ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    震災

    387 :ガールズにちゃんまとめ 2011/07/10(日) 12:47:16 0
    ◆現在の状況
    夫婦でアパート住み、子無し。震災の被災地に居住
    ◆最終的にどうしたいか、どうなりたいか
    疎遠になりたい
    ◆相談者の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も
    20代半ば看護助手 夫30代後半公務員、子無し。
    私がやや妊娠しづらい体質(婦人科受診済)
    ◆義実家の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も
    義両親ともに60代、独身の義兄30代、自営業

    583 :ガールズにちゃんまとめ 2016/03/06(日) 12:57:16 ID:coM
    リアルでは言えないので吐き出させてください。
    酷い暴言かも知れません。不愉快になられる方もいらっしゃると思います。
    最初に謝っておきます。ごめんなさい。

    震災から5年と言う事で、被災者の現在の心境等が各局で流されている。
    その中で防潮堤についての町の人々の不満があった。
    町の景観がとか海が見えないとか・・・気持ちは分かる。
    きっと以前は素晴らしい景色の中で生活してたんだろうし。
    でも「あんなもんいらん」という言葉にイラッとした。
    その町は海から少し離れたところの土地を嵩上げして町を作る計画で
    切り崩した山の土を運んで住宅地を造ろうとしているのだが、
    それについても「あんなところに町はいらん」と。
    私なんかには分からない複雑な気持ちもあるんだろうとは思う。
    でも。

    震災の直後、幸運にも夫が買った宝くじが当たった。
    2等1000万。
    リアルで言えないのは、この件もあるからなんだけど
    私たちはそれを2つの団体に寄付した。
    惜しくなかったと言えば嘘になる。
    でも夫と話し合って、まさか本当に当たるとは思ってなかったし
    アテにしていたお金ではないから、なくても生活に支障はない。
    いわば“あぶく銭”。だったら寄付しようってことに。
    ところが、それから半年後、息子の難病が発覚した。
    その為に私はパートを辞めざるをえなかった。
    ああ、寄付なんてするんじゃなかったという思いと
    そんなふうに思ってしまう自分の心の狭さに葛藤もした。
    それでもあの1000万がきっと役に立っていると思ったから
    あれで良かったんだと思うことができた。
    それは強制されたわけでもなく、私たちが自分の意思でやったことだから
    恩に着せるつもりもないけれど、
    多くの寄付金や多くの税金を投入して、
    二度とあれだけの犠牲者を出さないようにとやっていることに対して
    「あんなもん」「あんなところ」という言い方をされてしまうと
    復興が遅いだのなんだの文句も言うなと思ってしまう。

    言い過ぎだったらごめんなさい。

    304 :ガールズにちゃんまとめ 2011/12/27(火) 13:43:27 0
    義弟嫁は自覚のないおバカさん。
    アメリカとイギリスが同じ国だと思ってたし
    ほうじ茶を60度前後のお湯で入れるし
    自分は迷い箸をしながら、コトメ子のねぶり箸を注意する、といった感じ。

    震災の後、息子(大学生)が所属するサークルで義援活動をしてると聞いて
    「息子君は偽善者だね」
    とにこやかに言って空気を凍りつかせた。
    義弟は「正義の味方という意味だと思うorz」と言っていたけど。

    天然を装ってわざと言ったのならまだ我慢できる。
    でも義弟がこっそり意味を教えたらしく
    あとから泣きながら謝ってきたし、
    義弟子のママ友から浮いてると悩んでから、真性なのかも。

    536 :ガールズにちゃんまとめ 2016/01/24(日) 06:48:21 ID:ZlM
    流れを切るようで申し訳ない。
    初書き込みですがご容赦を。
    医者に「出来るだけ他人に話したほうがいい」と言われたのですが、
    口に出すと未だに情景がフラッシュバックして震えてしまうので、
    文章に起こしてみます。長文、いくつかに分けます。

    3.11の際の武勇伝。
    当時某食品スーパーに勤めており、当時片思いだった女性も同じ職場に勤めていました。
    妙な地響きが聞こえる、と思った瞬間、本震が来ました。
    マニュアルには買い物籠をお客様に被らせる、というものがありましたが
    真っ先に思いついたのは片思いの彼女の事。
    本来なら叩かれる行為なのでしょうが、彼女が担当、その時間いるであろう場所へ
    途中転びながらも走って向かいました。
    丁度彼女が座り込んでいる天井部分がつり天井となっており
    支えているワイヤーもすでに残り1本になっていました。

    このページのトップヘ