ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    誤解

    941 :ガールズにちゃんまとめ 2016/02/28(日) 13:31:51 ID:zJZ
    ある日、娘に遺書を見つけられた。
    お母さんがタヒのうとしてる?!それとも病気?!と娘からガンガン電話が来た。
    その時ちょうど友達とランチ中で全く気付かず、焦った娘は夫に連絡。おっちょこちょいの夫も大慌てで私に電話、しかし全く気づかずでない私。
    夕方、夕飯の買い物して家に帰ったら夫と娘が家にいた。
    来るなら言ってくれたらご馳走にしたのにー。
    あなたもこんな時間に帰ってるなんてどこか具合でも悪かったの?ごめんね遅くなってといつも通り話しかけたら、夫が少し涙目でキレた。
    遺書を見せられ、これは何だと問い詰められた。
    私、学生時代に母親を亡くしてるんだけど、事故だったから急だったのね。
    それで、自分の思いを伝えられないままタヒぬのは嫌だ、そして人間いつ何があるかわからないと思った私は、それから一年に一回か半年に一回くらい、遺書を書いている。
    内容はいつもほぼ同じで、家族への感謝と私がタヒんでも幸せでいてほしいという希望。
    娘が見たのは、たぶん2年前くらいに書いたやつ。娘が独り立ちする時で、家にあるタンスをそっくりそのままあげたんだけど、そこに入ってたみたい。
    慌てた夫が息子たちや、共通の友達(私と夫は学生時代の部活先輩後輩)に連絡をしたらしく、訂正というか無事ですという連絡をするのが恥ずかしかったー。
    あとちょっと遅かったら警察に電話するところだったらしくて、危ない危ない。
    携帯は首から下げろ!とか言われてしまって、そんなおばあちゃんみたいな…と思いつつも、いつも気づかないから真剣に検討中。みなさんごめんなさい。

    154 :ガールズにちゃんまとめ 2013/10/07(月) 13:42:47 ID:8ZDQHldy
    結婚と同時に転勤、周りは子持ちばかり。当時まだ子供もいず、新米ぼっち主婦な私の趣味は料理だった。
    とはいえ、プロ級目指すわけではなく、実家では既製品を使ってたものを手作りしたり、「素」を使わずに作ってみよう、なスタンスで、
    時短より手間を優先した料理だった。大体、そのほうが安上がりだったし、子供が出来れば時間は無くなる、お金はかかると思ってたので
    こんなに料理出来るのも、今だけだよなー、と、ぼっちを紛らわせていた。

    半年くらい経って、生活に慣れてきた頃、旦那の同期であるAさんも、こちらに転勤となった。
    旦那は、結婚する前は独身寮住まいで、そのせいか、同期との付き合いが密。
    Aさんとも、私は結婚前から何度か会った事もあり、結婚式にも来てくれた人で、こちらの寮の入寮資格にAさんは当てはまらず、一人暮らし。

    このページのトップヘ