ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    離婚

    779 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/27(火) 23:09:13 ID:YqO
    夫と喧嘩中なんだけど、腹立ちがおさまらない
    夫とは職場結婚、私は夫の親の介護が始まったので働き方が時短になってるんだけど
    飲み会で結婚は墓場みたいな話になったとき、夫の周りで「共働きが当たり前になった今結婚なんて有り得ない」って話しがあがってた
    社会システムのことかなと耳を傾けてたんだけど、「夫婦共働きなのに働きたくありませんって寄生する女しかいない」と言い出した
    この時点ではよくある女叩きさんかと思ってたんだけど、その後夫に向かって「お前んところも結婚したとたん時短だもんな」と言って、夫より立場が上の相手だからと夫が同意してしまった
    ここまでもまだ我慢できた
    「働いてたら家事もろくにできないんだろ」
    夫はバカみたいにこれにもうなずきやがった
    する必要のない同居して、義実家に五万私の稼ぎから入れて、義親の介護して、高校生の義弟たちの分も含めて家事もやって
    むしろ家事私以外誰がやってんの?
    あんたら男どもが汚すトイレを毎日壁まで拭いてるのは誰?
    今の結婚生活、私に何のメリットもないこと承知で、夫の家族だから支えようと思って同居したんだけど?
    そっかー私は寄生虫だったんだー
    結婚三年目で愛情が干からびた
    二次会にも参加せず早々に20時に帰って家事してた私をよそに、夫は二次会三次会でベロベロ
    言うことないのかと詰め寄ったらだんまり
    義弟が「兄貴はあんたと違って働いてんだよ」だって
    介護があるから、義弟たちより遅く家を出て、義弟たちより早く帰ってくるせいで、義弟たちは私が働いてるって実感がまるで無い
    謝って諌めてくれたのは半身麻痺の義親だけ
    翌日仕事に行ったら「夫さんに苦労かけてるんだって?愚痴ってたよ~」と周りから言われ
    その日から夫の周りにいた男からちょくちょく嫌味が飛ぶようになり、人生紆余曲折経た大ベテランの先輩からは「子供がいないうちよ。私がお世話になった弁護士紹介しようか?」と言われ
    私の二倍近く生きているパートのおばちゃんたちから慰められ、全てをまとめて家から出た
    なんで私の周りの男たちは労りって言葉を知らないんだろう
    なんで私を感情のある人間だと思えないんだろう

    980 :ガールズにちゃんまとめ 2016/01/03(日) 13:28:29 ID:9sc
    アザが残るほどのいじめ受けて不登校になってフリースクール通ってる男の子に
    「お前にも悪いとこあったんじゃね?」
    「ちゃんと通え。それで自杀殳するほど弱い人間ならお前には最初から生きてる価値はない」
    浴衣着せられてはしゃいでる幼女に
    「イチゴ柄とかダセえw」
    「センスないくせに浴衣なんかに手出すなよ」
    親の束縛に悩んで親に内緒で学校のカウンセリング利用してる女の子に
    「昔の女の子はもっと不自由だった。そのぐらい我慢しろ」
    旦那が近頃忙しくて0時回らないと帰ってこないけど温かいご飯食べさせてあげたいから起きて待ってる~って喋ってた女性に
    「女でも作ってるんじゃね?」
    なんて具合に相手の感情を逆撫でする発言や余計な一言が多い奴がいた
    どうも悪気は全くなく自分の発言が相手にどう受け取られるか理解できなかったようで、相手が泣いたり怒るとえっ?えっ?って感じで本気で困惑してた
    その場では謝るけど同じことの繰り返し
    万事こんな調子だから親戚の集まりでも話しかけるのは俺だけ。大学卒業した頃にはすっかり顔見せなくなった

    そいつと昨日5年ぶりに再会。
    全く知らん間に結婚して、全く知らん間に離婚していた(式は挙げなかったらしい)
    どうも嫁さんに懇願されて一年たたずに離婚したらしい
    まぁ残当だな…と思ったら話に続きがあった
    離婚したあと郵送で元嫁さんから発達障害関連の本を何冊か送られたらしい
    一般向けに書かれた簡単な本で、読み進めていくうちにどうも思い当たる節があったらしく、最後の方のページに書いてあった「発達障害の治療」みたいな項目を参考に障害者支援センターに行ったらしい
    最寄りの障害者支援センターに足を運んで大学病院を紹介されて、そこでアスペルガー症候群と診断されたらしい

    発達障害がもっと広く知られていて、もっと早く診断されて適切な治療が行われてればこいつも別の人生が歩めたのかなぁと思うと切なくなった

    872 :ガールズにちゃんまとめ 2017/12/08(金) 11:39:41 ID:R0z
    吐き出させて。
    両親が離婚するみたい。きっかけは私の出産。
    里帰りしてすぐ絶対安静になって、実家で寝てたら父が別人のように厳しく
    いつまで寝てる!とか母さんにだけ働かせて!って怒鳴るようになった。
    父はすごく温厚で、怒鳴られたのは初めて。
    あの父が怒る位だから私よっぽどひどいのかな、でも絶対安静だし…と
    母に言ったら、母が父に激怒。
    絶対安静だって言われてるでしょ!私は娘に手伝えなんて思ってない、
    大変そうだと思うならアンタが手伝え!と。
    父は「よかれと思って…」
    母はさらに怒って、「私が妊娠した時と同じだ!あの時もおかしかったけど
    まさか実の娘にも同じことをするなんて!」
    結局私は入院し、息子が無事生まれた。
    父はもとの温和な父に戻ったけど、初孫の息子にはまったく関心なし。
    母が言うにはこれも昔と同じで
    母が私を妊娠した時、つわりを「うるさい!」お腹が出てきたら「気持ちわりい」
    眠くて寝ていたら「怠け者!」
    私が生まれても、しゃべりだすまでまったく関心を示さなかったらしい。
    私は子煩悩な父しか知らなかったからビックリ。
    母は本当は二人子供がほしかったけど、また父がああなるのが怖くて
    一人しか産まなかったそうだ。
    それから三年。
    両親の亀裂が埋まらず、離婚するって連絡が来た。
    母は正社員だし、福利厚生は父の会社よりしっかりしてるから心配いらないって。
    あの時里帰りしなきゃ、今でも両親は一緒に暮らしてたのかなーとか
    私がもっと元気な妊婦だったらよかったのかなとか、色々考えてしまう。

    944 :ガールズにちゃんまとめ 2018/02/26(月) 10:03:35 ID:Isr
    百年の恋も冷めた瞬間、かこちらかどっちにしようかと迷ったんですが、
    結局こちらに書かせてもらうことにしました。
    調停で、去年離婚したんです。
    元々結婚したのは、私が元夫のことが好きで好きでたまらず、
    彼が浮気してても気づかないふりして我慢してた。
    彼もわたしならどうとでもできると思ってたんだろうと思う。
    今考えると彼は私のことなんか好きじゃないけど、なんでもいう事を聞く家政婦がほしいと思って
    結婚したんだろうなと思う。
    結婚してから、すぐにまた浮気を始めた。
    それでも、長く一人との浮気はさすがにまずいと思っていたのか、
    あとくされのない相手ばかりだった。
    でも結婚して二年くらいしたころに付き合い始めた相手のことはかなり本気モードだったのだと思う。
    私が知る限り、2年くらい続いてたと思う。
    それでも何も言ってこない私に彼女が切れて、自宅にまで別れろと言ってきた。
    そこまでされてたのに、私は離婚したくなくて、彼に浮気してもいいから、
    離婚したくないって泣いてすがった。
    有責側から離婚できないってほんとだね、彼の方で弁護士はさんで話し合いをしたんだけど、
    私がどんなに良い条件を出してもうんと言わないから、無理ってことになった。
    その間に私の実家に彼が彼女と一緒に浮気してるから、娘を説得してくれと言いに行ったり、
    義実家から、呼び出されて、ここまでされてるのに、別れないのは頭おかしいとか言われたりもしたけど、
    やっぱり好きなものは好きで、離婚はしたくないと粘った。
    そうしているうちに彼女の方が愛想尽かして彼から離れてった。
    それから彼もあんまり浮気しなくなって、なんか平和に暮らしてた。
    避妊してたわけでもないのに、なぜか子供もできなかった。
    でも一昨年の夏に彼女が結婚するらしいって彼が聞いてきたんだよね。
    そんで、晩御飯の時にポロっと、「幸せにしてやれなかったから幸せになってほしいよ。」
    って言ったんだ。
    なんかそれ聞いた瞬間、今までの好きって気持ちが一体どこに行ったのかって不思議になるくらい、
    スーッと熱が冷めた。
    それからすぐに彼に離婚したいと彼に言った。
    彼は私が彼女の結婚の話を聞いて嫌がらせをしようとしてると思ったんだろうね。
    彼女の幸せを壊すようなまねはするなって言ったんだよね。
    私は彼女のことなんかこれぽっちも考えてなくて、ただ彼のことが嫌になっただけだったんだけど、
    彼がそういったことで、そうか、私にはその権利があるんだなって思いだしたの。
    それで弁護士に相談に行って、彼と彼女にされたことを克明に記した日記や、
    彼の両親や、親戚からされたことや、彼女の両親や兄弟からされたことを話したの。
    弁護士も内心なんで今更、と思ったとは思うんだけど、それは大変でしたね何て優しい言葉をかけてくれたりして、
    彼女に慰謝料を請求することにしたんだよね。
    結局最終的に彼女は破談になって、私は、彼女から、324万という半端な金額をもらって、
    1年ちょっとの時間を調停に費やし、彼から慰謝料と財産分与と離婚をもぎ取ったのでした。
    なんですぐに彼が離婚しなかったのかはいまもわからないんだけどね。

    987 :ガールズにちゃんまとめ 2015/12/08(火) 01:37:44 O.net
    変な時間に目覚めたけど
    やっと離婚成立した嬉しさで修羅場を洗い流したいから投下させて。

    私はある生活に密着したもののアレルギー(非食べ物)。
    すごくマイナーだけど、ジェルや衣服でカバーしている。
    それを旦那はうっすらしか理解してなかった。
    それでも私にそれを触れさせてはいけない、とだけ理解していたみたい。

    テンプレ糞トメが足を骨折して、退院後なし崩し的に半年だけの同居ということに。
    3日でやってくれた。
    バレないように書くのは難しいんだけど、そのアレルゲンで私を擦るというか、摩擦させるようにおしあてるというか…。
    お風呂のお世話をしていた時だったので私の肌は見るも無惨な状況に

    顔も腫れて意識は朦朧としてきて、スマホで救急車呼んだよ。

    旦那には大袈裟だと怒られた。
    前科があって、念書も記入済みの離婚届もあるので弁護士依頼して慰謝料と治療費貰ってやっと離婚。
    酷く爛れてしまった肌を見る度にどうしようもない気分になる修羅場。

    このページのトップヘ