんだったんだ
    おばさんが基地なのかマジで痴漢と間違われるようなことを俺がしてたのか
    多分前者だと思うけどさ
    改札からと言われても、そんな他人のこと気にして見てないよ・・・

    フォローしてたおばさん達がいなかったら、
    こういうケースでも俺が変質者扱いで通報されてたのかな?

    llllllllllllllll

    667: 可愛い奥様 2012/11/18(日) 00:03:14.97 ID:5uQBhq+y0
    女子校に通っていた高校一年生の時の水泳の授業の時だった
    水着に着替え終わって、水泳授業が始まる前に
    プールから少し離れた更衣室にゴーグルを忘れたのを思い出して、更衣室に取りに戻った
    更衣室に入ると奥の方に何か人の気配がして、ロッカーの陰から恐る恐る様子を見ると
    生活指導担任ではない英語の先生が何やらロッカーを開けてゴソゴソやってる

    持ち物検査でもやってるんかな?って思ってロッカーの陰から隠れて見ていたら
    何かを鼻に押し当てて臭いを嗅いでる様子、何だろうと思っていると
    ズボンからチ○コを出して(´Д`)ハァハァやってたw 手にしていたのは言うまでもなくおぱんつだったw

    ヒョエ~ッ!マジ?って思って怖かったから、見なかった事にして逃げようと思ったけど
    その先生はその年の新卒教員なのを思い出した
    『先生、何でこんな所にいるんですか?』って小さい声で声をかけて、騒ぎになる前にその場を離れさせて放流
    後日、放課後の人気の無い廊下で待ち伏せ、反省してもらおうと思い見た事を一部始終話したら
    卒業まで毎月お小遣いをくれた、不思議だったけど仕方なく貰っておいた。

    先生、今も元気で現役変/態かなw

    ELLY092062116_TP_V

    556: その1 2015/05/16(土)18:47:55 ID:Ax8
    勝手に吐き出して逃げますよー。

    自分が、ある日会社帰りのこと。
    ちょこっとコンビニによったら、昔自分を虐めてたAに出会った。
    俺は気づいてたんだけど、Aと一緒に居た彼女っぽい人が気づいてちらちらと俺を見てる。
    もしかしたら、彼女に俺のことを話してて彼女もDQNなのかも、と思い逃亡を図る。

    でも、運悪くAに見つかる。
    A「お前、??(俺の名前)じゃねーかw」
    それから始まり、Aは俺の肩に痣ができるくらい強く叩いてくる。
    叩きつつ昔の虐めを話ししていると、彼女が急に涙目になりぷるぷると震え始めた。

    すると、いきなり彼女が彼氏をグーパン。

    彼女「私の弟になんてことしてくれたの!? 一目見たくて、毎日ここに来てたの知ってるじゃん!!」

    その後、Aがアタフタする。
    俺も頭の中が真っ白になる。

    A「え、そんなこと無いだろ? こいつの両親はこいつが生まれる前に母親が原因で離婚したんだし」
    彼女「どっちも片親な時点で察しなよ!! うちは、お父さんに育てられたの!!! お父さんが引き取りたいって言っても、お母さんが拒否したから駄目だったの!!」
    俺「いや、そんな嘘でしょ?」
    彼女「最低、アンタのせいで弟に信じてもらえなくなった!! もういい、結婚止める! 慰謝料払って!!」
    A「え、ちょ、待てよ!」

    俺は実際母子家庭で、母親から「お父さんはタヒんだ、一人息子だった」と言われて育ったから、家族なんて居ないんだけどw

    結局その日は2人のキチを置いて俺は逃亡しました。
    その翌朝、日曜日。
    後日、母が真剣な顔をして話を切り出した。
    母「ごめん、ずっと騙してたの。本当はお父さんは生きてるの」
    俺「え? 嘘だろ?」
    母「本当よ、今から会いに行くわよ」
    俺「なんでそんな急に?」
    母「貴方のお父さんから、貴方に離れた家族のことを話すことを条件に、毎月20万貰ってたの。アンタのせいで、全部パーになりそうなの、行ってきなさい」
    俺「ちょ、本当なら、なんで約束破ってんだよ、母さん?」
    母「アイツが寂しい思いをさせたから別な人のところに行ったのに、それで離婚なんて酷い真似をしたからね」
    俺「ああ、うん。話を聞いた俺が悪かった」

    実は、母は昔から自分の都合のいいように解釈をする癖があるんですよね。
    謝ったことなんて一度もないし、自分の思い通りにいかないと殴る蹴るとかタバコの火を押し付けるとか普通だったしw
    他の家庭とは違うちょっと攻撃的な母でした。

    このページのトップヘ