ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    PAK86_mablechoko_TP_V

    370: 名無しさん@おーぷん 2015/07/31(金)19:42:27 ID:CWD
    昔借りた借家の前に住んでた一軒家の家族がスレタイ。

    建っていた所が道の突き当たりが田んぼで、その左右に家が建ってたのね。
    で、その突き当たりが車が回れるように道が少し広めになっていたんだけど、そこにドーーーンとバスケのゴール設置

    ゴール設置の横が我が家の駐車場。

    前の家の中学生が毎日ゴール練習して外して車にバスケットボールぶつけること多数…

    友達がきて3on3してボールぶつけること多数…

    あてるなと言っても聞かずに練習…

    その親に伝えても無理

    子供たちに
    「練習したいなら車を移動させるから言ってくれ」
    と言ったら子供たちも納得したが、運転免許を持っていない母親だけが在宅の時に、練習するから退けろとの要請。
    母親は
    「動かせる人間がいないなら、いまは我慢してくれ」
    と伝えたところ、そのまま練習しやがった…orz

    帰ってきてから前の家に!!
    「こっちは動かすって言ってるのになんでやるんだ!?!?
    また人の車を凹ませて弁償しないくせに、すこしぐらい我慢させろっ!!」
    と怒鳴り込んだら
    「子供はちゃんとお願いしたのに、動かせないそっちが悪いんでしょ?こちらはなにも悪くありません。
    後から引っ越してきて、バカじゃないの?」
    と言う母親!


    その1週間後ぐらいに、前の家の母親がニコニコしながら来た。
    何の用かと思ったら
    「毎日練習してたお陰で全国大会に行けることになりましたぁ!!!
    付きましては寄付をお願いします♪」

    だとさ…orz

    「あんたの子供たちに車を凹まされたのに弁償もしてもらえず寄付なんてあるかぁぁぁぁ!」
    と怒鳴ってやった。

    「将来有望な子供たちは将来の宝なんだから、それぐらい我慢しなさいよっ!!
    それよりも寄付しなさい!!!ほらっ!!!」

    と言っていましたが、そのまま玄関から押し出してやりました。

    人が定着しなくて困るって不動産屋も言ってた物件で、5LDKで駅まで徒歩5分だったのに、相当安かったのはその家族のせいなんだろうなぁ…と思った出来事でした。

    Photoelly001_TP_V4

    954: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 16:47:16.54 ID:vklPnfRQ.net
    吐き出させて
    さっき市の体育館でやってるサッカー教室が終わって車に子を乗せ私が乗り込みシートベルトをしている隙にどうやら私の車の完全にタヒ角になるフロント近くに習いにきている下の子がウロチョロして座り込んだらしい
    で私は全く見えず発進させようとしたら体育館入り口近くにいる母親たちが悲鳴

    なんだと思って止まったら寸前にいたらしく母親は抱えかげてギャーギャー、私に謝りもせず
    見ていた母親たちもボーゼン
    てか乗り込んでから全くのタヒ角にいて本当に見えなくて心臓がギュッとしたよ…
    ちなみに車はランクル
    母親同士喋ってないで子と手を繋げ!!
    あーもうまるで私が周りを見ず轢きかけたみたいで次回行きたくない
    幼稚園バスで下の子を轢いちゃった運転手の気持ちがわかったよ…

    DSCF9609_TP_V4

    472: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/07(金) 11:42:55 ID:2BZA7QI6
    つい先ほどの話

    車を買い換える為に馴染みのセールスに来てもらい、車を査定をしてもらってたら
    斜向かいのマンションに住むオッサンが声掛けてきて、車売るのかと聞いてきた
    買い替えで下取りしてもらうんですって答えたら
    どこの誰かも分らないのに売って乗り回されるより
    俺が引き取ってやるよって言うので、何言ってんだこの人って思ったが
    じゃあ手続き全部やってくれるならこの査定額で良いですよって査定表見せたら
    引き取ってやるんだからタダに決まってるだろって言ってきた。

    19322G005_TP_V

    676: 名無しさん@おーぷん 2015/09/14(月)11:01:18 ID:WKO
    別スレで相談している人の読んでて思い出した。

    私より二歳年上の従兄がいて、その従兄が高校時代、みっちりバイトしてきっちり貯金した。
    そのお金で、免許を取ったその日に車を買いに行った。
    車はRX7。二人乗りの車で、目が(ライト)がかばっと開いてカエルみたいだし
    従兄家は伯母夫婦と従兄の三人家族で両親ともに免許なし
    車に興味のない女子高生の私には二人乗りで実用的じゃないし、何考えてんだろ
    男の考える事はわからんわ、の、まさにスレタイの気分。
    しかも、車の中古車雑誌を見てうちから近い中古車店に行ったんだけど
    年式が古いわりに人気があるので高額で、父がこんな値段払う価値なしと反対して
    その足でディーラーに連れて行って、当然従兄の貯金では間に合わず
    父が保証人になって新車契約した。
    せっかくの新車だからと、大工の父が納車までに突貫工事で叔母家庭に屋根付き車庫を建てた。

    その後従兄家では当然二人乗りでは不便で(でも以前は車すらなかったんだけどね)
    従兄は近距離の親類宅に行く時は往復したり、遠方に行く時はうちの車を借りに来たり
    普通の5人乗りならしなくていい苦労しながらも車を手放そうとはしなかった。
    私も免許を取って、安いコンパクトカーを買って、遅ればせながらやっと従兄の気持ちも
    わかるようになった。
    やがて従兄も結婚して、子供が生まれた。
    出産後はじめて会った時、従兄の車はミニバンになってた。
    その時従兄嫁の台詞にスレタイ
    「新車の納車の日、従兄くんったら下取りの車に突っ伏して泣いてるのよ。
    あんな古くて不便な車、何がよかったのかしらね。新車の方が全然いいじゃない」
    従兄のセブン、10年以上乗ってても傷一つなくてピカピカだった。
    「でもあんなボロでもいい値段で下取りしてくれたのよね。」

    数年して従兄が離婚した時は、何も疑問に思わなかったなぁ。
    ATじゃなかったし今は当たり前の最新の装備なんかないけど
    結婚前は「素敵なオープンカー」って喜んでたのにな・・・

    RED19526B002_TP_V

    684: 名無しさん@おーぷん 2015/09/14(月)19:28:09 ID:OK9
    先日、役所へ用があり、自動車で向かった。
    駐車場にバックで駐車してエンジン切った後、助手席に置いたカバンの中をごそごそしていたら、突然外でクラクション。
    はっと顔をあげると、自分の真向かいに、車の正面同士を向かい合わせるように停まっていた軽乗用車がゆーっくりと目の前に近付いてきていた。
    運転手と助手席にいる人は後部座席を覗き込んでいて、全く前を見ていない。慌てて自分もクラクションを鳴らしたんだけど、間に合わず、そのままごっつん。

    それで気付いたらしく、ぶつかってきた車のドライバーじいさんと助手席ばあさんが前に向き直り、じいさんが「はぁ?」という顔をした後、車から降りてきた。
    何してくれてんだ…と思いながら自分も車を降りたら、「何ぶつかってきてるんだ!」と言い出すドライバーのじいさん。「ぶつかってきたのはあなたの方ですが」と言っても、「俺じゃない!ぶつかってきたのはお前だ!」と話にならない。
    自分の車は駐車場の枠内に収まって停まってて、そこに正面からぶつかってきてるんだから、どっちが原因なのかは火を見るよりも明らかなのに。
    そしたら、近くの車から窓を開けてこちらを覗いていた女性(おばちゃん)が降りてきて、「私見てましたけど、軽乗用車の方がゆっくり近付いてぶつかりましたよ、危ないと思ってクラクション鳴らしたんですが」と言ってくれた。
    (ここで最初のクラクションの主がこの女性だと気付いた)
    が、それでもじいさんは「ぶつかってきたのはお前!」で、「俺の車はちゃんと枠内に停まってるんですが」と言ったら「ぶつけた後にバックしたからだ!」、と。
    「とりあえず警察を呼ばれた方が…」と女性に促され、警察に電話。
    駆けつけた警官にも上記のように「ぶつかってきたのはあいつ!」と言っていたけど、女性に目撃証言をして頂き、更に、実は設置してたドライブレコーダーの映像記録を見せ、女性の証言と映像が一致しているのを確認してもらい、じいさん理論終了。
    (過去に2chで、事故してもドライブレコーダーがあるということは最後まで言わない方が良い、と見たことがあったので、わざと伏せてた)
    警官に互いの連絡先の交換をしろ、と言われても「あいつが悪いのに連絡先を教えたくない!」とゴネていたけど、警官に「どう考えてもあんたが悪いの!」と叱られてる間にばあさんと連絡先交換。
    事故当日の夜、老夫婦の息子だと名乗る人から電話があって、大変申し訳ないことをした、謝罪をしたい、と電話があった。
    あのじいさんの息子だと考えると家に来られるのは躊躇われたので、第三者の目がある別の場所を指定して会ったら、ホントにあのじいさんの息子か?というくらいちゃんとした人だった。
    結局、家でも「俺は悪く無い・ハメられた」論を振りかざしていて、息子さんが「謝罪しに行くぞ」と言っても頑として行こうとしなかったので、代わりに謝罪に来たらしい。
    例の軽乗用車は息子さん名義の車・保険だったそうで、こちらの責任なのでちゃんと車の修理を致します、と言われた。必ず父にも後日謝罪に来させる、とも言われたけど、ちゃんと車を直してくれるならそれはいいです、とお断りした。
    証拠揃ってるというのに、最後まで自分の非を頑なに認めなかったじいさんにスレタイ。
    ばあさんがほぼ空気ですが、ばあさんが何か言おうとする度に「黙ってろ!」とじいさんが牽制していたから、本気で「自分は悪く無い」と思っていた訳ではなく、おそらく自分が悪いと分かった上でゴネていたんだと思う。なので、余計にスレタイ。
    ちなみに、証言してくださった女性には、ちゃんと後日改めてお礼をさせてもらいました。

    このページのトップヘ