ガールズにちゃんまとめ~生活・鬼女~

生活・鬼女カテゴリをまとめた にちゃんまとめサイトです。

    GJ

    384

    924: 名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水)15:58:24 ID:Emr
    会社の先輩(部署まったく違う)がすごく横柄で嫌われている。
    あるとき先輩の仕事を手伝えと命じられたけど、畑違いの自分にはとてもじゃないから無理だと言ったら
    「へーそう、いいんだ。俺、○○組の組長と懇意なんだけどねー(チラッチラッ」とされた。
    後から知ったんだが、後輩に言うことを聞かせるときの先輩の常套句だったらしい。

    腹が立ったんでその場で○○組の組長に電話して、「この人知ってますか?」と聞いたら
    「知らんが、念のため確認しするからそいつとかわってくれ」と言われたので
    素直に携帯を先輩に渡したら、ちょっと話しただけで一気に顔色変わってワロタ。

    俺が住んでるのは人口3桁未満のド田舎の集落なんだが、借家のオーナーが組長の妹。
    その上、俺の所属してる消防団の団長が組長の息子。
    しかも借家の向かいが組長の自宅。
    その縁で、と組長にもなにくれとなく可愛がってもらってる。
    「一人もんはろくなもん食ってないだろうからうちに飯に来い」と、休日は夕食をご馳走になったり。

    ちなみに俺がその集落に住んでるのは、社内では割と有名だし、先輩もよくいじってくるから知ってるはず。
    (田舎好きなあまり山奥に引越して、通勤に30分かけてバイクで山越えしてるので)
    俺の住所と○○組の所在地を結び付けたら、もしかして近所付き合いあるんじゃね?って気づけたかも知れないのに。

    その後、組長が先輩に「知り合いかもしれないから一度会いに行くわ。住所教えろ」と言いだしたらしく、
    「本当にすみません、勘違いでした」と携帯片手に泣き始め、俺にヘルプを求めてきたので助け舟を出してやった。
    それ以降、先輩が俺に無理を言うことはなくなったけど、俺の顔を見るたびにびくっとするので
    周囲には俺が先輩に何かしたと思われた。
    仕方ないので説明してやったら、他の連中も先輩に無理を言われると「○○組長とお知り合いなんでしたっけ?ww」
    と返すようになり、今では先輩もすっかり大人しくなりましたとさ。

    ちなみに○○組がやくざもんだったのは昭和初期の話。
    戦前に解散して、今はただの土建屋なんだけど、組長のお祖父さんの逸話が今でもこの近辺で語り継がれているせいで
    未だに○○組=やくざだと思われている。
    組長は「かたぎで長いこと頑張っていけば、それがそのうち過去の禊にもなるだろうよ」と気にしてないみたいだが。

    ELLY_yumeututu_TP_V

    845: 名無し 2014/08/10(日)17:34:51 ID:dZFsXzLWR
    子供に手がかからなくなり私は正社員である会社に就職した。
    会社の先輩に中学時代のいじめっ子で契約社員のA子がいて私に嫌がらせを始めると周囲は我関せず。
    朝礼や会議があるのに知らされない、他の人も連絡を回してくれない。
    同期は新卒ばかりなのでけ周囲の雰囲気と先輩には変わりのないA子に逆らえず・・・。
    周囲と同期は私が居なければ上司に何を聞かれても「私さん?いいえ、知りません。」と返事をした。
    サボっていると判断された私は朝礼で何度も上司から注意を受けた。

    半年もすると色んな部署から辞めていく人が出てきて自然と周囲は私に冷たくすることが無くなった。
    それでは困るA子は私の書類をシュレッダーへ掛けるようになった。
    私は雑用へ回り周囲に「事務用品が余っているから」と、さりげなく私が使っている色違いで同じ型のクリアファイルを配布した。
    数日後、たな卸しが終わったように見せかけ休憩中に周囲と他の部署へ再び余っている事務用品を配布。
    それから上司のファイルと同じ色をした私のクリアファイルをすり替えた。

    先週の木曜日、会社へ行くとA子と上司が会議室で土下座している!と話題になった。
    先週の金曜日、A子は急病で休みのはずだったけど人事部に上司と共に召還された。呼び出されたA子は「今日は休みだから」と森ガールで登場。
    明日、私は会社へ出社するのが楽しみでならないwww。

    _DSC0092_TP_V

    640: 名無しさん@HOME 2011/05/17(火) 10:50:43.89 O
    ウナトン切りで今やってきたDQ返し。

    馬子馬子煩い近距離別居のトメ。
    旦那が今日休みだからか、朝からお説教にきた。
    「嫁子さん、そこにお座りなさい」から始まり、
    「こんなこと言いたくないんだけどね」を枕詞に言いたい放題。

    子供産めない女は昔なら実家に返されてただの
    ちゃんとお仕えwしてないから子供ができないだの。
    旦那にも、あなたが嫁を甘やかすからいけないのよ、とか
    私に似てw優しいから仕方ないけど、あなたは長男なんだから
    子供が産めないなら離縁するくらいに構えないとダメよ、などと叱ってw、
    さも嫁イビリだけをしてるんじゃない風を演出。

    最近あまりにもうざかったので、旦那と共謀していたDQ返しを実行。
    緑の紙を出して、
    「そうですね、子供が出来る見込みは今後もありませんし、
    離婚した方がいいでしょう」と言った。
    旦那が「えっ?」って顔したけど、ちらっと睨みつけたら、
    「そうだな、俺が子供欲しいからって結婚してもらったんだし」と
    打ち合わせ通り応じてくれた。

    続きます

    323

    232: 名無しさん@HOME 投稿日:02/07/30 00:17
    よくスーパーで見かけたDQN母子。
    母はデブでプリン頭。
    ガキ2匹のうちオスガキ(推定4歳)はマダラ金髪で襟足伸ばして、
    メスガキ(推定3歳)は母と同じプリン。
    店内を奇声あげて走り回り、低い位置に陳列された品物を
    指でつついてねぶり回し。でもデブ母は注意ひとつせず。
    妊婦時代の私はデブ母にカゴを腹にガン!とぶつけられたこともあるが、
    「あ」と言っただけで謝りもしなかった。
    その後、打った腹が原因で早産しかけたりしつつも何とか子供が生まれ、
    保育園に入れたら、なんとそのガキと一緒。


    保母さんとさっそく親しくなり色々事情を聞き出したら、
    デブ母一家は、夫婦で超低所得だからと保育料を免除されてるくせに、
    DQNファミリーカー(改造済)に乗り、
    しょっちゅう携帯を買い換え、朝ガキを預けたらパチ○コ屋に入り浸りだという。
    さっそく役所に「どう考えても低所得とは思えない一家がいる」と匿名でちくってやった。

    ELLY15010339_TP_V

    544: 名無しさん@おーぷん 2016/03/07(月)13:03:35 ID:eFT
    友人未満な知り合いからの紹介で、ある小さなレストランでアルバイトをする事になった。
    そのお店はビジネス街の中に有り、全く新規でオープンした洋食屋さんだった。
    面接の時には店長も奥さんもにこやかで「ウエイトレスだけしてくれたらいいからね。掃除は業者を入れるから。うちのまかないは美味しいから期待して」とのことで、感じがいいなと思っていた。

    入ってから分かった事だが、そのお店は従業員全員親類縁者のみで、親類でないのは私だけだった。
    それでも最初は問題なく働いていた。

    ところが、その店の人達は気分のムラが激しかった。
    調理を行う店長は調理の善し悪しにもムラが有って、ある時など炊飯に大失敗してお客様にとんでもないご飯を出す事になってしまった。
    その失敗した料理を運ぶのは私だから、謝るのも私だ。
    私がテーブルを回って丁寧に謝罪していると、奥で店長が待ち構えており
    「お前の態度はなんだ!ペコペコしやがって。俺へのあてつけか!!」と怒鳴られた。

    また、ある時も1人でお見えのお客様が食事を殆ど食べずにお金を普通に払って去ってしまった。
    何故だろうかと残した物を見てみると、ハンバーグの中身が真っ赤な生焼けで、食べられるようなものではなかった。
    その時にも「女のクセになんで客の様子に気付かないんだ!おかしいなと思ったら、黙ってカレーでも出せばいいんだ!」と怒鳴られた。

    私への対応はどんどんぞんざいになっていき、
    最初は「ウエイトレス業務だけ」と言われていたのに、トイレ掃除も命じられた。
    客が入らない時は「店の前で客を呼んで来い」と言われたり、「物欲しそうに呼び込みなんてすんな」と言われたり、日によって全く違う事を言われたりした。
    他にもウエイトレス担当のおばさんは居たが、私に仕事を任せてダラダラしていた。
    まかないなんて立派なものは出ず、食べて良いと言われるのは生野菜(サラダ)と白ご飯のみだった。まじで。

    私は、ある時期まで黙って働いた。
    そう。クリスマスまで。
    クリスマス時期のレストランはどこも予約で一杯だ。びっしり埋まった予約表を見て店長はニヤニヤしていたが、私はそんな店長を横目にほくそ笑んだ。
    私はクリスマスイブの前日まで通常通り働いて、クリスマスイブから仕事をブッチした。
    店から電話が掛かってきたが無視した。
    すごい数の予約が入っていたから絶対に回らなかったと思う。
    お店のみんながお客様に文句を言われている所や、店長がキレてる所を想像するだけでスッキリした。

    お店は間もなく姿を消した。
    散るべくして散ったお店だと思うから、罪悪感は皆無。

    このページのトップヘ