ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    GJ

    021ELLY18412_TP_V

    349: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 02:29:14.43 ID:umurIsgJ.net
    私のスマホに大人のサイトの架空請求業者から料金が未払いだと電話がかかってきた。
    大人のサイトなんて見ないし、口調も893みたいだからすぐ詐欺だなってわかった。
    そこで、架空請求業者と意気投合してみようと思って
    「実は私も一ヶ月前まで娘の友達のフリして受け子やってて捕まっちゃってさ~、
    私は書類送検だけで済んだんだけどおたくも気をつけたほうがいいよ~」
    と言ったら、明らかに焦った声で「…マジっすか!?それヤバイじゃないっすか」と言われたw

    NKJ52_yoccyatta_TP_V4

    731: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/20(月) 00:18:32.67 ID:FaRbGx/J
    夫が生まれてくる子どもに朝藍(アスラン)と名付けたいと言い出した
    夜明けの空のようにどうのこうのと由来を並べてたけど私は猛反対
    でもどう言っても諦めてくれず途方にくれて夫の妹に愚痴った
    そしたら正月に夫実家に帰った時
    妹ちゃんが夫をアスランと呼び始めた
    それも初詣とか初売りとか人の多い場所で遠くから
    「アスラーン!こっちこっちー!」
    「アスラン何やってんのアースーラーン!!」
    って大声で叫ぶ叫ぶ

    PP_hotcake_TP_V

    511: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/09(火) 23:34:53.13 ID:Ju5O03sv
    職場でスカッとした話。長文&乱文で申し訳ない。

    俺高卒で今の会社に就職して半年。
    自分で言うのも何だがそこそこ大きな会社で従業員数も多く、係長になるのは平均して35くらい、キャリア組は別として、生え抜きで30くらいで係長になる人はかなり優秀らしい。
    ちなみに同期が50人近く、そのうちの一人、以下Aとするが、同じ部署にいる。
    Aは大卒で4つ上、キャリア志望だったみたいだがそっちには引っかからず、通常採用された人。
    世渡り上手な人ではあってそこそこ部署内での人気も高い。
    俺はというと要領悪いしいっぱいいっぱいで、まぁAに比べれば全然。
    よって、何かある毎にAにだめ出しされ(断っておくがダメだしされる内容自体は俺に非がある)、最後にはこれだから高卒はダメなんだ、今の時代、大学でてないと戦力にはなれない、が口癖。

    俺とAの共通の上司でN係長(30歳)って人がいる。
    29歳で係長に昇進した人で上からの信頼も厚く、それこそ40とか50とかの人たちからも意見求められたり相談受けてるバリバリの人。
    だからといって、俺様とかそんなのはなくてすごい気さくな人で尊敬している。
    なんだけど、AはもうN係長信者かってくらい持ち上げる。
    29で係長になる人の下で働けるなんて光栄、持ってるもの全て吸収します!みたいな感じでN係長自身もAに好感抱いてる感じだった。俺は日々お説教。。。(諭されてる、って意味)
    まぁそんな感じ。

    で、先日の飲み会。N係長は子供さんがずっと入院しており、一緒に飲むのは今回が初めてだった。
    当然未成年で俺は飲めないわけだが、酒の入ったAがいつものだめ出しをしてきた。
    別に喧嘩腰ってわけでもないので回りも静観。当然N係長も。
    で、お決まりの高卒に関してグチグチいってきたとき、気さくなN係長が切れた。


    AMI88_zakkatukurumorigilr_TP_V4

    ID:wtvsjhUI
    やたらと「原材料書いてるから同じの作れるだろ」と言う彼氏だった。
    チョコレートやヤクルトなんかを「材料分かってるんだから同じのつくれ、女なんだからできるだろ」って。
    「バー○ントカレーのルー作って持って来い」「カン○リマァムの原材料調べて作れ」「マ○クのポテト作れ!材料は芋だ!」とか。
    原材料が分かる既製品?を作らせようとする。
    女は料理が出来て当たり前、材料が分かったら同じ物が作れると言い切る。

    TSU85_koucyanotpod_TP_V

    688: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)19:36:03 ID:abY
    トメさんが編み物をしてるのを興味津々で見てたら
    「嫁子さんもやってみる?」と誘ってくれた。
    しかし不器用さに定評のある嫁子。でもなーと難色を示したら
    「これなら出来るんじゃないかしら?」とかぎ針を引っ張り出してきてくれた。

    「なにこれ面白い!」
    意外と簡単でテンションの上がった嫁子。トメさんの説明もそこそこにサクサク編み続ける。
    出来上がったのはドアノブカバーのように丸まったコースターもどきでした。

    嫁子がしょぼーんとしているとウトさんがそれ頂戴と仰る。
    (こんなのどうするんだろう)と思いながらもお渡しした結果…。


    夕飯後の焼酎お湯割りの際コースターになっておりました。
    ありがとうトメさん。ありがとうウトさん。
    明日はきっと平らに作ります。
    9a19819a


    このページのトップヘ