ガールズにちゃんまとめ

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    DQN

    KAZUHIRO171013085_TP_V4
    481: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 16:57:05.32 ID:rlncL5yx.net
    リアルで厨二病乙だった痛すぎるガキの話。 
    当時は武勇伝だと思っちまったんだ。 

    当時の俺はリアル中二で、漫画だかラノベだかの影響で、かっこいいデザインのペーパーナイフとかハサミを集めてた。 
    しかも、それを学校にまで持って来て、こっそりと眺めて2828する痛いガキだった。 
    まぁ、流石にガチなナイフは高いし怖いしで手出しはしてなかった。
    で、こんなクソガキにありがちだが、学校ではヲタ仲間はいるが基本はぼっち。
    いじめにあってた訳じゃないが、クラス内のDQNから時々からかわれるターゲットになってたな。

    そんなある日の昼休み、DQN同士が何かふざけて自分達の靴でキャッチボールをしてた。
    外でやる分には構わないんだろうが、教室内で、しかも周りには弁当を食べてるクラスメイトが多数。
    迷惑極まりなかったが、当時の俺は「こういう奴らを華麗にスルーする俺カッケェ」とかジサツもんの思考で悦に入ってた。

    そんな時、DQNの投げた靴が俺の弁当(カーチャンの手作り)を直撃。
    8割ほど残ってた俺の弁当は机から床に投げ出され、見るも無残な状態に。
    DQNはヘラヘラ笑って「おい、ぼさっとしないでさっさと靴拾えよ」とか言ってくる。
    さっきまでの「こういう奴らを華麗にスルーする俺カッケェ」思考は消し飛んだ。

    俺は黙って靴を拾い上げ、カバンからハサミとペーパーナイフを取り出した。
    で、ニヤニヤした顔から怪訝な顔になったDQNの目の前で、安物のスニーカーの解体ショーをスタートさせた。
    クラス中がドン引きしてるのが分かったが、あの時はすごく良い気分だった。
    日ごろのストレスがスーッと消えていく。

    で、細切れになった元スニーカーをゴミ箱に捨てて「ゴミはちゃんと細かくしてゴミ箱に捨てろ」とDQNに言った。
    未だに両手にハサミとペーパーナイフを装備してる俺に対し、DQNも迂闊にケンカを売れなかったのか、「てめぇ、キメェよ!」とだけ言って教室を出て行った。

    後日談?
    親と教師に報告が行って、説教食らって、ぼっちが若干加速しただけで面白みはないかな。



    YUKI0211015_TP_V

    251: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/05/09 06:06 ID:Ga/JQdUO
    2歳になるうちの甥っ子
    言葉はまだちゃんと出てこないで、「ばっばー(バイバイ)」と「はい」と「ねー」で
    意思の疎通を図れる程度。
    それ以外は言葉もどきの発音で、喋っているフリをするかわいいヤツ。

    コンビニに行こうと思い、ついでにおかしをなんか買ってやろうとドライブがてらに
    連れて行ったら、店の前にこう、髪をブリーチし過ぎちゃって化学反応で脳の皺が
    伸びちゃったような、演劇部にスカウトしたくなるような発声で喋る割にカツゼツのよくない
    発音でしか喋れないDQな男女4人が地面に行き倒れたように座っていらっしゃったんですよ。
    当然事なかれ主義の自分は、道端に張り付いたガムのようなもののように
    見えなかったように店内に入ろうとした時、そのDQの中の1人が吸っていた
    タバコの吸殻を、火も消さずに指先で摘んだまま、道路に向かって投げ捨てたんですよ。
    それが道路まで届かなかったらしく、歩道に落ちてコロコロと転がるのを見た
    甥っ子は、自分の手を振り解いてダッシュしてタバコを拾ったんです。

    ELFA1949DSC01319_TP_V

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/02/11(土) 16:41:25.82 ID:Eg7xeeJR0
    俺「毎週火・木の16:00~20:00でお願いします」
    店長「カモヨン(?)ねー、でさ、君ここの店来た事ある?」
    俺「いえ、初めて来ました」
    店長「見ての通り他の店員さん声出しとっしょ?女の子多いけど頑張ってるよね、ほら?」
    俺「そうですね」
    店長「な?ウチは割と“味”より“声”で勝負しとっから、はっきり言って声出せなきゃ話にならんからの?」
    俺「あ、はい」
    店長「君さっきからボソボソ言っとっけど声は出せる?」
    俺「まぁ、やろうと思えば…」
    店長「やろうと思えばwwwwwwじゃあ出せんのね?wwwうん、まぁやる気ない奴は要らんワケよ。声とやる気あればいいよw」
    俺「ウフ…」
    店長「ここで全力で働きたい!って言うか、そういう誠意はぶっちゃけあんの?」
    俺「ア、ウ……」
    店長「ある?ない?」
    俺「あ…や…ああああります、がんばれます」
    店長「うん、じゃあ今度の月曜か火曜に採用不採用の電話するからよろしく」
    俺「はい」
    店長「じゃおつかれ」
    俺「ありがとうございました…」

    さすがに不採用だよなコレ?不採用であって欲しい

    valentineIMGL7092_TP_V4

    453: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/15(水) 00:10:39 ID:Bw5dL4IQ
    俺が高校生のときの話、人通りの多い町を歩いていると
    70くらいのおじいちゃんがDQN4,5人に絡まれてた。
    どうやら歩いてるところをおじいちゃんがDQNにぶつかって
    しまったらしく、DQNがそのことをしつこく攻め立てている模様。

    おじいちゃんは「ごめんよ、すまなかったねぇ」と謝っているのに
    DQNは「土下座せんかい!」と調子に乗っている。おじいちゃんは
    土下座して「これでいいかね?いやあすまなかった、すまなかった」
    と謝っている。やりすぎだと思った俺は止めに入ろうとすると後ろから
    50くらいのいかついやーさんみたいな人が割って入った。
    「会長!大丈夫ですか?しっかりしてください!」
    どうやらそのおじいちゃんはやーさんの頭だった模様。一気にDQN達の顔が
    こわばる。そのおっさんは「お前らなにさらしとんのじゃコラァ!!」と
    怒鳴りつける。DQNは半べそ。するとおじいちゃんはおっさんを止め、
    「いいって、いいって。まだ若いんだから」と笑顔。
    結局おじいちゃんとおっさんは行ってしまったがDQNはしばらく動けなかった
    みたい。能ある鷹は爪を隠すって言葉を改めて感じた。

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11(日) 22:24:59.62 ID:7Yi5KNrb0
    後悔はしてない 
    よかったら聞いてくれないか

    このページのトップヘ